漢方・薬膳

2013年02月21日

ティーパックになった【からだ巡茶】

ティーパックになった【からだ巡茶】を飲んでみました

ティーパックになった【からだ巡茶】1

コンパクトで場所をとらずにストックでき、
お湯を注げば、いつでも、温かいからだ巡茶がいただけて、便利。^ω^

カップにティーパックを1袋入れて、

続きを読む

2011年10月08日

秋のクロワッサン学園☆東洋の知恵で健康に、美しくなる秘訣 前編

秋のクロワッサン学園に行ってきました。
私が参加した講座のテーマは、東洋の知恵で健康に、美しくなる秘訣。

講義の前半は、『クスリで病気は治らない』の著者でもある
漢方医 櫻井正智先生が体の内と外から全体の調子を整え
健康で美しくなるコツについて伝授。

後半は、協賛企業 再春館製薬所から
肌の「根本力」を高めることに着目したドモホルンリンクルのお手当ても体験。

肌も体も東洋医学で健やかになる講座でした。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

漢方医 櫻井正智氏

櫻井先生は、子供の頃、怖がりで、痛いのが嫌いで、虚弱体質だったので、
医者になれば、健康で、将来安泰でいられると思って医者になりました。
ですが、医者になって知ったは、

医者って、長生きしてない・・・。.....il||li (つω-`。)il||li

という事実。
(ちなみに、長生きしていない職業 1位は、スポーツ選手。2位が医者。3位が警察官。)

でも、例外があって、

医者でも漢方医だけは、長生きしているのを知り、
外科医から漢方医に転身されたそうです。

西洋医学は、病気になってから、医者にかかるけど、
東洋医学は、病気というほどではないけれど、何となく体の調子が優れない…状態で相談に訪れ、病気にならないようにする。

漢方って、奥が深く、予防だけでなく、自然治癒力を引き出し、自分の力で、本当に病んでいるところを治してしまう力があるらしい。

先生は46歳らしいのですが、お腹ぺったんこで、メタボなんて無縁のスリムでナイスバディです。
仕事も忙しいだろうに、20代の男子と張り合って、自転車競技もするという、すごい先生なのですが、

完治するのに6カ月かかる鎖骨の骨折を4週間で治してしまったことがあります。
骨をつなげる漢方薬を飲み、痛みどめは使わず、鎖骨を固定して治したそうです。
あえて、痛みどめは使っていないから、動かすと当然、激痛が走ります。
だから、動かさないでいられ、漢方薬と自然治癒力で、治りが劇的に早くなり、わずか、4週間完治したらしい。続きを読む

2011年07月18日

【東漢美方】×【マリアンナ】スペシャルセミナー

トレンダーズさんのご招待で、
東漢美方】×【マリアンナ】スペシャルセミナーに参加させていただきました。女性向けイベントやブログモニターならトレンドリーダー

【東漢美方】×【マリアンナ】スペシャルセミナー

その時、お土産にいただいたのが、女性の健やかな生活のための漢方薬 【東漢美方】です。

東漢美方

東漢美方】には、漢方の3大処方のうち、
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)2つがあります。

症状にあった漢方薬を選ぶ

体調をチェックして、症状にあった漢方薬を選ぶようになっています。
(チェックシートは、アサヒフードアンドヘルスケア  東漢美方のHPでも、公開されています。)

当帰芍薬散は、体力虚弱、冷え症で、貧血の傾向があり、疲れやすい方で、脚腰の冷え、むくみ、シミを改善して体調を整える処方です。

当帰芍薬散

私は比較的体力があって、血行不良による、シミ、肩こり、生理不順なので、桂枝茯苓丸があうよう。

けいしぶくりょうがん

働いていたとき、少しでも健康の目減りを減らしたくて、中医師処方の漢方を飲んでいたことがあるのですが、
あの時は、粉薬で、ものすごくまずくて飲みにくかった・・・。
煎じた液体のものも飲んだこともあるけど、あれは、もっと、まずくて涙が出た・・・。
粉薬の方は、これで、具合がよくなるならと何カ月かつづけたけど、
液体の方は、なんだか効きすぎて下痢をし、冷蔵保存しないといけないしで、1日でやめましたね・・・。(;^ω^)

