プチ はっぴぃ〜♪

2017年04月16日

【婦人画報のおかいもの】2017年母の日ギフト 婦人画報オリジナル口福ボックス

今年創刊112周年を迎える「婦人画報」。お取り寄せ編集部が厳選したちょっと贅沢なお取り寄せサイトが婦人画報のおかいものです。

このサイト、すごくキレイで、贅沢品がいっぱい並んで、高嶺の花のお取り寄せサイトのイメージ。母の日のプレゼントとか、お誕生日プレゼントとか、バレンタインのチョコとか・・・ちょっと、いいものを探そうと思うと、ことあるごとに、覗いていました。今回、担当の方からお話を伺えたので、ちょっと、シェアしたいと思います。


今年も出るのね!と、思わず飛びついたのが、[婦人画報オリジナル] 口福ボックス2017

DSC_0100

「婦人画報のおかいもの」で、いつもランキング上位の人気スイーツを一度に少しずつ試せるセットです。気になっていたけど、そんなに量はいらない、そもそも、贈る相手の好みに合うかどうかちょっとよくわからないとか・・・。失敗したくないなと思うと、気になりつつも、結局、見送っていたものが、色々詰め合わせになった夢のようなセットです。

2017年版には、こちらの5種類のお菓子

☆スナック感覚で、女性に必要な栄養素が摂れる「赤いなつめ」

2017-031

 中国では、昔から「1日なつめ3粒で若々しくいられる」とも言われ、絶世の美女 楊貴妃が欠かさず食べていたことでも有名な果物。効能にひかれて、昔、なつめを食べてみたことがあるけど、なつめって、ねっとりとしたシロップ漬けや、皮が口に残るほど固く乾燥させたものがほとんどで、美味しいなと思うものがあまりないような気がする。でも、こちらは、低温真空調理法で加工しているため、驚くほど香ばしく、サクサク、カリッとした食感。黒糖のような甘さがあり、カラッとして噛むとポリポリという感じで、なんだかあまり甘くないかりんとうみたい。自然由来のものが美味しくスナック感覚で食べられます。原材料は、なつめとパーム油だけ。甘味料、保存料、着色料は無添加のヘルシースナック。  

☆クッキーのなかでも人気No.1[メゾン・ド・プティ・フール]プティ・フール・セックS缶

DSC_0099

 Sサイズでも、バターサブレやプラリネクリーム入りクッキーなど、4種のクッキーがぎっしり詰まっって満足感あり。写真では、包装紙とリボンがかかっていて、見えないんですけど、お菓子モチーフのかわいい缶に入っています。

☆サクッとした食感でやみつきになるおいしさの[築地ちとせ]天ぷらせんべい

DSC_0014 (1)

 身が甘いことで知られる鷹爪海老を使用し、岩津ねぎ、国産米、天然わかめなどのこだわり素材を使って、奥行きのある味わいに。軽くて、後引く美味しさです。ビールなどのお酒のおつまみとしてもピッタリ。1つずつ個包装になっていて湿気をきにせず食べれるのでいつもサクサク。築地ちとせさんの公式HPに、天ぷらせんべいの料亭風まかないアレンジレシピが紹介されているんですけど、どれも簡単で美味しそうです。特に、きざみ海苔とマヨネーズをトッピングしたビールのおつまみになるアレンジが、太りそうと思いながらも、絶対これ美味いだろうって感じです。
 
☆[大畑の佃煮]佃煮屋さんが作ったくるみのおやつ(メープルシロップ)

DSC_0127

 健康食材として注目されているくるみを、手軽なおやつとして提供したいとの思いから開発されました。原材料は、くるみ、メープルシロップ、食塩といたってシンプル。メイプルフレーバーに、ほんのり塩気が効いていて、あとを引く味です。缶に描かれたりすの柄も可愛いくて、食べた後も楽しめそう。

☆[マカロン・エ・ショコラ]マカロンボーロMIX

DSC_0125

 かわいくて、ちょい食べにピッタリな、スナック感覚で食べられるボーロのようなマカロン。苺、柚子、ピスタチオ、ショコラ、バニラなど、いろんなフレーバーが楽しめます。通常のマカロンのように、クリームが入っていないので、日持ちがし、気楽にアーモンドの味わいが生きたマカロンの味が楽しめます。あの「ラデュレ」で修業をしたパティシエさんが作っているので、味も本格的。

そして、

☆横浜・元町「近沢レース店」の「ミニレースタオルハンカチ」

DSC_0099

 繊細でゴージャスなギュピールレースをあしらった、淡い桜色のミニレースハンカチ。素敵なレースがついているけど、洗濯ネットに入れれば、手洗いせずとも、洗濯機でOK!実用的なレースのハンカチです。

