マツケンレシピ

2007年05月01日

要潤流 カルボナーラ&海鮮サラダ

ゴゴサタを見ていたら、松平健さんが、舞台のためお休み

ということで、ゲストの要潤さんが、カナジュンレシピを披露していました。
イタリアンレストランの厨房で働いていたことがある経験をいかして、カルボナーラと海鮮サラダを作っていましたよ。早速チーズくんを育てるために、レシピを投稿です。(「ピザ」「チーズ」「ピザハット」の言葉をブログで書くとチーズくんの成長がスピードアップするんです。)

カルボナーラは、ダマにならない、簡単テクにご注目

【材料】
要潤流 カルボナーラカナメ流 カルボナーラ (1人分)

卵黄…1個、生クリーム…150g、牛乳…50g
パルメザンチーズ…30g、黒こしょう…少々、
塩…小さじ1/2、バター…10g
オリーブオイル…少々、ブロックベーコン…30g
白ワイン…30g、フェットチーネ…80g、イタリアンパセリ…適量

要潤流 海鮮サラダカナメ流 海鮮サラダ(4人前)

帆立(刺身用)…2個、いか(刺身用)…1/3杯、
たこ…1/2足、にんにく…少々、
オリーブオイル…少々、塩…少々
こしょう…少々、ワインビネガー…30g、
エクストラバージンオイル…少々、クレソン…1/2束、
春キャベツ…大きいもの1/2枚
レタス…大きいもの1/2枚、トレヴィス…大きいもの1/2枚
続きを読む

2007年04月14日

マツケン流 ハンバーグ

ゴゴサタで、松平健さんが、美味しくて、カラダに優しいヘルシーハンバーグを作っていました。

 肉の量を減らす代わりに、豆腐・春雨を入れています。ハンバーグに豆腐を入れるのはよくあるけど、さらに、春雨入りです。春雨は、よく、しゅうまいに入っていたりしますが、ハンバーグに入れるのは斬新じゃないですか。^^野菜とはまた違った、プチプチした食感を楽しめるし、春雨が旨みをすってくれますね。また、春雨は、カロリーが低く、解熱・利尿効果が期待できるそうです。
また、歯ごたえのあるごぼう・ふっくら仕上げる山芋粉を入れるなど、食感に変化がでるように、工夫されています。

 ソースは、たっぷりのおろし玉ねぎの入ったポン酢ソースです。血液サラサラになりそう・・・
付け合せの野菜は、たっぷりの春の蒸し野菜です。

 健康が気になる大人も嬉しいハンバーグです。

マツケン流 ハンバーグ【材料】(4人前)

 ●ハンバーグのたね
ごま油 適量、しいたけ 40g、ごぼう 40g、玉ねぎ 80g、塩・こしょう 適量、春雨 100g、醤油 大さじ2、豚ひき肉 300g、豆腐 1/2丁、卵白 30g、ウスターソース 大さじ2、山芋の粉 60g、酒 適量、

オニオンソース
玉ねぎ 90g、ポン酢 90cc、みりん 小さじ2

蒸し野菜
ブロッコリー 1/2束、キャベツ 1/2玉にんじん 1/3本、さやえんどう 8本、じゃがいも 1/2個

続きを読む

2007年02月25日

マツケン流 沖縄鍋

マツケン流アグー豚という、柔らかく臭みも少ない希少な沖縄の黒豚と、柔らかく甘い春キャベツを使った鍋。ランチョンミートを、入れたり、鍋の副菜にクーブイリチーを作ったり、シメに沖縄そばを使ったり・・・。沖縄の食材を使った簡単鍋でした。

一緒に飲んでいたのは泡盛・残波

最後まで、沖縄づくしでした。

【材料】(4人前)

●マツケン流 沖縄鍋
アグー豚・豚バラ肉 200g、塩 適量、黒こしょう 適量、キャベツ 2/3玉、ランチョンミート 1/2缶、島唐辛子 10個、マイクロトマト 1房、泡盛 200cc水 600cc、チキンブイヨンの粉末 ひとつまみ 、沖縄そば 200g、ごま油 大さじ2、塩 適量、黒こしょう 少々、万能ねぎ 少々、紅しょうが 適量

●マツケン流 クーブイリチー
アグー豚・豚バラ肉 100g、昆布だし 100g、昆布 100g、サラダ油 大さじ1、泡盛 大さじ3、醤油 大さじ2、砂糖 小さじ1、粉末だし 大さじ3、黒酢 適量

