アンチエイジング

2014年07月06日

卵殻膜のお勉強会 卵殻膜が美肌にどのようにアプローチするのか

アルマードの化粧品・健康食品すべてに配合されている卵殻膜。
東京大学名誉教授跡見順子先生は、卵殻膜の研究を細胞レベルから人レベルまで、医薬品の開発と同様の研究をされています。

肌の奥の真皮には、繊維芽細胞という細胞があって、赤ちゃん肌に多く含まれる祁織灰蕁璽殴鵝▲劵▲襯蹈鷸澄▲┘薀好船鵝▲廛蹈謄グリカンなど、美肌に欠かせない成分を作り出しています。

繊維芽細胞こそが、美肌を保つ司令塔なのですが、

加齢により、繊維芽細胞が老化して働きが鈍くなり、美肌成分がだんだん作れなくなっていき、減少するため、肌のハリや弾力が低下し、シワやたるみ、肌の老化につながってしまいます。

細胞が自ら働くよう、上手に働きかけることが大切なのです。

勉強しない子供に、お母さんが、「勉強しろ、勉強しろ。」とガミガミ言っても、子供自身がやる気がなくて、さぼっていると、ダメみたいに、自ら動くように、働きかけることが大事で・・・。繊維芽細胞のやる気スイッチを押すのが卵殻膜なのだそう。卵殻膜が繊維芽細胞を活性化して、自前の細胞自らが、美肌成分を作り出し、自ら潤い、ハリ弾力が出てくるのです。人での検証でも、肌の水分量は2週間、ハリ弾力に関しては、3ヶ月で数値が上がったのが、確認されました。

続きを読む

2013年12月30日

卵殻膜×海の恵み 【アルマード】 オーディ・マーレ・ローション&モイスチャー

アルマードの化粧品やサプリメントには、すべて、卵殻膜が入っているのが魅力ですが、
アルマードさんの勉強会で、さらに突っ込んで、オーディ マーレシリーズの魅力について、お伺いしてきました。

DSC_0826

以前、アルマードには、タナクラクレイを配合した洗い流すパックがあったのですが、

オーディ・マーレシリーズの誕生は、今年77歳のアルマードの会長さんの

「パックをした後のあのツルツル肌実感がずっと続いたらいいのに・・・。」

という思いが、誕生の原点でした。
(会長さんも、その年齢と思えないぐらい、すっごく元気な方らしいです。)

それと同時に、パックを塗って、しばらくおいて、洗い流すのが面倒くさいな・・・という思いもあったので、洗い流さなくてもよくて、なおかつ、パックと同じ効果が続く 「卵殻膜」と「タナクラクレイ」を配合した化粧品を作ろう!と開発にいたったのです。

続きを読む

2013年12月17日

卵殻膜が一番たくさん入っている贅沢な美容液【スーパーオーディN】

12/20(金)~17:00まで、卵殻膜配合の化粧品・健康食品のパイオニア ALMADO アルマードさんの商品が最もお得に買える、半期に一度のボーナスキャンペーンを実施中です。

さらに、ボーナスキャンペーン期間中に、シークレットイベントもあり、人気商品が、特別価格で購入できます。

アルマード 30〜50%off冬のボーナスキャンペーン

アルマードの化粧品・健康食品すべてに「卵角膜」が配合されていますが、
その中でも卵殻膜の配合率が一番高いのが【スーパーオーディN】という美容液です。

DSC_0025

卵殻膜の美容効果を、とにかくシンプルに実感してもらいたい!という想いから、
卵角膜エキスを、なんと90%も高濃度に配合!一番贅沢で、最もシンプルな美容液なのです。

東京大学名誉教授 跡見順子先生と共同で、卵殻膜の肌への効果、卵殻膜が赤ちゃんの肌に多く含まれる祁織灰蕁璽殴鵑鮴言する力をサポートする研究をしています。

卵殻膜には、繊維芽細胞を増やす働きがあり、これが実現できる素材は、現在までに卵殻膜しかないのだそうです。(※ 実験で繊維芽細胞が増えたという素材はありますが、シャーレの中ではなく、人の肌で繊維芽細胞が増え、祁織灰蕁璽殴麋現の促進、ハリ・弾力が生まれるのを確認できたのは、今のところ、卵殻膜のみなのです。)