☆『婦人画報』オリジナルデザインの可愛らしい懐紙

DSC_0128


が詰め合わせになっています。

スウィーツも雑貨も詰まった、ほかにはない数量限定の特別企画。去年、第1弾が登場した時は、発売1週間で限定600セットが完売してしまったそうです。今年は、もうちょっと、数を増やしているようですが、数量限定なので、気になる方はお早めにチェックしてみてくださいね。母の日カード付となしの2種類があり、送料も無料です。(母の日のカード付の申込み締切日は、5/10(水)まで)

[婦人画報オリジナル] 口福ボックス2017

婦人画報の母の日ギフト

婦人画報のおかいもの

リンクシェア レビュー・アフィリエイト

ブログランキングに参加しています。
1クリック押してくださると励みになります♪

【関連カテゴリー】
■ スイーツ・甘いもの
■ プチ はっぴぃ〜♪

>>美人手帳 topページへ



2017年04月15日

【日比谷花壇オリジナル】2017年 母の日ギフト JANE PACKER(ジェーン パッカー)コラボ

2017年 JANE PACKERが贈る母の日のテーマは、「ありがとう」。

「ありがとう(Arigatou)」は、ジェーンパッカーが日本をイメージした、ハートボックスアレンジメント。

DSC_0011

白い♡ボックスに、赤い花々、さくらんぼうがアクセントになっています。日の丸のイメージなのかな。かわいくまとまっています。

DSC_0009

こちらはアメリカをイメージ。星条旗カラーのにぎやかなアレンジメントです。

ファッションやインテリアなどの流行を反映させ、モード感あふれる花の世界を提案するJANE PACKER(ジェーン パッカー)。毎年、その年の母の日限定デザインで、常時同じものを用意しているわけではないのです。正直、ちょっと、値段は、はるけど、高級ホテルやブティックに行った時の夢のような雰囲気をプレゼントできますね。



【日比谷花壇】【母の日】JANE PACKER アレンジメント「ありがとう(Arigatou)」



【日比谷花壇】【母の日】JANE PACKER アレンジメント「サンキュー(Thank you)」

今回は、日本・アメリカをイメージした2商品を見せていただきましたが、他の国(ハワイ、フランス、イングランド、イタリア、グレートブリテン)をイメージしたアレンジもあります。それぞれ、その国をイメージしていて、どれも素敵です。ぱっと、直感で、好きなイメージで選んでもいいと思うし、また、一緒に旅した思い出や、好きな映画などのイメージと重ねて、想いを共有できる豪華なギフトにもなりそう。


母の日ギフト

リンクシェア レビュー・アフィリエイト

ブログランキングに参加しています。
1クリック押してくださると励みになります♪

【関連カテゴリー】
■ 日比谷花壇
■ プチ はっぴぃ〜♪

>>美人手帳 topページへ



【日比谷花壇オリジナル】2017年 母の日ギフト サプライズブーケ

日比谷花壇で、登場以来、毎年人気の花束、サプライズブーケ。

DSC_0040

初めて見たとき、カーネーションのブーケにかわいいフラワープリントの「布」を使ったのが新しいのかな?と思いましたが、

DSC_0041


実はこれ、ブーケをほどくと・・・・
続きを読む

【日比谷花壇オリジナル】2017年 母の日ギフト 日比谷花壇にしかつくれない花束

1枚1枚を花びらに見立ててラッピングした、日比谷花壇自慢の花束「ペタロ・カーネーション」。ペタロとはイタリア語で「花びら」の意味です。

いろんなピンク色のカーネーションを束ねて、まるで花びらのようなラッピングでくるんだら・・・。全体がまるで大きなカーネーションのようになったブーケです。

DSC_0036


これ、ラッピングを開くと、「お母さんありがとう」をいろんな国の言葉で書いてあるんです。

DSC_0037


このラッピングは、日比谷花壇さんで意匠登録されているので、他店は買えないオリジナルブーケ。日比谷花壇さんでは、通年「お誕生日おめでとう」のメッセージをプリントしたペタロブーケもありますが、「お母さんありがとう」は、母の日(インターネットでの注文締切日は5/11(木)まで)の期間限定ブーケです。今年も、3色登場しています。



【日比谷花壇】【母の日】カーネーションの形をした花束「ペタロ・カーネーション メルシー」




【日比谷花壇】【母の日】カーネーションの形をした花束「ペタロ・カーネーション シュクレ」




【日比谷花壇】【母の日】カーネーションの形をした花束「ペタロ・カーネーション ジェンティーレ」


リンクシェア レビュー・アフィリエイト

ブログランキングに参加しています。
1クリック押してくださると励みになります♪

【関連カテゴリー】
■ 日比谷花壇
■ プチ はっぴぃ〜♪

>>美人手帳 topページへ



【日比谷花壇オリジナル】2017年 母の日ギフト 母の日にマム(Mum)を贈る?

