アボカド

2012年06月06日

美容にもいい節電メニュー!? 【カゴメ「タコライスソース」】

そろそろ梅雨入りして、夏はすぐそこ!
去年は、計画停電もあって、かなり節電を意識しましたが、
今年も、引き続き、電気の使用をできるだけ抑え、節電を意識するムードですね。

去年やってみて節電暑さ対策でなかなか便利に活躍してくれたと思ったものは、保冷剤。
凍らせてもやわらかい保冷剤の枕を使ったり、
ケーキ屋さんでもらうような小さな保冷剤をタオルに包み首に巻くだけでも、
意外と、暑さのイライラがひいて、助かりました。

あと、日々の食事。
きゅうり、なす、ゴーヤ、トマトなど、夏が旬の野菜を摂ると、穏やかに、体熱を冷ましてくれるよう。

今年も、ひんやり涼しい寝具に切り替えて、暑くて寝苦しい夜に備えたり、
あまり火や電気を使わなくてできる夏の料理レシピをみつけて作ったりなどして、

できるだけ、日常の暑苦しさを避ける過ごし方したいと思っています。

私が夏によく作る料理は、タコライスとかゴーヤチャンプルーに代表される沖縄料理なんですけど、カゴメさんから手軽なタコライスソースが発売されているのを紹介しただきました。

カゴメ「タコライスソース」 1


カフェのワンプレーとメニューで食べて、気に入り、おうちでも作るようになりましたが、
スパイシーに味付けされたひき肉のソースがもうパウチにはいっています!
あとは、あたたかいご飯の上にタコライスソースをかけ、トマト、アボカド、レタス、卵(目玉焼き)、チーズなどトッピングすれば暑い思いをしてソースを作らなくても、あの味が手軽に楽しめちゃう。

カゴメ「タコライスソース」 2


1箱には、2袋(1食分×2)のタコライスソースが入っているから、1人ごはんに気楽に使えるのもうれしいです。続きを読む

2010年03月16日

永谷園 こしの極み

永谷園さんが、乾麺を出してるんですね。

2/15(月)に発売されたばかりのこしの極
「こしの極 そば」、「こしの極 そうめん」、「こしの極 ざるうどん」の3種類
を、いただいてみました。

永谷園 こしの極み

こしの極 そばは、大好きなアボカド納豆に薬味たっぷり、ワサビをきかせて、いただきました。

こしの極み そば

麺料理の好きなところは、ひとりご飯に、便利なところ。続きを読む

2008年12月05日

【数寄屋バーグ】 量・味つけ・トッピングをカスタマイズするハンバーグ

銀座でおひとりさまでも入りやすい小ぎれいなハンバーグ屋さん 数寄屋バーグ。

はじめは、不二家レストランで、ペコちゃんのゴージャスなティーカップでお茶しようと思って数寄屋橋に向かったのですが・・・。1階に店構えは新しいのに、レトロな雰囲気の数寄屋バーグが気になって、ふらふら、入ってみました。

まず、メニューを見ると、

ハンバーグのサイズをお選びください。
 150g(Sサイズ) 900円〜 300g(LLサイズ)までアリ!

トッピングをお選びください。
 半熟目玉焼き +100円〜・・・その他豊富

ハンバーグのソースをお選びください。
 デミグラスソース、ガーリックソース、和風ポン酢、照り焼きソース、わさび醤油ソースの5種

セットメニューをお選びください。
 ライス+コーンスープ+サラダ +400円 他3種

数寄屋バーグ セットを選ぶ


・・・と、予算、好み、その日の気分で、自分の食べたいハンバーグをカスタマイズできるようになっています。

続きを読む

2008年01月13日

宇宙一おいしいハンバーガー 【KUA’AINA(クア アイナ)】

ハワイNo1のグルメハンバーガー&サンドウイッチレストランKUA’AINA(クア アイナ)

 KUA`AINA(クアアイナ)は1975年、ハワイ・オワフ島のハイレワという街で第1号店がオープン。以来、ハワイ全島はおろかアメリカ本国でも大ヒットし、某米国紙から「宇宙一おいしいハンバーガー」の称号を与えられたのだそうです。

 宇宙一かどうかは分からないのですが、ファーストフード店のハンバーガーとは全然違う、本格派ハンバーガーです。

先月、ハワイに行くということで、丸の内のクアアイナに行った時、ついでにフリーペーパーをもらってきました。クアアイナにいくと、無料で配布しています。丸の内のクアアイナは、丸ビル内にあり、大人っぽい雰囲気です。

クアアイナ 丸の内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ハワイは、日本語で書かれたフリーペーパーがよく置いてあるのですが、これがとても、旅行の参考になります。地球の歩き方とかにはのっていないローカルな情報も得られるし、お土産を買うのもクーポンを利用して、ちょっと、お得に買い物ができます。『10%割引』とか、『いくら以上買うとプレゼントを差し上げます』とか・・・。お店ごとにいろんなクーポンがあるんです。クアアイナで、フリーペーパーを見ながら、ここにも行かなきゃ!なんてページの端を折っている時って、これから旅行に行くワクワク感が高まって、それだけで、トリップできてしまう。