ここでちょっと、裏話。
跡見先生は、当初、卵殻膜の肌への効果の研究に、懐疑的で、さほど乗り気ではなかったのだそう。ですが、
続きを読む

2012年12月22日

水素の達人 太田成男教授が、水素水の謎に答える動画

活性酸素を除去し、美容、健康にいいらしいと、スポーツ選手、芸能人、モデルなどの愛用者も多数ある水素水。でも、本当のところ、どんな効果があるのか、あやふやなところがあったり、水素って目に見えないから、怪しいものも出回っているんじゃないかなと、疑う気持ちもあったりする。

水素研究の第一人者 太田成男教授が、水素水について語っている動画が分かりやすく、勉強になりました。



続きを読む

2011年11月19日

女性ホルモンの働きもサポート 【レスベラトロールサプリメント「ワインエッセンス 」】

長寿遺伝子を活性化する新日本製薬のレスベラトロールサプリメントワインエッセンス 」を試してみました。(ワインエッセンスはこちらから

ワインエッセンス

長寿遺伝子は、若返り遺伝子とも言われ、若さや美貌を保つ上でも注目されています

レスベラトロールはポリフェノールの一種で、
多く含まれている食品は、赤ワインやブドウ果皮。

レスベラトロールは、健康をサポートする様々な働きがあります。

女性が若々しく美しいのは、女性ホルモンによるものですが
この女性ホルモンの働きもサポートしてくれます。

ポリフェノールが豊富なワインをたくさん飲む
フランス人は高コレステロールな食生活にもかかわらず
心臓病にかかる率が低く、イキイキとしているので、
それをフレンチパラドックスといい、
イキイキの原因を解明するために、研究がおこなわれています。

レスベラトロールのサプリメントって色々ありますが、新日本製薬の「ワインエッセンス」は、1日1粒で赤ワイン1本分(約700ml)という豊富なレスベラトロールが含まれているところが魅力。

続きを読む

2011年10月31日

ワインのサプリ!? 【レスベラトロールサプリメント「ワインエッセンス 」】

長寿遺伝子を活性化する新日本製薬のレスベラトロールサプリメントワインエッセンス 」を試してみました。(商品はこちら

ワインエッセンス

長寿遺伝子は、若返り遺伝子とも言われ、若さや美貌を保つ上でも注目されています

レスベラトロールはNHKスペシャルの中で紹介されたことがあるんですよね。
長寿遺伝子のサーチュイン遺伝子のスイッチを入れるために紹介された方法は2つあって、
一つはカロリーコントロール。(つまり、食べ過ぎないこと。)
そして、もう一つがレスベラトロールの摂取でした。
 
レスベラトロールはポリフェノールの一種で、
多く含まれている食品は、赤ワインやブドウ果皮。

レスベラトロールは、健康をサポートする様々な働きがあります。

女性が若々しく美しいのは、女性ホルモンによるものですが
この女性ホルモンの働きもサポートしてくれます。

ポリフェノールが豊富なワインをたくさん飲む
フランス人は高コレステロールな食生活にもかかわらず
心臓病にかかる率が低く、イキイキとしているので、
それをフレンチパラドックスといい、
イキイキの原因を解明するために、研究がおこなわれています。

また・・・

「私の体はワインでできているの」
 
ご存知、女優・川島なお美さんの名セリフ。

「ワインが好きとか嫌いじゃなくて、私の体はワインでできているの。私の血も肉もワイン。」

そんな川島なお美さんが、美ST (美スト) 12月号で、ヌード写真を披露されていましたが、
ホントにキレイだった・・・。
50歳になっても裸のカラダを人に見せられるほどの美しさを保っていました。

そして、夏の人間ドックでは、ほとんとの数値が実年齢より若かったとか。
女優としてもひとりの女としても現役でうらやましいばかり。
発言は、オイオイって思っちゃうけど、
こんなの見せられちゃうと、食べ過ぎないようにして、赤ワイン!あながち悪くないかも・・・。(;^ω^)

レスベラトロールのサプリメントって色々ありますが、新日本製薬の「ワインエッセンス 」は、1日1粒で赤ワイン1本分(約700ml)という豊富なレスベラトロールが含まれているところが魅力。