2017年の母の日は、5月14日。
日比谷花壇さんに、2017年 母の日おススメフラワーギフトをご紹介いただきました。

毎年、日比谷花壇さんのフラワーギフトは、素敵なものが目白押しで迷うんだけど、これは、ちょっと、新しいんじゃない!?と思ったのが、マム(菊)をプレゼント!という提案。

DSC_0026

DSC_0013

DSC_0014


昔の菊のイメージというと、お葬式とか、お仏壇に供える花って感じだったと思うのですが・・・


今は、すごくかわいい菊もあるのね。今の菊は品種改良を進んで、色・姿がバラエティーに富んでいて、洋室にも合う、華やかなデザインに映えるフラワーギフトになっているのだそう。また、菊は花モチもとてもいいから、(手入れ次第で1か月もつとも言われているから、)お花を長く楽しめるんだよね。

また、菊は英語で「chrysanthemum」
語尾の「mum(マム)」は、お母さん「mother」の意味。

実際、母の日に菊の花を贈る国もあるとか。


DSC_0068


いつまでも綺麗で・・・

と、お母さんと重ねて、定番のカーネーションと菊を組み合わせ、センスのいいアレンジメントは、ちょっと、新しいギフトに思いました。


昔の話ですが、お花が好きなお友達で、好きな花は菊!なんて子がいて・・・。
理由は、「菊はもつからね。」なんて言ってて、その時は、菊のポテンシャルを分かってなかった私は、「ふ〜ん。(変ってんな。)」ぐらいにしか思いませんでしたが、こんなかわいいギフトなら、ダブルで嬉しいと思う。もちろん、定番のカーネーションもいいけど、好みに合えば、こういうのも、長く楽しめていいなと、その子のことを思い出しました。その子も、もう二人の息子がいるお母さんなんですよね。



【日比谷花壇】【母の日】デザイナーズブーケ「チアフルマザーブーケ」




【日比谷花壇】【母の日】アレンジメント「花てまり」



【日比谷花壇】【母の日】nugoo「折畳晴雨兼用日傘」とアレンジメントのセット

お花+αのギフトは、毎年、人気なのだそう。お花と一緒にちょっとした実用的なプレゼントもついているとお花が終わってしまっても、長く楽します。

DSC_0073

クレチマスの優雅なデザインがおしゃれな日傘は、nugook×日比谷花壇オリジナルデザイン。日傘の多くが、UVカット加工の寿命は、2〜3年となっているので、定期的な買い替えが必要ということもあり、もらったら、すぐにでも使ってくれるかも。いつまでもおしゃれで綺麗でいて欲しいママに。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

これは、こちらは、(生花でなく、)プリザーブドなので、お手入れ不要なアレンジメントです。

DSC_0069

金運を呼ぶと言われている縁起のいい「がま口」だけでなく、

さらに、日本の伝統文様である「麻の葉文様」やゆらりと揺れるタッセル、黄色や金色を基調とした色合い、あふれんばかりの花々など、縁起のいいモチーフをたくさん盛り込まれています。でも、これ見よがし感がなく、さりげなく、コロンと可愛らしいセンスのいい仕上がりです。

DSC_0071

大きさも小ぶりで、住宅事情にあわせて、飾りやすそう。

生花にはないデザイン性があり、長くお母さんを楽しませてくれます。置くだけで縁起もよさそうだし、もらったら嬉しいギフトに思いました。通年いけそうなギフトに思ったけど、このデザインも、母の日限定なんですね。




【日比谷花壇】【母の日】プリザーブド&アーティフィシャルアレンジメント「福ふくがま口(ミックス)」


リンクシェア レビュー・アフィリエイト

ブログランキングに参加しています。
1クリック押してくださると励みになります♪

【関連カテゴリー】
■ 日比谷花壇
■ プチ はっぴぃ〜♪

>>美人手帳 topページへ


DHC 知る人ぞ知るこだわりの工場直送プレミアムビール

DHCさんって、化粧品やサプリメントだけでなく、ビール工場ももってって、自社ビールも造ってるんですよね。でも、DHCさんのビールって、酒屋さんでも、百貨店でも、高級スーパーマーケットでも、DHCの店舗でも見かけないので、知る人ぞ知るレアなもの。手に入れられるのは、工場直送&クール便の通販!