仕事を続けながら、粉の漢方を飲んでいた時は、やはりそれなりに、効果があったから飲み続けましたが、漢方って、高価で、飲みにくいなって、イメージがあります。



東漢美方 桂枝茯苓丸

セミナー参加後、1ヵ月ほど、アサヒフードアンドヘルスケアさんの桂枝茯苓丸を1回6粒を朝、昼、晩の食前に3回服用しているのですが、これは、飲むのが苦痛じゃなくて、いい。

1回6粒×朝・昼・夜の3回は多そうですが、これは6mm程の小粒の錠剤で飲み易いサイズ。さらに、漢方なのに、味的にも、飲みやすいのです。漢方というより、サプリ感覚で飲める。

1回6粒

今、ものすごく暑くて、例年、寝苦しい夜のはずですが、寝付きが良く、夜中に目が覚めることなく、しっかり眠れています。眠りが深すぎで、朝、起きられないってこともないです。

あと、生理不順に関してですが、続きを読む

2008年06月03日

【MAYBELLINE NEW YORK×verita】 飯野耀子先生の心とカラダに効く初夏の美肌食

  MAYBELLINE NEWYORK×veritaの美食セミナー&メイクショーにご招待いただきました。

イベントは、3部形式で

美容食スペシャリスト 飯野耀子先生まず、美容食スペシャリスト 飯野耀子先生のトークショー『心とカラダに効く初夏の美肌食』からスタートしました。






美しさは、内側と外側からの相乗効果を狙いたいもの。両方のケアが大切です。
また、肌は、内臓の鏡ともいわれ、ストレスがシミの原因になることもあります。
ストレスがその人の弱い臓器を攻撃してしまうんです。

ここで、ちょっと、チャート診断をやってみました。
画像をクリックすると読めるぐらいに拡大しますので、ぜひ、皆さんもチャレンジしてみてくださいね。

チャート診断



















あなたは、どのタイプにあたりましたか^^

続きを読む

2006年12月02日

アグネス・チャンの中国薬膳レシピ 【りんご丸ごとスープ】

ゴゴサタのゲストに、アグネス・チャンさんが出演されていました。

アグネスが母から教わった簡単に作れて、効果的なシンプル中国薬膳レシピを紹介していました。風邪予防に効果的な温かいりんごのスープです。

アブネス・チャンのりんご丸ごとスープ

【材料】

りんご 大2個
豚肉のかたまり ひとかたまり
塩 適宜

【作り方】

1 りんごは芯をとり、(皮はむかない)豚肉のかたまりと鍋に入れる。
  りんごは、特に品種は言っていませんでしたが、大きめの皮の赤いりんごでした。豚肉は、脂身の少なそうなもも肉あたりではないかと思われます。おおよそ、握りこぶし1つ分ぐらいの塊でした。

2 りんごがかぶるぐらいの水を入れ、火にかける。

3 りんごの赤かった皮が茶色っぽくなり、少し崩れるぐらいまで、約1時間煮る。
  途中、水分が少なくなったら、水を足す。

4 最後、塩で味を調えて、完成。

食べる時は、豚肉の塊は、食べず、温かいりんごとスープをいただきます。
結構、スープをぐらぐら煮立てたり、ラフに作っていらっしゃいました。豪快だなぁと思いましたが、アグネス・チャンがそうしていると、気楽に作れそうです。

アグネス・チャンさんは、体の中から自然にきれいになる薬膳デトックスレシピの本も執筆いています。

>>アグネス流 エイジング薬膳デトックス 目次

【関連カテゴリー】
■ 薬膳料理
 

人気ブログランキングに参加しています。
とても役に立ちましたと、思ってくださった方は、クリックしていただけると、嬉しいです。
ありがとうございます

  >>美人手帳 topページへ


2006年07月29日

【unself】 web上の無料カルチャースクール

インターネット上に動画を使って無料でいろんなレッスンを受けられるサイトがあります。

レッスンサイト 【unself】、アンセルフと読みます。(ユニセフではないですよ。)

このunselfのサイトには、現在10のカテゴリー【料理・お菓子・美容・健康・語学・ ダンス・教養・アート・ビジネス・スペシャル】があり、さらにその中に、多彩なレッスンが満載です!さらに、【音楽・スポーツ・ペット・お笑い】の4カテゴリーが増える予定です。
どの講座も、そのジャンル専門の講師が担当しています。
カルチャースクールというと、女性の習い事のイメージがありますが、unselfは、男性も楽しめる、総合的なサイトへと生まれ変わるそうです。

