オーストラリア

2011年12月22日

世界中で愛飲されているオーストラリアワイン 【イエローテイル】

サッポロビールさんのご紹介で、
世界中で愛飲されているオーストラリアワイン「イエローテイル」をいただきました。

イエローテイル

イエローテイル」は、アメリカ、カナダ、イタリア、ドイツ、マルタ、ノルウェーでも、
最も飲まれているオーストラリアワインらしいです。


「イエローテイル」といわれてピンとこなくても、
目印である、かわいいアートなワラビーのラベルって、どこかで見たことがあるんじゃないかな。

ワラビーのラベル

イエローテイル」は全8種と種類も豊富。
飲み方のルールは一切なく、いろんな食事に合うので、
自由に、気軽に楽しめるのが大きな特徴のワインです。

ホームパーティーや普段の夕食などいろんなシーンで活躍します!

早速いただいてみたのが、赤ワイン カベルネ・ソーヴィニョンです。
ペッパーステーキ、ジンギスカン、すき焼き、赤身のお刺身、ガーリックをたっぷり使ったパスタ、中華料理などと相性がいいようなので、続きを読む

2010年03月07日

オーストラリア お買いもの旅行記 【アンチエイジングなワインチョコ】

オーストラリアのスーパーで見つけたアンチエイジングなワインチョコレート。

ワインチョコレート


ブラックチョコレートをベースに、
オーストラリア産極上赤ワインとして知られる3品種=シラーズ、メルロー、ピノ・ノアールを独自の製法で練り込み、
ぶどうの種(グレープ・シード)や皮のエキスも一緒に閉じ込めたチョコレートです。

赤ワインやぶどうに含まれるポリフェノールと
チョコレートに含まれるカカオポリフェノールがダブルでとれちゃいます。
板チョコ1枚で赤ワインを1杯飲んだのと同じぐらいの効果があるのだとか。
グレープ・シードは、コレステロール0%のヘルシーな油が
とれることで注目されている健康食品。
これもアンチエイジング効果バッチリです。

「より健康にいいチョコレートを作りたい!」という一心から、
オーガニック・チョコレートやノー・シュガー・チョコレートなどを手がけてきたビクトリア州の製菓会社 ファーム バイ ネイチャーが作っています。

チョコレートの中には、ワイン漬けにされた小さなベリー類(カシスかな)が、
プツプツと入って、ワインの風味もしっかり残っています。
お酒の入ったチョコレートって、どこか懐かしいような味です。

温かいココアにひとかけ溶かし入れて、
ほんのり立ち上るワイン風味を楽しむのが近頃のお気に入りです。^ω^

ブログランキングに参加しています。
1クリック押してくださると励みになります♪

【関連カテゴリー】
■ チョコレート・ココア
■ オーストラリア

>>美人手帳 topページへ


2010年01月18日

オーストラリアのスーパーで手軽にプチ異国グルメ体験 【マンゴー編】

日本の夏の果物といえば、スイカですが、オーストラリアの夏はマンゴらしい。
亜熱帯地域に属するケアンズと、その周辺では農作物が豊富で、特に、バナナやマンゴーなどのトロピカルフルーツが有名なのだそう。

車で移動していると、高い木に、マンゴーが鈴なりになっています。
でも、まだ未熟なうちから鳥がついばんでしまうから、その辺にいっぱいマンゴーが生っていても、盗み食いは難しいみたい。

スーパーに行くと、オーストラリアのマンゴーって、大きくて、安く売ってる。

オーストラリアのマンゴ



ちょっと冒険心を出して 買ってみました。 ホテルに持ち帰り、早速、味見すると...

超甘くて、とろけるような果肉。風味も最高で大当たり。トロピカルって感じです。
日本でも、宮崎のマンゴーとか、売られるけど、贅沢品ですよね。ペリカンマンゴーは、薄いし。

日本でも、オーストラリアのマンゴーは、果物専門店とか高級スーパーマーケットなどで、売られていますが・・・。例えば、青山の紀ノ国屋インターナショナルでは、1個1260円で売られているのを見たことがあります。買って買えない値段ではないけど、買わないでしょう。
オーストラリアだからこそ出来る、手にとどく贅沢だと思う。

いくらおいしくて安いマンゴに出会っても、検疫の関係上、日本に持ち込めないので、胃に納めて、現地でその味を楽しんでくださいね。こっそり、隠し持って見つかると、ものすごい罰金をとられるので、割に合いませんから。

夏の時期にオーストラリアに行く方は、ぜひっ!