ビールって、鮮度がいいものほど美味しいんですって。

ビール本来のおいしさを味わってほしいから、製品在庫は多く持たずに出荷量に合わせて製造します。
そして、工場からお客さんのもとに届くまでに鮮度が落ちないよう、工場直送クール便で届けることにこだわっているのだとか。

DSC_0136


DHCさんから、知る人ぞ知る、こだわりの工場直送プレミアムビールのお話を伺ってきました。

DHCさんは、20年クラフトビールを作っていた本場ドイツの設備を導入していた工場を買い取って、2015年6月からビールを作っているそうです。工場は、静岡の御殿場にあって、富士山の伏流水を100%使っています。ビールのベースになる水は、無味無臭で、造り手の技術や想いが反映されやすいそう。酵母は本場ドイルから輸入し、自社培養(クラフトビールでは、珍しいそうです。)、麦とホップは、醸造するビールのスタイルに合ったものを世界各国から厳選しています。大手ビール会社なみに、安心安全の検査体制があります。
続きを読む

2016年09月09日

【日比谷花壇オリジナル】 2016年 敬老の日ギフト 縁起の良いモチーフとお花のギフト

縁起にこだわる人はもちろん、こだわらない人だって、縁起物をもらえば良い気分になってつい微笑んでしまうもの。敬老の日のギフトだけど、敬老・・・でなくても、こんな可愛らしくて縁起のいいものをプレゼントしてもらえたら、嬉しいだろうなと思うギフトもありました。

縁起のいいものというと・・・・

ちょっと、べたですが、招き猫!
金色の花器に、色とりどりの秋の花を生けたアレンジメントと黄色の招き猫がセットになっています。

DSC_0054

日比谷花壇オリジナルの招き猫は、昔からあるようなコテコテの招き猫ではなく、ちょっと、アートっぽくて、おしゃれ。それでいて、おちゃめで、かわいらしさもある味のある招き猫です。

DSC_0055


目の上の線、これは、まつ毛なのだそう。女の子なんですね。
招き猫の前掛けのピンクと秋のお花(スプレーマム、スプレーカーネーション、ナデシコ、リンドウ、グリーン)を合わせて、和のイメージながら、明るいイメージにまとめたアレンジメントです。

招き猫がお花畑の中にちょこんと座っているように見えますが・・・

DSC_0100

この招き猫は、取り外しもできるから、お花が終わってしまっても、招き猫だけでも飾って、楽しめるようになっています。首輪の鈴も揺れるようになってるんですよね。ゆらりと揺れるものも、縁起がいいらしいです。

招き猫は、開運招福、千客萬来、商売繁盛をもたらすといわれています。右手は「お金」と「福」を招き、左は人寄せと言われ「お客様」を招くのだそう。色も黄色だから、ダブルで、「お金」と「福」を招き入れてくれそうですね。



【日比谷花壇】【敬老の日】アレンジメント「福華招き」



そして、縁起のいいものをもうひとつ。

DSC_0058


金運を呼び寄せてくれそうな、がま口モチーフのアレンジメント。
「がま口」は金運を呼ぶと言われている縁起のいいものですが、

DSC_0057


さらに、日本の伝統文様である「麻の葉文様」やゆらりと揺れるタッセル、黄色や金色を基調とした色合い、

DSC_0061

あふれんばかりの花々など、縁起のいいモチーフをたくさん盛り込んでいます。黄色を基調としていると、なんだか、重厚感があって、リッチな感じがしますね。



【日比谷花壇】【敬老の日】プリザーブド&アーティフィシャルアレンジメント「福ふくがま口」


また、贈る方の好みやイメージによって、フェミニン、エレガントな印象のアレンジメントも。同じがま口だけど、色合いが変わっただけで、だいぶイメージが変わる気もします。



【日比谷花壇】【敬老の日】プリザーブド&アーティフィシャルアレンジメント「福花がま口」

コロンと愛らしく、(生花でなく、)プリザーブドなので、お手入れ不要ヽ(*’∀’*)/ ゜:。*。。、置くだけで縁起がいい!?なんて、ずぼらな私には、もらったら嬉しいギフトに思いました。通年いけそうなギフトに思ったけど、これも、敬老の日限定なんですね。


日比谷花壇_敬老の日キャンペーン_クーポンプレゼント

日比谷花壇 敬老の日ギフト特集

※配達日が指定できるのは、9月11日(日)24時まで。
 それ以降は配達日おまかせになりますが、9月16日(木)24時まで受け付けています。


ブログランキングに参加しています。
1クリック押してくださると励みになります♪

【関連カテゴリー】
■ 日比谷花壇
■ プチ はっぴぃ〜♪

>>美人手帳 topページへ


2016年04月25日

生きた乳酸菌が100倍とどく☆乳酸菌ショコラ

ロッテの乳酸菌ショコラをモニター体験させていただきました。

DSC_0016


熱や胃酸に弱い乳酸菌をチョコで包むことにより、生きた乳酸菌が100倍腸に届くという試験結果が出たのだそう。

テレビCMやスーパーで売っているのをみると、気になってはいました。でも、乳酸菌が入ると、チョコの味はどうなるのか?健康を意識したものだと、カラダにいいと思えば、食べられる味!?というか、味はそれなりになってないのかな・・・?って、ちょっと、思っていたんですけど・・・
続きを読む

スポンサードリンク