続きを読む

2007年07月05日

究極アボバター丼

NHKのためしてガッテンを見ていたら、アボカドの特集をしていました。

その中で、アボカドを使った超簡単レシピがすごく美味しそうだったので、早速作ってみましたよ。アボカドさえあれば、すぐできます。

究極アボバター丼【材料】(2人分)

アボカド(スライス) 1/2個分(80g)
ごはん お茶碗2杯分(250g)
バター 20g
しょうゆ 20g
レモン汁 1/2個分(5g)
焼きのり 適量

続きを読む

2007年03月25日

ディーン&デルーカ 品川店 (DEAN&DELUCA) 

出かけたついでに、品川のDEAN&DELUCA(ディーン&デルーカ)によりました。

エントランスには、花、豊富なデリカテッセン。
チョコレート、ワイン、様々なスパイスや瓶詰め、オイル、コ−ヒーや紅茶、様々な焼き菓子、生菓子、パン、ハムやチーズ、日本の地域に根ざした厳選食材・・・。

見るだけで楽しいし、店員もそれぞれがプロに徹した対応をしてくれるのでとても気持ちがいいです。近所にあったら、通っちゃうのにな。

「帰りたくない・・・」

と思って、色々見ているうち、別にお腹がすいているわけでもないないのに、デリをたのんでしまいました。あまり来ないし、甘いものよりはいいだろうとか、料理の勉強のためと、言い訳して・・・。

ファーストフード形式の席も少しあり、デリを買ってイートインすることも可能です。その場合は、ちゃんとしっかり温めてくれて、席まで持ってきてくれます。
飲み物も買えますが、水がほしければカフェカウンターで頼めばお水も出してくれます。ドーナッツプラントのドーナッツも、ここで、食べることができます。

ディーン&デルーカ私が頼んだのは、アボカドのグラタン

アボカドを半分に切って、種を除き、ぷりぷりした大ぶりの海老と、ホワイトソース、チーズがたっぷりこぼれんばかりにのっていました。

たったこれだけで、ほんとにシンプルだけど、いい材料を使っているみたいで、美味しかったです。それに、ボリュームもたっぷりで、満足感がありました。

>>Welcome to DEAN & DELUCA. ENJOY.

【関連カテゴリー】
■ アボカド
■ 美味しいお店

人気ブログランキングに参加しています。
とても役に立ちましたと、思ってくださった方は、クリックしていただけると、嬉しいです。
ありがとうございます

 >>美人手帳 topページへ


2007年02月22日

コブサラダ

コブサラダ近頃のマイブームは、コブサラダドレッシングで、サラダを作ること。
クリーミーだけど、後味はスパイシーで、しっかりした味のドレッシングです。

コブサラダは、1935年ごろにハリウッドのレストランオーナーのボブ・コブさんという方が、常連客のためにありあわせの食材でつくったまかないサラダが原点。今、アメリカの西海岸では人気の定番のサラダになっているそうです。

葉野菜をベースに、野菜や肉、魚介類(家にあるものでOK)などの好みの素材を同じ大きさに揃え、一列に並べるのが、コブサラダの基本の盛り付け方。
※これは見栄えを重視したからだそうです。

ちなみに、よく使われる野菜は・・・レタス、アボカド、トマト
よく使われる具材は・・・蒸し鶏、エビ、ベーコン、卵、チーズ、オリーブなど

たっぷりのドレッシングをかけていただきます。

市販のコブサラダドレッシングを使っていましたが、メキシカンドレッシングのような味というか、メキシカンな甘辛というか、ハンバーガーを食べている様な後味 というか、タコスみたいな味というか・・・。
1000アイランドドレッシングが好きな方は、好みの味だと思います。

はまっちゃったので、はなまるで紹介していた、ウルフギャング・パックカフェのコブサラダドレッシングも作ってみましたが、これも、美味しかったです。

ウルフギャング・バック・カフェは、本場カリフォルニアのコブ・サラダが味わえるお店です。トム・クルーズ、トム・ハンクス、シャロン・ストーンなど・・・ハリウッドスター御用達のお店だそう。アカデミー賞授賞式のパーティーで出される料理もこのレストランが担当するとか。

そんな本場仕込のシェフがハリウッドスターを虜にした味・お家で作れるコブサラダのドレッシングのレシピ。家庭にある材料だけで出来ちゃいます。 ベースは、マヨネーズ。そこにヨーグルトで酸味をきかせるのがポイントです。

続きを読む

2006年06月19日

ザ・プレミアム・モルツ ブログキャンペーン 【最高の週末をかざる料理】

「ザ・プレミアム・モルツ」ブログでは、お題にそったトラックバックをした方に、抽選で、プレゼントがあたるキャンペーンを実施中です。

自分へのご褒美に、大切な記念日に、いつもより贅沢したい週末に… プレミアムなビールを飲んで“最高の時間”を過ごした経験がある方は、その時のことをブログに書いて、トラックバックしてみませんか

