「歳のワリに若く見える」より「綺麗な肌ですね」と言われるように努力します。(笑)
DSC_0118

干柿と胡桃と無花果のミルフィーユ」は、鳥取県産の干柿とセミドライ無花果の赤ワイン煮、控えめな甘さのホワイトチョコレート、ほろ苦いビターチョコレート、そして胡桃が丁寧に織り重さねられた洋菓子です。

DSC_0120

婦人画報お取り寄せグルメグランプリにも選ばれたことのあるようです。

ドライフルーツにチョコレートコーティングしただけのシンプルなものはよくありますが・・・

干し柿といちじく、ホワイトとビターチョコレート、くるみと、こんな贅沢な組み合わせは珍しい。すべての素材が一度に味わえるよう口に運ぶと、素材の魅力が調和した、濃厚で贅沢な味わいが楽しめます。

BlogPaint


ねっとり濃厚な干し柿、つぶつぶとした食感の無花果に、胡桃がアクセントになって、食感のハーモニーが絶妙。特に、チョコレートに負けないぐらい、自然素材のドライフルーツの存在感が濃厚に感じられたのが印象深かったし、ビターチョコレートの苦み、ホワイトチョコレートの甘みが合わさって、素材の味が引き立った、立体的な味わいに感じられました。アクセントの胡桃も効いてます。

この「干柿と胡桃と無花果のミルフィーユ」で使用されている干柿と無花果は、共に鳥取県の広岡農場産のもの。洋菓子に使われるドライ無花果って、トルコ産が多いと思うし、日本の無花果だったら、愛知県とかが有名。しかも、一善やさんは京都のお店なのに、なぜ、鳥取県のものを使うんだろう・・・と、ちょっと、不思議に思い、調べてみたら・・・

無花果の栽培には不向きとされる日本海に面した赤土で育った無花果を使っているのですが、その味わいが格別なのだとか。西条柿の吊るし柿も然り。単に国産にこだわっているのではなく、日本中の食材を見てきた社長が素材に惚れ込んだことがきっかけで誕生されたとのこと。 無花果は、10埣碓未如∪屮錺ぅ鵑膿罎い董▲札潺疋薀い砲靴深家製。選び抜いた材料+プロの技術で、唯一無二の味わいが楽しめます。

BlogPaint

コーヒーと一緒にいただいたのですが、すごく相性がいい。
でも、きっと、紅茶にも、あうし、お酒にも合いそう。
シャンパンとか、辛口のワインとか、ブランデーとか、ウイスキーとか・・・。
一緒にいただく組み合わせを変えたら、味わいがまた変わってきそうです。

DSC_0121

また、もう一つの絶品が「生茶ブラウニー」。

DSC_0254

抹茶の洋菓子って、たっくさんあると思いますが、今までいただいた抹茶の洋菓子で、トップクラスに美味しい!と思いました。

BlogPaint

京都宇治田原町「矢野園」さんの上質な抹茶のスッキリとした香りが引き立ち、 また、一緒にミルキーなホワイトチョコレートの味もしっかりして、バランスよく、 いい感じに調和しています。ブラウニーというと、大味だったり、パサついたものをイメージする方もいるかもしれないけど、しっとりした食感で、味に深みを感じます。京菓子らしい上品さのあるブラウニーです。

DSC_0119

パッケージは、京都の歴史を表すような重厚で厳か。
玉手箱を思わせるようなデザインの黒を基調に、 金をアクセントに使った立派な化粧箱です。

小さめなサイズ感といい、ちょっと高額な印象は否めないけど、いただくと、厳選された食材と手間暇がかかっていることは十分うかがえ、美味しさでは文句なく5つ星。まさに、食道楽な大人の方へのご贈答用に最適で、もらえたら、嬉しいだろうなと思います。ちょっとづつ、大切にいただきたいご褒美スイーツ。贅沢な時を楽しめそう。

京洋菓子司 一善や 干柿と胡桃と無花果のミルフィーユと生茶ブラウニー詰合せ

大丸松坂屋オンラインショッピング



スポンサードリンク

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 

スポンサードリンク




かもめ食堂でおにぎりをのせていた器

送料無料でブランドコスメが70%オフに

君島十和子さんの美容情報はコチラから♪

カテゴリー
ブログの更新状況、たまにひとりごと
メッセージ
このブログをたまに読む
Archives