「歳のワリに若く見える」より「綺麗な肌ですね」と言われるように努力します。(笑)
信州里の菓工房は、長野県の上伊那郡飯島町にある、信州伊那栗をはじめとした、南信州の素材を活かしたお菓子作りにこだわったお店。 岐阜県の恵那市にある栗のお菓子が有名な『恵那川上屋』がプロデュースしています。

仕入れや素材探しで栽培農家の方々出会っていくうちに、この地で素晴らしい栗を作りたいという夢を持ち、南信州を小布施に並ぶ栗の一大産地にしようというプロジェクトのもと誕生しました。飯島で作られる栗の中でも、厳選された良質な栗だけを南信州を代表するブランド栗「信州伊那栗」として認定し、信州里の菓工房で使用しているそうです。

最近、「マツコの知らない世界」で「マツコの知らない栗スイーツ」の世界を放送していましたが、その中で、栗の生産量ランキングを、言っていたんですね。

1位 茨城
2位 熊本
3位 愛媛

なんだそうで、この3県で、日本の2/3を占めているのだとか。
また、栗って、魚と同じように鮮度が命で、収穫したその日のうちに加工するのが理想なんですって。

岐阜には、有名な栗をすりつぶして茶巾絞りにした超有名な栗スイーツがありますが、今回、大丸・松坂屋さんが探した、信州里の菓工房の栗スイーツは、まだ、あまり知られていないけど、地域で愛されてきた美味を発掘してきたもの。

直接、長野県のお店に行ければ、注文を受けてから絞ってその場で作りたてをいただける、出来立てモンブラン(賞味期限30分らしい)とか、いろんな栗のお菓子やお食事が楽しめますが・・・。そこまで、行くのが難しくても、ブランド栗・信州伊奈栗を使った珠玉のモンブランがお取り寄せできます。

DSC_0048

☆シンプルに信州伊奈栗の味を楽しめる「栗」
☆宇治抹茶をふんだんに使った「抹茶」
☆赤いのは、紅芋ではなく、なんと「木苺」

DSC_0084

かわいい一口サイズで、3種類の味のモンブランが楽しめます。

DSC_0108

パイ生地に生クリーム、収穫したばかりの伊奈栗のペーストをたっぷりのせ、
さらに、3種類(栗・抹茶・木苺)のマロンクリームを重ねています。

パイがサクサク。マロンクリームは、甘すぎず、栗の風味がしっかり味わえます。
私は、「木苺」を試食させていただきましたが、甘酸っぱい木苺の後に、ふわっとまろやかな生クリームとしっかりした栗の風味が漂い、フランス菓子のような組み合わせが新鮮なモンブランでした。木苺に負けず、栗そのものを食べているような、しっかり、栗の風味が味わえるのがすごいと思う。それでいて、フランスのモンブランほど、甘くないし、安いモンブランの甘ったるくて栗の風味がほとんどしないようなものとは、一線をかしてる。伊奈栗のペーストは、収穫したばかりの栗をすぐに、ペーストに加工したものです。栗の粒々が見え、栗そのものをつぶして、ペーストにしているのが感じられ、素材の素朴な美味しさを楽しめました。

信州伊那栗の三色モンブランは、大丸・松坂屋オンラインショップで、お歳暮限定販売のみの特別なモンブランです。信州里の菓工房 公式のオンラインショップでも買えないんですよ。


信州 里の菓工房 信州伊那栗の3色モンブラン


大丸松坂屋オンラインショッピング



スポンサードリンク

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 

スポンサードリンク




かもめ食堂でおにぎりをのせていた器

送料無料でブランドコスメが70%オフに

君島十和子さんの美容情報はコチラから♪

カテゴリー
ブログの更新状況、たまにひとりごと
メッセージ
このブログをたまに読む
Archives