「歳のワリに若く見える」より「綺麗な肌ですね」と言われるように努力します。(笑)
「お花のある生活に憧れるけど、生花を飾るのは大変・・・。」

私なんかは、内心、そんなことを思ってしまうのですが、これだったら、いいかもしれないなぁと思っているのが、ハーバリウムです。

DSC_0241


ハーバリウムとは、もとは、植物標本のこと。押し花やプリザーブドフラワーなどの乾燥処理された植物をボトルに入れ、オイルにつけて保存したものです。人気のインテリアショップやお花屋さんなどで見かけて、気になっていました。

DSC_0242


日比谷花壇さんでも、季節の花をかわいくボトリングしたハーバリウムを取り扱っています。
ちなみに、日比谷花壇さんでは、癒しにつながるので、ヒーリングボトルと名付けています。
動かすとボトルの中でやさしくゆれるので、その動きも癒しにつながります。

DSC_0063


母の日のヒーリングボトルは、母の日専用のパッケージ&タグ付きで届きます。

水やりや日に当てる必要もなく、置く場所を気にせず気楽に飾ることができるヒーリングボトル。 玄関、トイレ、バスルーム、キッチンなど、お花を飾りたいけど、日が当たらないところにも置けます。というか、日当たりがあまりよくないところの方が、むしろ、花の色があせにくく、より長く美しい彩を楽しめて、むしろ、いいのかも。小さな子供がいる3世代世帯などでも、安心ですね。



【日比谷花壇】母の日 Healing Bottle「Thanks Flower」2本セット【沖縄届不可】


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

ガラスのキャニスターに入ったドライフラワー。生花とは一味違ったナチュラルな独特の風合いが魅力です。

DSC_0059


ドライフラワー特有の儚さ?が、アンティークな感じのキャニスターとあっていて、ノスタルジックな雰囲気です。

DSC_0239


透明なガラスのキャニスターにカラフルにバランスよくお花が入っていると、ほこりをかぶったり、葉っぱが落ちてしまったり、バラバラになってしまったり・・・っていう、不都合もなく、気楽に、キレイなドライフラワーを楽しめそうです。

DSC_0167


もし、飽きてしまったり、ドライフラワーの色があせてきてしまったら、キャニスターの蓋はあけられるようになっているので、2次利用ができます。

DSC_0164

DSC_0166


今だけの、母の日、オリジナルタグ付き。
キャニスターは、日比谷花壇オリジナルのものです。




【日比谷花壇】母の日 Flower bottle「アオ・アクア」




【日比谷花壇】母の日 Flower bottle「シャン・ド・フルール」




日比谷花壇

日比谷花壇
母の日の注文受付日は、5/9(木)まで。
5/3までの注文で、お届け期間内(5/9~5/12・母の日)の届け日指定ができます。
5/4~5/9の注文で、お届け期間内(5/9~5/12・母の日)のいずれかの日に届けることができます。(日時指定不可)





スポンサードリンク

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 

スポンサードリンク




かもめ食堂でおにぎりをのせていた器

送料無料でブランドコスメが70%オフに

君島十和子さんの美容情報はコチラから♪

カテゴリー
ブログの更新状況、たまにひとりごと
メッセージ
このブログをたまに読む
Archives