2017年04月15日

【日比谷花壇オリジナル】2017年 母の日ギフト 母の日にマム(Mum)を贈る?

2017年の母の日は、5月14日。
日比谷花壇さんに、2017年 母の日おススメフラワーギフトをご紹介いただきました。

毎年、日比谷花壇さんのフラワーギフトは、素敵なものが目白押しで迷うんだけど、これは、ちょっと、新しいんじゃない!?と思ったのが、マム(菊)をプレゼント!という提案。

DSC_0026

DSC_0013

DSC_0014


昔の菊のイメージというと、お葬式とか、お仏壇に供える花って感じだったと思うのですが・・・


今は、すごくかわいい菊もあるのね。今の菊は品種改良を進んで、色・姿がバラエティーに富んでいて、洋室にも合う、華やかなデザインに映えるフラワーギフトになっているのだそう。また、菊は花モチもとてもいいから、(手入れ次第で1か月もつとも言われているから、)お花を長く楽しめるんだよね。

また、菊は英語で「chrysanthemum」
語尾の「mum(マム)」は、お母さん「mother」の意味。

実際、母の日に菊の花を贈る国もあるとか。


DSC_0068


いつまでも綺麗で・・・

と、お母さんと重ねて、定番のカーネーションと菊を組み合わせ、センスのいいアレンジメントは、ちょっと、新しいギフトに思いました。


昔の話ですが、お花が好きなお友達で、好きな花は菊!なんて子がいて・・・。
理由は、「菊はもつからね。」なんて言ってて、その時は、菊のポテンシャルを分かってなかった私は、「ふ〜ん。(変ってんな。)」ぐらいにしか思いませんでしたが、こんなかわいいギフトなら、ダブルで嬉しいと思う。もちろん、定番のカーネーションもいいけど、好みに合えば、こういうのも、長く楽しめていいなと、その子のことを思い出しました。その子も、もう二人の息子がいるお母さんなんですよね。



【日比谷花壇】【母の日】デザイナーズブーケ「チアフルマザーブーケ」




【日比谷花壇】【母の日】アレンジメント「花てまり」



【日比谷花壇】【母の日】nugoo「折畳晴雨兼用日傘」とアレンジメントのセット

お花+αのギフトは、毎年、人気なのだそう。お花と一緒にちょっとした実用的なプレゼントもついているとお花が終わってしまっても、長く楽します。

DSC_0073

クレチマスの優雅なデザインがおしゃれな日傘は、nugook×日比谷花壇オリジナルデザイン。日傘の多くが、UVカット加工の寿命は、2〜3年となっているので、定期的な買い替えが必要ということもあり、もらったら、すぐにでも使ってくれるかも。いつまでもおしゃれで綺麗でいて欲しいママに。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

これは、こちらは、(生花でなく、)プリザーブドなので、お手入れ不要なアレンジメントです。

DSC_0069

金運を呼ぶと言われている縁起のいい「がま口」だけでなく、

さらに、日本の伝統文様である「麻の葉文様」やゆらりと揺れるタッセル、黄色や金色を基調とした色合い、あふれんばかりの花々など、縁起のいいモチーフをたくさん盛り込まれています。でも、これ見よがし感がなく、さりげなく、コロンと可愛らしいセンスのいい仕上がりです。

DSC_0071

大きさも小ぶりで、住宅事情にあわせて、飾りやすそう。

生花にはないデザイン性があり、長くお母さんを楽しませてくれます。置くだけで縁起もよさそうだし、もらったら嬉しいギフトに思いました。通年いけそうなギフトに思ったけど、このデザインも、母の日限定なんですね。




【日比谷花壇】【母の日】プリザーブド&アーティフィシャルアレンジメント「福ふくがま口(ミックス)」


リンクシェア レビュー・アフィリエイト

ブログランキングに参加しています。
1クリック押してくださると励みになります♪

【関連カテゴリー】
■ 日比谷花壇
■ プチ はっぴぃ〜♪

>>美人手帳 topページへ


トラックバックURL(管理人の承認後、公開されます。反映されるまでしばらく時間がかかることがございます。あらかじめご了承ください。)

この記事にコメントする(管理人の承認後、公開されます。反映されるまでしばらく時間がかかることがございます。あらかじめご了承ください。)

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