「歳のワリに若く見える」より「綺麗な肌ですね」と言われるように努力します。(笑)
2017年7月に江森宏之シェフ初のパティスリーとなる「MAISON GIVREE(メゾン ジブレー)」をオープン。生菓子も美味しいのですが、2015年にミラノ万博のアイスクリームとチョコレートのワールドカップにて日本代表のチームキャプテンとして出場し、優勝した経歴のあるシェフのスペシャリテは「アントルメグラッセ」です。(※「アントルメグラッセ」とは、アイスクリームやシャーベットを使ったデコレーションケーキのこと。)素材にこだわって、自ら日本各地の生産者に会い、フレッシュの果物を活かしたアントルメグラッセを提案しています。

DSC_0169

メゾンジブレーのアイスケーキ フラワーマンゴーの試食をさせていただきました。
センスあふれる華やかな華のようなアイスケーキは、SNS映えしますね。

DSC_0171

ベリー系のフルーツにバラの花が、上品にあしらわれています。

DSC_0172

ローストしたココナッツ入りのダックワーズ生地の上に、ココナッツアイス、マンゴーシャーベットを絞り盛りつけています。

DSC_0133

切り分けると、断面は、こんな感じ。(包丁がスッと入るくらいの柔らかさになった頃が食べごろです。)

マンゴーの味と香りが、濃厚で、たっぷり。本物のマンゴーを食べているような、それ以上に、鮮烈な印象かも。なめらかな食感で、素材がダイレクトに生きています。

ミルク感のあるココナッツアイスの中には、粒状の凍ったココナッツピューレも散りばめられていて、サクサクとした食感がアクセントになっています。

土台のココナッツ入りのダックワーズは、軽く優しい味わい。アイスだけでなく、こういうお口直し的なものがあると、ますます、美味しく食べられますね。

マンゴーシャーベット、ココナッツアイス、ダックワーズ、それぞれ異なる味わいと食感が、メリハリがあって、贅沢なフランス菓子を食べているみたいでした。子どもにはもったいないような、大人の味わいに思いました。

夏、お誕生日とか、記念日、何かお祝いするとき、こんなアイスケーキって、いいかも。特に女性は嬉しいでしょうね。大切な人と共有したくなる特別感のある。忘れられない特別な日になりそうです。

メゾンジブレー アイスケーキ フラワーマンゴー

大丸松坂屋オンラインショッピング


スポンサードリンク

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 

スポンサードリンク




かもめ食堂でおにぎりをのせていた器

送料無料でブランドコスメが70%オフに

君島十和子さんの美容情報はコチラから♪

カテゴリー
ブログの更新状況、たまにひとりごと
メッセージ
このブログをたまに読む
Archives