トラックバックした方の中から、旅行券10万円分を1名様に、「ザ・プレミアム・モルツ」1ケース(12缶)を100名様にプレゼント

「ザ・プレミアム・モルツ」ブログキャンペーン

夏のビールって美味しい。
でも、普段、我が家では、発泡酒を飲んでおります。(笑)
でも、たまには美味しいものを奮発して『ザ・プレミアム・モルツ』も飲んじゃいますぅ。たまに、いいものをいただくと、カラダにしみわたるようで、よりいっそうプレミアムに感じます。(TωT )ぅぅ

ビールにあうおつまみというと、我が家の定番は、シーフードとアボカドのアンチョビー炒め。アンチョビー炒めは、えび・たこ・イカ・ほたてなど、なんでもでも大丈夫。また、アボカドの変わりに、ほたてとクレソンとかも、大人っぽくって、美味しいですよ。

アンチョビーって、そのままでもビールにもあうけど、うちは、飲む方も、食べるほうもたくさん食べたい方なので、できるだけ、ヘルシーそうな食材を使って、ちゃちゃっと、シンプルに調理するのが定着しています。

例えば、たことアボカドの場合だったら、こんな風に作ります。

たことアボカドのアンチョビー炒めたことアボカドのアンチョビー炒め

【材料】 2人分

茹でたこ          150〜200g
アボカド          1個
ニンニク          1片
赤唐辛子          1/2本
アンチョビー        2〜3枚
オリーブオイル      大さじ1

白ワインもしくは酒・塩    適量

【作り方】

1 たこは、ぶつ切り。
  ニンニクは、みじん切り。
  赤唐辛子は、種を抜いて、輪切りにする。

2 アボカドは、種にそって縦半分に切り込みをいれ、両手でねじって、パカッと割って、種を除く。皮をむいて、縦半分に切り、さらに、1cm幅のいちょう切りにする。

3 フライパンにオリーブオイル・ニンニク・赤唐辛子を入れ、弱火でゆっくりいためる。香りがでたら、アンチョビーを加えてつぶしながら混ぜる。

4 たこ・アボカドを加えて強火で炒め、白ワインをふり、大きく崩さないように、サッと炒めあわせ、(味をみて、塩を加え、)すぐ、皿に盛る。


たこは、もう、茹でてあるので、そんなに炒めなくても、大丈夫です。
もし、えびでやる場合は、
えび200gに酒小さじ1、塩少々で、下味をつけておく。
先にえびを強火で炒め、色が変わったら、アボカドを入れます。

アボカドのねっとり、濃厚なうまみがたまらないです。

もし、アボカドが苦手だったら・・・

ほたてとクレソンのアンチョビー炒め

【材料】 2人分

ほたての貝柱(刺身用)  100g
クレソン            150g
アンチョビー         1〜2枚
ニンニク            1/2片
赤唐辛子           1/2本
オリーブオイル        大さじ1

【作り方】

1 貝柱は四つ割にしてざるに入れ、サッと、熱湯にくぐらせて水にとり、水気をきる。(ひと手間なんですけど、ほたては、サッと、熱湯に通すと、水気が出ないです。)

2 クレソンは、堅い軸を摘み取り、食べやすい長さにちぎる。

3 ニンニクはみじん切り。赤唐辛子は、種を抜いて、輪切りにする。

4 フライパンにオリーブオイル・ニンニク・赤唐辛子を入れ、弱火でゆっくり炒める。香りが出たらアンチョビーを加えてつぶしながら混ぜる。

5 い乏柱とクレソンを加え、強火でサッと炒める。フライパンの余熱で火が通り過ぎないようにすぐ、皿に盛る。


刺身用のほたての貝柱が高価なので、ちょっと、量がお上品です。(笑)ゆでほたてでもできるけど、やはり、甘みがぜんぜん違うし、いつもより、ちょっと、贅沢したい時に奮発して作っちゃいます。

このレシピは、清水信子先生の清水信子のこんなに簡単でいいの和風おかずの紹介されていたものが、元になっています。ちょっと、古い本なんですけど、何度も作って、我が家の定番になっています。

あと、最近のマイブームのオリーブオイル。
ベローナ産の『サルバーニョ』 という、EXオリーブオイルです。雑誌で、パンチェッタ・ジローラモさんが紹介していたり、ちょっと前に、はなまるカフェで、おいしいプロポーズの長谷川京子さんがお気に入りで使っているというのを見たのが、きっかけで、探してみました。あまり、スーパーやデパートなどで売っていなくて、お取り寄せしたんですけど、コレは、買ってよかったです。有機栽培で作られたまろやかなオイルで、クセがないので、どんな料理にも使いやすいです。


【関連記事】
■ アボカド
■ ビールでプチ贅沢気分♪
■ ビールにあうおつまみ

人気ブログランキングに参加しています。
とても役に立ちましたと、思ってくださった方は、クリックしていただけると、嬉しいです。
ありがとうございます

>>美人手帳 topページへ


スポンサードリンク