続きを読む

2006年12月17日

マツケン流  ビタミンCたっぷり美肌ドリア

マツケン流 【かぶ】 ビタミンC豊富!整腸作用にも効果
【小松菜】 ビタミンA・Cに加えカルシウム豊富

【材料】4人分

米…2カップ、皮むきピスタチオ…20g、押し麦…50g、ハト麦…20g、

玉ねぎ…30g、バター…10g、エビ…60g 、イカ…60g 、アサリ…60g、
小松菜…50g 、かぶ…50g 、かぶの葉…30g、

ブランデー…適量、 白ワイン…30cc 、塩…少々 、こしょう…少々 、パルメザンチーズ…適量 、牛乳…350ml、片栗粉…大さじ1、ミニトマト…4個、生クリーム…50ml、卵黄…1個、

ミックスチーズ…100g

【作り方】

1 ご飯作り
  米、押し麦、はと麦、ピスタチオをチキンブイヨンで炊く。(約15分)

松平健さんが、使っていた鍋が、極上のご飯を炊く優れもののようでした。土鍋ご飯も美味しいですが、これもまた、美味しそう。松平健さんも、火力を調節せず、強火のままでいいと、言っていました。実際、だるま型のユニークな形の鍋で、ふちが高く、ふきこぼれしにくい感じ。炊くのは、15分でOKなので、早炊きもできそう。

>>松平健さんがご飯を炊いていた鍋

【押し麦】大麦を加工したもので、食物繊維が豊富
【はと麦】栄養価が高く「穀物の王様」と呼ばれ新陳代謝を良くし、美容効果抜群ゲストの佐伯チズさんが、ハトムギは、シミにとてもいい食材と、言っていました。

 2 具材の下ごしらえ
  ‐松菜、かぶの葉を細かく切って塩もみして、水でさらす 。
  △ぶを乱切りにする 。
   ★かぶ、小松菜はビタミンが豊富で、コラーゲンの吸収を高める働きもある

3 ホワイトソース作り
  .侫薀ぅ僖鵑縫丱拭爾鯑れ、玉ねぎを炒める 。
  ▲┘咫▲ぅ、アサリを入れさらに炒める 。
    ★魚介類に含まれる亜鉛は、肌の老化防止に効果あり
  ブランデーを入れフランベし、さらに白ワインを入れる。
    ★ブランデーで甘みをプラスなければ、日本酒でもOK
  さ軻に片栗粉を混ぜ、フライパンに流し入れトロミをつける。さらに生クリームを加える 。
    ★牛乳で片栗粉を溶くことによって「だま」にならない
  イぶ、小松菜、かぶの葉を入れる。
  Φ軻と卵黄混ぜる。
    ★卵黄を入れることでキレイな焼き色に
    ★卵黄をそのままソースに入れてしまうと固まってしまうけど、一度、牛乳と混ぜてからいれると、卵黄がむらに固まってしまうことを防ぐことができる
  Д潺縫肇泪箸鯑れる 。
  ┗、こしょう、パルメザンチーズを加える。

4 仕上げる
  ヾ錣縫團好織船ご飯を盛り、その上にホワイトソースをかける。
  ▲潺奪スチーズ、ピスタチオを散らし、サラマンダーで焼く。 焼き色がついたら出来上がり。もしあれば、金箔やプラチナをあしらうv
    ★ピスタチオに含まれるビタミンB6は、肌荒れ予防に効果あり  
    豊富に含まれる鉄分は貧血防止に効果があり、1日に手の平1杯を目安に食べるといいとか。

 

ドリアって、歯ごたえがあまりないし、高カロリーのイメージあるけど、松平健さんが紹介していたレシピは、すごく豪華で美味しそうなのに、噛みごたえのあるヘルシーなドリアでした。

ご飯は、雑穀米で、ピラフ仕立てにはしないし、ピスタチオがいいアクセントになっているみたい。つやつやのご飯だけでもすでに美味しそうでした。
ソースも、ルーを作らず、片栗粉でトロミをつけて、カロリーオフにしたり、少し生クリームがはいるけど、控えめにし、その代わり、卵黄でコク出しや、見た目に美味しそうな色に仕上がるようにしています。

ゴゴサタHPに、週末のみ、レシピが公開されていますが、レシピに、水 100mlと書いてあるんですよね。これは、カブのところで使う水なのか、卵黄と混ぜる牛乳が、100mlぐらいだったので、その誤植か、不明なのですが、どなたか、分かる方いらっしゃいますか

