「歳のワリに若く見える」より「綺麗な肌ですね」と言われるように努力します。(笑)
工房しゅしゅは、湖のくに(滋賀)で育まれた菓子工房。

DSC_0174

湖のくに生チーズケーキは、地酒と酒かすを贅沢に使ったレアチーズケーキです。琵琶湖の周囲に滋賀県屈指の6つの老舗酒蔵があるのですが、個性豊かなそれぞれの酒かすを使って作られています。酒蔵ごとに生チーズケーキの仕上がり(味と香り)が違うのはもちろん、日ごと、酒かすが熟成することによって味がよりおいしく変化して、芳醇な味わいが楽しめます。

銘酒を醸造するなかで生まれる副産物「酒かす」は甘酒や漬物などにも利用されてきましたが、とても使いきれる量ではなく、その使い道に頭を悩ます酒蔵も多かったそう。そんななか滋賀ならではの食品の開発をしていた、工房しゅしゅの大野眞知子さんが「酒かす」と出会います。栄養素に富んだ食品として近年価値が見直されている「酒かす」と、同じく発酵食品である「チーズ」と組み合わせたら驚くほど相性がよく、生み出されたのが「湖のくに 生チーズケーキ」でした。

湖のくに生チーズケーキはそれぞれの酒造の大きめのお猪口に入っているのもうれしいポイントです♪食べ終わった後、器は、再利用できます。

DSC_0135


6種の生チーズケーキの中から、私は、松瀬酒造の「松の司」を試食させていただきましたが、これは、香りが特徴的で、大吟醸の華やかを感じます。

DSC_0141

ふんわり、クリーミーで、酒粕の風味が心地よく鼻孔をくすぐり、芳醇な大人の味わいにうっとり。後口が、しつこいイメージのあるレアチーズですが、酒かすのおかげなのか、後口が、スッキリしています。 

DSC_0142


使っている材料もすごくシンプルです。酒蔵ごとにそれぞれ違った風味の酒粕が際立ちます。

DSC_0139


いただいた華やかな香りが際立つ「松の司」の他にも、

滋味あふれるまったりした味わい。自然の甘さが特徴の「萩乃露」
練粕の強い風味と個性的な香味がブランデーのような味わい。通好みの「浪乃音」
濃醇なコクで日本酒好きにおすすめな「七本鎗」
さっぱりした香りと口当たりの「喜楽長」
米の粒を感じられるほど甘い「美冨久」

・・・と、きき酒ならぬ、手軽に美味しいきき酒かすを楽しめます。酒かすの個性を感じるなら早めに、冷蔵庫で寝かせて熟成させると、角が取れたまろやかな味わいになって、また、違った美味しさを楽しめるようです。ちょっとづついただいて、好みの味を見つけるのもいいですね。酒好きの方はもちろん、私は、あまり日本酒は飲めなのですが、とても美味しいと思いました。甘いものが苦手な男性にも喜ばれるスーツだと思います。


湖のくに生チーズケーキは、旅のきっかけにつながる「究極のお土産」を発掘するため開催された観光庁主宰「世界にも通用する究極のお土産フォーラム」にて、747品の応募の中から選ばれた最終選考の9品のひとつに選定されています。

日本の食文化や気候、風土、日本人の気質が生み出した「にっぽん」の美味しいもの。またあまり知られていないけど、地域で愛されてきた美味や、大切に受け継がれてきた食材を組み合わせた新しい味は、特別感があって、とっておきのいいものを見つけた発見がありました。

湖のくに生チーズケーキ

大丸松坂屋オンラインショッピング


スポンサードリンク

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 

スポンサードリンク




かもめ食堂でおにぎりをのせていた器

送料無料でブランドコスメが70%オフに

君島十和子さんの美容情報はコチラから♪

カテゴリー
ブログの更新状況、たまにひとりごと
メッセージ
このブログをたまに読む
Archives