いろんな理由でリアルスクールに通えない人・他の人と一緒に学ぶことが苦手な人・・・など、誰でも学ぶことの楽しさを見つけ、そして楽しみながら習得できるサイトです。

unselfサイト TOPページ

観てみると、短いレッスンをつなぎ合わせて、ひとつのまとまったレッスンに仕上げていました。NHKの5分ぐらいの枠で放送している、レッスン講座のようなのりに近いかもしれません。ひとつひとつは、そんなに長時間ではないし、飛ばしてみたいところは飛ばしてもかまわないので、気楽に観れそうです。

私は、興味がある料理を真っ先に観にいきましたが、中国薬膳料理のレッスンもあるんですね観ていると、食べたことがあるような料理だったので、検索してみると・・・。銀座の中国薬膳料理レストラン星福の元料理長が講師でした。(現在は、独立され、黎花(ライカ)という、銀座松坂屋の裏側にお店をかまえています。)

星福で食べた時は、家庭でも作れそうな、シンプルで簡単そうな料理に見えたのですが、実際に、レッスン動画をみると、そうでもないようでした。やってやれなくはないけど、目に見えないところで、下処理に時間と手間をかけていていました。実際に厨房でやっている、ちょっとした、プロの秘密ですよね。(でも、見せてくれるとありがたいです。)

使っている食材も、今の季節にあったものを選んで、料理しているので、ちょくちょく覗いてみたいサイトだなぁと思いました。きっと、季節ごとに、メニューも変わるんですよね。

薬膳料理なんて、なんだか食べたら綺麗になりそうで、とても興味はあるのですが、専門的なことは分かりません。でも、動画で専門家がレッスンしてくれると、すごくありがたいです。しかも、完全無料で・・・。

薬膳料理に限らず、寒天料理なんていう流行もののレッスンもありました。食物繊維をとって、腸をきれいにしたり、デトックス効果があるということで、一時、爆発的にはやりましたよね。レッスンでは、ただの寒天寄せにとどまらず、雑穀ときのこを入れてテリーヌにしたり、おからとドライカレーにしたり・・・。ワンパターンになりがちな寒天料理のバリエーションをレッスンしていました。

美容のカテゴリーでは、手作りコスメやアロマテラピーなど、興味はあるけど、ちょっと、専門的なことだから、躊躇していたレッスンもありました。
メイクは、ビューティーコロシアムに出演していた、美のカリスマが出ていたし・・・。

興味はあっても、あまりうまくない人には、なかなか人前で、エクササイズって、できないものです。そういう背景もあるのか、今、最も人気カテゴリーは、ダンス(バレエ・ヒップホップ)のようですね。興味がある人は、多いんですね。

バリエーションが豊富だし、どれも、無料で観ることができるので、とりかかりやすくて、ありがたいなぁと思います。
あと、広く浅く学びたい、多趣味な方には、嬉しいサイトではないかなぁ。

レッスンサイト 【unself】

【関連カテゴリー】
■ IT・インターネット・パソコン
■ 薬膳料理

人気ブログランキングに参加しています。
とても役に立ちましたと、思ってくださった方は、クリックしていただけると、嬉しいです。
ありがとうございます

  >>美人手帳 topページへ


2005年09月18日

星福の薬膳倶楽部 9月の講習会

f4c675a7.jpg

銀座・『星福(しんふう)』の薬膳講習会に行ってきました。

9月のテーマは、『強骨防衰』(きょうこつぼうすい)

骨格を支える腱や靱帯を補強し、足腰の衰えを予防
血液の循環を良くし、新陳代謝を高める

と、いう意味です。

メニューポイントは、

体を温める効果のある食材
コラーゲンを多く含む食材(アキレス腱・骨付きスペアリブ・尾頭付きの魚など)

などを、取り入れること。

家庭で煮魚を作るのでも、まるごと・尾頭付きの魚やいかを調理。栄養の溶け出た煮汁も、ご飯にかけてあますことなく食べるのが、お勧めだそうです。

大衆的な中国料理のお店に行くと、『豚足と大豆のスープ』、『豚足をスパイスとしょうゆ味で煮たものをご飯の上に煮汁ごとのせた丼』なども出てきます。潤いのある肌作りはもちろん、骨を支える腱や靱帯を補強したり、傷の治りが早まる効果もあるヘルシー料理。特に、今の季節はお勧めのようです。ちょっと、見栄えに、インパクトありすぎで、大衆的なところで食べると、量もハンパでないのですが、体にもいいんだなぁ・・・。スープも飲んで、体が温まると、満ち足りた気分になるし。たまに食べた翌日は、なんだか、肌のきめが整って、綺麗に見えるし・・・。(当社比)素材そのものをいただくのもいいけど、スープや煮汁に溶け出たものをいただくのが、栄養が無理なく消化吸収してくれそうなイメージがあります。