【関連カテゴリー】
■ マツケンレシピ
■ 美肌

人気ブログランキングに参加しています。
とても役に立ちましたと、思ってくださった方は、クリックしていただけると、嬉しいです。
ありがとうございます

 >>美人手帳 topページへ


2006年12月11日

マツケンラーメン

マツケンラーメン

松平健さんの出身地・名古屋のきしめんをイメージし、中華麺を平打ちに、肉味噌には、愛知県の八丁味噌を使った、マツケンラーメン。

「バニラ気分」×行列の人気ラーメン店「麺屋武蔵」のコラボでできたオリジナルラーメンです。
HOT FANTASY ODAIBAでしか食べられないレシピを家庭用に紹介しています。

【材 料】 4人前
ごま油…適量、玉ねぎ…50g、にんにく…1かけ、しょうが…1かけ、唐辛子…1本、

豚ひき肉…200g、干し椎茸…3枚、長ねぎ…1/3本

酒…大さじ1、八丁味噌…30g、干し椎茸戻し汁…150cc、砂糖…大さじ1、
塩…小さじ1、醤油…小さじ1、オイスターソース…大さじ1/2、

酢…小さじ1

片栗粉…15cc、パルメザンチーズ…少々

スープ…適量、中華麺…4玉、こしょう…少々、煮玉子…2個、水菜…適量

【作り方】

1 肉味噌作り
  .侫薀ぅ僖鵑砲瓦淕を入れ、玉ねぎ、すりおろしにんにく、おろししょうが、唐辛子を入れ香りが出るまで炒める。

松平健さんが、何気に使っているテフロンのフライパンの形がちょっと、面白かったです。でも、この形が、誰でも、鍋振りが簡単にできる形なのだそうです。そんな工夫がされたものなら、てっきり、日本製なのかと思ったら、イタリア製でした。

>>松平健さんが使っていたイタリア製のユニークな形のフライパン

  干し椎茸、長ねぎ、豚ひき肉を加えさらに炒め、酒を加える。

  酒で溶いた八丁味噌に、干ししいたけの戻し汁、砂糖、塩、醤油、オイスターソースを加えた物を、炒めた肉味噌に加え水分を飛ばすまでじっくりと炒め、酢を加える。

  ●マツケンポイント
    酢をほんの少し加えることで、味を引き締める!!

  ぅ繊璽困畔匏粉を加えさらに炒める。

2 ラーメン作り
  たっぷりのお湯で、中華麺を茹でる。
  麺が茹で上がったら、しっかりと湯きりする。

4 盛り付け
  温めた丼にスープを入れ、茹で上がった麺に、水菜、肉味噌、煮玉子をのせたら出来上がり。


肉味噌は、ご飯・うどん・パスタにかけても美味しいそうです。また、豆腐を入れ、中華スープを足せば、麻婆豆腐になります。松平健さんが、白いご飯の上にのせて食べているのが、とても美味しそうでした。

【関連カテゴリー】
■ マツケンレシピ

人気ブログランキングに参加しています。
とても役に立ちましたと、思ってくださった方は、クリックしていただけると、嬉しいです。
ありがとうございます

 >>美人手帳 topページへ


2006年12月09日

マツケン流 茶碗蒸しご飯

大きな器で作った中華風茶碗蒸しをご飯の上にのせて食べます。
すがはいらない、滑らかで、ぷるぷるの茶碗蒸しを作る松平健さん流の極意に注目

マツケン流 茶碗蒸しご飯【材料】 4人前

卵 2個
中華スープ 300ml
塩 少々

豚ひき肉 150g
おろしにんにく 小さじ1
すりおろししょうが 小さじ1
醤油 小さじ1
酒 大さじ1
豆板醤 小さじ1
ごま油 大さじ2
くわい(粗みじん切り) 2個
万能ねぎ 適量
すりごま 15g
塩・コショウ 各適量

仕上げ用醤油・ごま油 各適量
万能ねぎ 適量

ご飯 600g

◆ 口直しの漬物
   ザーサイ 1個
   長ねぎ 10g
   ごま油 適量
   ラー油 適量

【作り方】

1 卵をよく溶き、中華スープを入れ、塩を入れる。滑らかにするために、卵液をこす。

  ● マツケンポイント
    塩を入れることで卵が固まりやすくなる。
    スープの割合を1.5倍にすることでプルプルの茶碗蒸しになります。

2 ,魎錣卜し、蒸し器に入れ蒸す。

3 肉団子を作る。
  豚ひき肉ににんにく、しょうが、醤油、酒、豆板醤、ごま油、くわい、万能ねぎ、すりごまを入れビニール袋の中でよく混ぜる。

  ● マツケンポイント
    くわいで食感アップ!
    独特の苦味成分は、免疫力アップに効果的。もし、なければ、レンコンでもOKです。
    ごまのセサミンは肝機能アップに効果!!
    ビニール袋を使うことで汚れ知らず!!