パナマ パッションフルーツ


他にも、”パナマ パッションフルーツ”っていうのがあって、日本で見かけるパッションフルーツより大きめ。直径7cmぐらいあったかなぁ。これも、安くて、風味が最高でした。ホテルで食べたい方は、小さなナイフとか持っていくと便利かもしれない。

続きを読む

2010年01月14日

オーストラリア お買いもの旅行記 【はちみつ編】

オーストラリアはハチミツ大国
自宅の庭で養蜂している人も多く、市場に出回ってるのは、ほぼ100%自国産のハチミツです。

スーパーに行くと、ユーカリのはちみつがめっちゃ多かった。
Yellow Box と Blue Gum はスーパーが出しているプライベートブランドにもあるくらい定番です。100%天然ものの純正ハチミツなのに、値段は$5(=440円 / 1$ 88円として計算)前後。
普段、デパ地下で買っているから、安さにびっくりです。

一番多くとれる定番のはちみつは、Yellow box。
Blue Gumは、濃厚な香りです。

Yellow boxとか、Blue Gumというのは、ユーカリの一種のこと。
ユーカリ(=オーストラリアの方は、Gum Treeと言うらしい。)は、300種近くもあって、ほんの数種類だけが代表的なはちみつとしてスーパーに並んでいるそう。

スーパーでも、気楽に買えるけど、

せっかくなので、Honeyland ハニーランドというオーストラリアのプロポリス、ローヤルゼリー、はちみつなどを取り扱う専門店で選びました。

ハニーランドの名の通り、はちみつの品揃えは30種以上。全てテイスティングが無料でできるから、納得のいくものが選べます。
また、日本人のスタッフがいるので、日本語が通じて安心感がある。家族でたくさん買ったら、割引していくれました。^ω^
大橋巨泉さんがオーナーをしているOKギフトショップの向かいにあります。

日本でも、デパ地下やはちみつ専門店でユーカリのはちみつって売っているけど、オーストラリアのユーカリのはちみつは、はじめて。ハニーランドで売っていたオーストラリア産ユーカリはちみつは、黒蜜っぽくて、色も味もかなり濃厚。独特のコクがあります。はちみつ好きにとっては、もう、やみつきです。

無題yu-karinohatimitu

黒蜜っぽい味をいかして・・・

続きを読む

2010年01月12日

ジュリーク ハイドレイティングエッセンスCR

佐伯チズさんの冬の乾燥肌脱出ケアを見てから、せっせと温ケアをしています。

温ケアは、蒸しタオルパックのことですが、この季節のお手入れとしては最高です〜♪
近頃はまっているのは、ジュリーク ハイドレイティングエッセンス CR(カモマイル・ローズ)との併用。

ジュリーク ハイドレイティングCR

ジュリーク ハイドレイティングエッセンスを使うと、アロマ効果とくすみ抜けの効果が加わって、お手入れがさらに楽しくなります。

蒸しタオルをそっと、顔にのせ温めると、ふわ〜っといい香り。もうほんと気持ちよくて、幸せ。温ケアも、好きな香りがあるとないとでは、気分的にだいぶ違ってきます。

顔だけでなく、耳、デコルテ、首の後ろも温めると、さらに、リラックス効果が高まって至福。私は、コリがほぐれるようで、気持ちよくて、やっていますが、スキンケア効果もアップするようです。

ハイドレイティングエッセンスを3〜5滴加えた温水にタオルを浸し、絞って、顔にのせを何回が繰り返します。温水が冷めてきて、もっと、あったかいのがよければ、電子レンジにかけたりもします。

夜、疲れているときは、蒸しタオルパック中にタオルの上からゆっくりつぼを刺激してます。血行がよくなって顔色もよくなりますよ。^ω^

タオルはすぐ冷めますが、この気持ちよさはクセになるんです。
何回か温めては、のせをくりかえすと、じょじょに温まってほぐれてきます。はじめは、面倒で続かないかなと思っていたけど、やってみると、この気持ちよさにすっかりはまってしまいました。疲れていると、なお、癒し効果を実感できる。