写真の料理は、コースの一品の『豚のスペアリブと大豆の蒸しスープ』
大豆のカルシウムとスペアリブのカルシウムも煮汁にじっくり溶け出たスープです。他にも、白きくらげ、クコの実、蓮の実、アガリスクなどの、薬膳素材も入って蒸してスープにした贅沢品でした。アレンジしたものを家庭で作るポイントは、スペアリブをとろけるように柔らかく煮込むことだそうです。

温かいスープって、それだけで、これからの季節のご馳走ですよね

人気ブログランキングヘ

【関連リンク・カテゴリー】
■ 星福
■ 薬膳料理


2005年08月31日

美人の食卓 野菜で夏の疲れをリセット 

8月31日は、『野菜の日』なんだそうですね。だから、というわけでもないのですが、野菜料理で、近頃、関心があることについて・・・。

最近は、有機野菜を、できるだけ丸ごと料理に使うことに興味があります

大地からの贈り物レシピ中島デコさんの、大地からの贈り物レシピに、とうもろこし・丸ごと1本と玄米を一緒に炊いてしまう豪快なご飯が、紹介されていました。

とうもろこしご飯使う材料も、玄米3合とそれにみあう適量の水、皮・ひげをむいて芯はつけたままのとうもろこし・1本、塩・適量と、きわめてシンプルです。作り方は、玄米を炊くように準備したら、とうもろこしを丸ごと1本(写真は、とうもろこしが長すぎてはいらなかったので、きりました。)放り込んで、通常通り炊くだけ。炊けたら、とうもろこしから、実を芯からはずして、ご飯に混ぜます。

 

失礼なんですが、本屋で立ち読みしただけで、買わずに帰りました。これなら、本を見なくても、ご飯を炊ける人だったら、すぐ、作れそうですよね。

ただ、読んでいて、思ったのですが、炊きたてのご飯の中のとうもろこしって、きっと、芯まで熱々ですよね。ある程度は、冷まさないと実を芯からはずすのは、大変そうな感じがしました。

とうもろこしご飯熱々の出来立てを食べたかったら、炊く前に実を芯からはずしておいて、芯も一緒に炊けば、楽で、いいんじゃないかなぁと思いました。写真は、2合分のお米なので、2/3本分を剥いています。残りの1/3本は、おまけに一緒に炊いてしまおうと、紛れ込ませています。

 

 

玄米も、とうもろこしも、陰陽に偏らず、中庸なので、体に優しく、負担がかかりにくいようです。中島デコさんの本には、とうもろこしのひげまで入れるとは、書いてなかったのですが、今回は、ひげも細かく刻んで入れて、炊いてみました。

というのも、薬膳の本を見ると、とうもろこしのひげには、『利尿作用』があるので、水分のとりすぎで、むくみがちなときにオススメなんだそうです。ひげなんて、普段、当たり前のように捨ててる所。いつも捨ててるような所も、こんなふうに体に役立つことを知ると、ちょっとやってみようと思えます。体に溜まった老廃物も一緒に排泄してくれそうな、天然の生薬って感じですよね。

とうもろこしは、特に、梅雨時にオススメの食べ物のようですが、ひげつきの生とうもろこしの季節が終わってしまう前にぜひ、挑戦してみたくて、作りました。小さく刻めば、実のつぶつぶ感と一体化して、口に残らず、ほとんど、気になりません。マクロビは、できるだけ、丸ごととることを勧めているので、こんなこともありかなぁと、考えてます。

とうもろこしご飯 完成品出来上がったとうもろこしご飯は、芯まで一緒に炊いたおかげで、すっごく、とうもろこしの風味のきいたご飯になりました。夫に、「好みで熱いうちに、バターをとかして、しょうゆを少し落としてもいいかも」と、勧めましたが、もうそのままで、十分美味しく食べられたようでした。ひげも、気にならないようでした。奥にあるのは、お楽しみの丸ごとのとうもろこしです

続きを読む

スポンサードリンク