4 茶碗蒸し作り
  少し固まったら、1度木べらで、大きく軽くかきまぜる。

  ● マツケンポイント
     薄く膜が張ったところで1回かき混ぜると温度が均一になり、すだちを防ぐ!!

5 表面が固まったら、ビニールを少し切って、搾り出した一口大の肉団子を入れ再び蒸す。

6 漬け物作り
  白髪長ねぎとザーサイをごま油で和え、風味付けにラー油を加える。

7 仕上げ
  茶碗蒸しに醤油とごま油をたらし万能ねぎを散らす。

8 お茶碗にご飯を盛り、上に茶碗蒸しをのせて、食べる。

【関連カテゴリー】
■ マツケンレシピ

人気ブログランキングに参加しています。
とても役に立ちましたと、思ってくださった方は、クリックしていただけると、嬉しいです。
ありがとうございます

 >>美人手帳 topページへ


2006年12月01日

マツケンレシピ 【マツケン流 豆乳鍋】

11月25日のゴゴサタで、松平健さんが、マツケン流 豆乳鍋を紹介していました。

マツケン流 豆乳鍋のお薦めポイントは、

【豆乳】レシチンは記憶力・集中力アップに!!
大豆イソフラボンは美肌に効果あり

と、女性にとっては、、美肌鍋という点が非常に魅力です。
さらに、マツケンレシピは、おしゃれで、味もこっています。

【マスカルポーネ】イタリア産の甘味のあるクリームチーズ

を入れてコクをだしているのが、ユニーク。

以下、レシピです。

マツケン流 豆乳鍋

マツケン流 豆乳鍋【材 料】4人前

豆乳 600cc
かつおだし 600g
塩 小さじ1
酒 50cc
鍋用しょうが 10g
練りがらし 10g
マスカルポーネチーズ 30g

◆肉団子◆
豚ひき肉 200g
黄ニラ 30g
れんこん 15g
肉団子用しょうが 5g
卵 1/2個
ゆずこしょう 3g

白菜 1/8株
長ねぎ 1本
椎茸 8枚
えのき茸 1袋
舞茸 1パック
しめじ 1パック
三つ葉 1束
ホワイトアスパラガス 4本
ニラ 1束
くず切り 50g
豆腐 1丁

◆つけダレ◆
白ごま 大さじ5
麺つゆのもと 300cc
水 100cc
ラー油 小さじ1
練りごま 30g

◆マツケン流 豆乳味噌ラーメン◆
味噌 40g
万能ねぎ 適量
にんにく 5g
中華麺 2玉
白ごま 30g

【作り方 】

1 具材の下ごしらえ
  生ホワイトアスパラガスの皮をむき縦半分に切る。
  椎茸に飾り包丁を入れる。

2 つけダレ作り
  シェイカーにごまを入れシャカシャカ振り、すり胡麻を作る。

  >>松平健さんが使っていたバーテンダーのシェイカーのような調理器具

  麺つゆの素に、すりごま、水、練りごま、ラー油を加え合わせる 。

3 鍋作り
  ①まず、肉団子を作る。
  ビニール袋に、豚ひき肉、れんこん、黄ニラ、酒、塩、ゆずこしょう、黒こしょう、 しょうが、卵を加え、ビニールの上から揉むようにして、よく混ぜる。