できれば、浄水器を通したキレイな水でやるのがお勧めです。
香りも肌のくすみ抜け効果も、さらに、クリアになる感じがするから。

私が使っているのは、ハイドレイティングエッセンスCRという、ローズとカモミールの香りのものですが、ただの水道水より、いいお水を使うと、より、ローズの香りも感じて、女度 あがります。とても柔らかい優しい香りです。

ジュリーク ハイドレイティングエッセンス CR(カモマイル・ローズ) 

続きを読む

2010年01月11日

オーストラリア ゴールドコースト Q1スパ体験

Q1のはなれにあるQ1スパで、エステを受けてきました。

ご当地コスメ 先住民アボリジニの薬草の概念をとりいれたトリートメント製品レディア Li'Tyaを使って、オーストラリアならではボディケアをしてくれるご当地スパです。

運営は、オーストラリアのトップスパ会社エクスクルーシブ・スパ・オブ・オーストラリア
英国版『コンデナスト・トラベラー』でオーストラリアのNo.1スパに、
また英国の『ハーパース&クイーン』でも世界のトップ100スパに選ばれるなど、
海外での評価も高いスパです。

ボディーエステの予約をし、施術時間の15分前に到着。
まずはロッカールームに案内され、すべて脱いで、ガウンとサンダルにお着替え。
ウェイティングルームでのんびり待っていると、セラピストの方が登場。
日本人のセラピストさんもいるので、日本語で、話せますよ。この日は、MIKIさんがいらっしゃいました。

今日私が受けたコースは、最も人気のあるフルボディートリートメント MALA MAYI BODY TREATMENT  90分。
ソルト(塩)のスクラブ後、マッド(泥)の全身パックとヘッドマッサージ。その後、オイルマッサージをします。

トリートメントルームに案内され、まず、足浴。その間、施術の説明を聞きます。
施術に使う好みのオイルやマスクなどを選びます。
私は、年末 食べ過ぎているので、迷わずデトックス系のものを選びました。
他にも、女性の心と体のバランスをとるハーモニーとか、
自分の中に潜んでいる力を呼び起こし、エネルギーを高めるリバイタライジングとかありましたよ。

Li'Tyaを使ったトリートメントの特徴的なのは、トリートメントの最初に『Smuding(スマッジング)』というアボリジニの儀式があること。
何でも自然の薬草たちにはエネルギーがあり、それを燃やすことで邪念を取り除き精神をと整え、場の浄化をする作用があるのだそうです。

ベットに横たわり目元を覆われたら、儀式が始まった様子。
懐かしいような香りが、体や魂の奥深いところまでおりてゆくような気がします。
室内は、ディジュリドゥ(アボリジニの楽器)が流れています。 (なんだか、お経のように聞こえたのは、私だけかな(;^ω^))続きを読む

2010年01月10日

世界で3番目の眺め

毎年、年末年始は、母、妹、私の女3人で、暖かいところを目指して旅行しています。
オーストラリア・ゴールドコーストでゆったり旅を満喫してきました。

Qデッキからの展望
この写真は、ゴールドコーストを一望できる展望台 Qデッキからのながめ。
サーファーズパラダイス中心部南部にそびえるQ1 リゾート&スパの77〜78階にあります。

Q1とは 「Queenslandで1番高い」、ゴールドコーストのランドマーク的存在のコンドミニアム。遠くからでもQ1だけは、にょっきりと頭を出しているので、どこからでも見失う事がありません。下から見上げると首が痛いよ・・・。(;^ω^)

世界有数の高さ(高さ 230m)なのですが、私が上った時は、すでに、世界で2番目に高い眺めって、ガイドさんが言っていました。(それでも、南半球一の高さを誇るそうです。)

この建物は、コンドミニアムになっていて、展望台のさらに上の階には、日本人が住んでいるそうです。セレブ☆

世界で1番の高さを誇っていたのは、台湾の台北101と聞いていましたが、
今年、1/4に、ドバイにブルジュ・ハリファ(高さ 828m 展望室は、127階)が完成したので、
世界で3番目の眺めになるのかな。たぶん。

年末年始の頃のオーストラリアは、真夏。1年の約300日が晴天に恵まれた南半球の楽園ですが、亜熱帯性気候のゴールドコーストは、夏の今はちょうど雨季でもある。この日も朝から雨が降ったりやんだりで、見晴らしが今一つというところが残念。晴れてたら、もっと、絶景なんだろうな。

続きを読む

スポンサードリンク