「私の体はワインでできているの。」という、川島なお美さんのように赤ワインを飲むのは無理だし、
1日1粒のサプリで、それ相当のレスベラトロールがとれる。しかも、美味しいワインはそれなりに値段もするもの。リーズナブルにレスベラトロールが摂れる!おいしいところどりができるのは魅力に思いました。

また、作っているのが日本の有名な製薬会社が考えた美容サプリメントというのも、なんだか安心できます。


飲んでみたところ・・・

続きを読む

2011年10月08日

秋のクロワッサン学園☆東洋の知恵で健康に、美しくなる秘訣 前編

秋のクロワッサン学園に行ってきました。
私が参加した講座のテーマは、東洋の知恵で健康に、美しくなる秘訣。

講義の前半は、『クスリで病気は治らない』の著者でもある
漢方医 櫻井正智先生が体の内と外から全体の調子を整え
健康で美しくなるコツについて伝授。

後半は、協賛企業 再春館製薬所から
肌の「根本力」を高めることに着目したドモホルンリンクルのお手当ても体験。

肌も体も東洋医学で健やかになる講座でした。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

漢方医 櫻井正智氏

櫻井先生は、子供の頃、怖がりで、痛いのが嫌いで、虚弱体質だったので、
医者になれば、健康で、将来安泰でいられると思って医者になりました。
ですが、医者になって知ったは、

医者って、長生きしてない・・・。.....il||li (つω-`。)il||li

という事実。
(ちなみに、長生きしていない職業 1位は、スポーツ選手。2位が医者。3位が警察官。)

でも、例外があって、

医者でも漢方医だけは、長生きしているのを知り、
外科医から漢方医に転身されたそうです。

西洋医学は、病気になってから、医者にかかるけど、
東洋医学は、病気というほどではないけれど、何となく体の調子が優れない…状態で相談に訪れ、病気にならないようにする。

漢方って、奥が深く、予防だけでなく、自然治癒力を引き出し、自分の力で、本当に病んでいるところを治してしまう力があるらしい。

先生は46歳らしいのですが、お腹ぺったんこで、メタボなんて無縁のスリムでナイスバディです。
仕事も忙しいだろうに、20代の男子と張り合って、自転車競技もするという、すごい先生なのですが、

完治するのに6カ月かかる鎖骨の骨折を4週間で治してしまったことがあります。
骨をつなげる漢方薬を飲み、痛みどめは使わず、鎖骨を固定して治したそうです。
あえて、痛みどめは使っていないから、動かすと当然、激痛が走ります。
だから、動かさないでいられ、漢方薬と自然治癒力で、治りが劇的に早くなり、わずか、4週間完治したらしい。続きを読む

2011年09月14日

お医者さんが勧める健康な人がやっている健康になる習慣とは

足裏のマッサージって、自分でもよくやるけど、ふくらはぎをもんだりさすったりするのも生命力を高めるセルフケアになるらしい。

決定版!新ふくらはぎ習慣

決定版!新ふくらはぎ習慣を読んで「良いお医者さん」というイメージが、変わってきました。

多少お金がかかっても、「早く」「正確」に病気を直してくれる
そんなお医者さんが良いお医者さん!と思っていたので。

著者の小池弘人先生は西洋医学をもとに、鍼や灸などの東洋医学、フットセラピーやサプリメントなどの代替医療を併用した「統合医療」の専門家。
肩こりや頭痛などの不調に、対処療法を施すのではなく、全身が統合的に健康になることを目指している方です。


病人には、病人になる習慣があり、

裏を返せば、健康な人には健康になる習慣があること。

だからこそ、健康になる習慣とは、具体的にどのようなものかを知ること、
そして、実践に移すこと=健康になる習慣を身につけることに主眼を置いています。


この本で紹介されているふくらはぎのケアも健康になる習慣も、読むと、簡単すぎて拍子抜けするぐらいゆるいです。
ですが、お金も特別な道具もかからず、クリニックの患者さんにも評判がいい、効果に定評があるものが集まっています。

日常実践には、最適な一冊。 つらいエクササイズを必要としないし、テレビを見ながらできるのも好き。
病気のもとをためないように、気長に、気長に、続けてみようと思います。


本の帯に13万部のベストセラー『ふくらはぎをもむ」と超健康になる』の小池先生
と書かれているのも気になり、そっちの本も読んでみました。続きを読む

スポンサードリンク