  マツケンポイント:れんこんを入れることで、食感がアップ
             ビニール袋の先を切り、押し出せば、手も汚れない。

  ②かつおだしを一煮立ちさせ、塩を入れる。
 
   マツケンポイント:塩を入れることでたんぱく質を早く固め、肉団子の旨味を逃がさない。

  ③豚団子を鍋に入れ、火が通ったら一旦、鍋から取り出す。

  ④鍋に豆乳、しょうが、酒、練りがらしを加える。

  ⑤椎茸、生ホワイトアスパラガス、舞茸、えのき茸、しめじ、白菜、セリ、ニラ、長ねぎ、くず切り、豆腐、三つ葉を入れひと煮立ちさせる。


   マツケンポイント:キノコキトサンは摂取した脂肪の吸収を抑制
             血液中の中性脂肪やコレステロール上昇を抑える効果も

  ⑥マスカルポーネチーズを加え入れる 。

   マツケンポイント:マスカルポーネチーズでコクをプラス

  ⑦具材が煮立ったら、豆乳鍋の出来上がり。

4 豆乳味噌ラーメン
  鍋のしめは、残ったスープに味噌、にんにく、ごま、万能ねぎを入れ、ラーメンを加えていただきます。
  とんこつラーメンのようなコクがあるそうです。

【関連記事】
■ 豆腐・豆乳
■ マツケンレシピ

人気ブログランキングに参加しています。
とても役に立ちましたと、思ってくださった方は、クリックしていただけると、嬉しいです。
ありがとうございます

 >>美人手帳 topページへ


2006年07月31日

マツケンレシピ  【マツケン流 マンゴー豆腐】

このあいだ、ゴゴサタを観ていたら、松平健さんが、マツケン流 マンゴー豆腐というデザートを作っていました。

毎週、いつも、ユニークなオリジナルメニューですが、この、マツケン流マンゴー豆腐は、特別、変わっているんです。
使う材料が・・・

マンゴー+豆腐+黒砂糖+八角+黒胡椒+オリーブオイル+蜂蜜+わさび

なんですよぉ〜。
あまりに想像を絶する過激な組み合わせに、作っている途中で、オセロの白い方のお姉さんが、

「もしかして、コレ、初めての失敗・・・

なんて、正直に思ったことを口にしていて・・・、ちょっと、可笑しかった。

でも、試食タイムになると、皆さんそろって、大絶賛
コレは、ぜひ作ってみたくて、作ってしまいました。(笑)

マツケン流 マンゴー豆腐マツケン流 マンゴー豆腐

【材料】

マンゴー 4切れ
ざる豆腐 40g
黒砂糖、八角、黒胡椒、オリーブオイル、塩、蜂蜜、わさび  各適量

【作り方】

1 包丁でマンゴーの皮をむき、薄くスライスする。
  豆腐に黒砂糖をまぶす。
  マンゴーで(柏餅のあんをまくように)豆腐を巻く。

2 塩、わさび、八角、黒こしょう、オリーブオイル、はちみつ、ミントをのせる 。
 
【マツケンポイント】
塩を入れることで甘さを引き立たせる


食べてみると、本当に、美味しいんですよ。(笑)
簡単だから、材料は、いいものを使ったのも、良かったかもしれませんが、味覚が、保守的な夫に食べさせても、好評でした。

黒糖や蜂蜜も加えてはいるけど、確かに、マンゴーに塩を振ると、甘さが引き立ちますね。
マンゴーは、いいものを買ったし、オリーブオイルも、 美味しいオリーブオイル を使ったし・・・。
シンプルだけど、美味しいものばかりを組み合わせたので、良かったのかもしれません。おしゃれで、ヘルシーな大人のデザートです。

ここ数年、有名パティスリーなどで、スパイスの入ったフルーツジャムを、コンフィチュールなんていって、人気ですが、なんか、そんな雰囲気です。フルーツのジャムにアニスだったり、黒胡椒がアクセントに効いていたりして、ちょっと、複雑。フルーティーなものにエキゾチックなテイストが加わっているんですよね。


あと、残ったマンゴーで、別のデザートを作ってみました。
コレは、日経ヘルスで連載されている河合勝幸さんのレシピ本 河合勝幸のおいしくてきれいになる地中海スローフードレシピから選びました。

スライスマンゴーにパルメザンチーズの塊を紙のように薄く削ってのせ、蜂蜜をかけたデザートです。果物の甘みとチーズの塩味がお互いを引き立てあって複雑な味になっていました。

簡単で、美味しかったんですけどね。でも、マツケンレシピの衝撃にはかなわなかったというか・・・。
本当に、あんなの、誰が考えているんだろう・・・。すごいと思う。

【関連記事】
■ 
スウィーツ
■ 豆腐・豆乳

人気ブログランキングに参加しています。
とても役に立ちましたと、思ってくださった方は、クリックしていただけると、嬉しいです。
ありがとうございます

 

 >>美人手帳 topページへ


スポンサードリンク