歳を重ねると、目鼻立ちよりも健康的な肌質、髪質が印象を大きく左右するのを感じます。 「歳のワリに若く見える」より「綺麗な肌(髪)ですね」と言われるように努力しようと思うこの頃。
ライスパワーエキスNo.103配合の美容ドリンク「米うるる103」を20本飲んでみました。
(前回の10本飲んだ時の記事はこちらから)

「米うるる103」は、米発酵美容成分“ライスパワーエキスNo.103”を、小瓶美容ドリンクとして初めて配合し、飲んで内側からうるおう、新発想の美容ドリンク。

ライスパワーエキスNo.103配合の美容ドリンク【米うるる103】

ライスパワーエキス とは
香川県の老舗酒蔵、勇心酒造株式会社が長年の研究の末に生み出した米発酵美容成分。
様々な効能をもつ36種類のライスパワーエキスが発見され、そのうち11種類が化粧品、入浴剤などの外用に応用されています。中でもライスパワーエキスNo.11は厚生労働省より「皮膚水分保持機能改善効果」を認められ、化粧品業界からも大きな注目を集めているそう。

そして、飲用タイプでは、ライスパワーエキスの中で唯一、美容効果が認められたのが“ライスパワーエキスNo.103”なのだそうです。

ライスパワーエキスの詳しい説明はこちら

インナーケアの記事を読んだところ、エイジング・スペシャリストの朝倉 匠子さんが、使いやすい“アウターケア”ともに、“インナーケア”により、年齢とともに衰える体の機能をサポートしてあげることが重要だと指摘されていました。

また、“インナーケア”については、注意も必要で、
サプリメントしか摂らずにいる人は、どんなバランスを考えている人でも、血液検査で良い結果が出たという人を知りません。また、ビタミンの錠剤といえども、化学物質であることには違いありません。
サプリメントであっても、体が受け付けやすい、自然に近い成分のものを選ぶことをおすすめします」とアドバイスするとともに、“乾燥ケア”に対して、有効な美容成分として「ライスパワーエキス」を挙げていました。

なかでも、体内に水分を蓄える機能を高めるものや、逆に体内の水分が失われるのを防ぐように体に働きかけるものなど、“エイジングケア”、“乾燥ケア”に有効性があるものには、特に注目が集まっています」と最近のトレンドを説明していました。

女性のスキンケア、“乾燥ケア”が8割占める……「インナーケア」の役割と注意点とは?

外からのケアも内からのケアも、実際にかけられる金額には限りがあるから、
せっかく有効性のあるものを摂るなら、その効果をより引き出せるように、普段の食事のとり方も注意したいなと思いました。でないと、効いているのか効いていないのかよくわからないなんてこともあるかもしれないし・・・。もったいない。(;^ω^)

と、言うわけでもないのですが、

ライスパワーエキスNo.103配合の美容ドリンク【米うるる103】

米うるるは、朝食の果物と一緒に、いただいていました。
果物に含まれる天然のビタミンと一緒にとると、吸収率も上がるかもしれないと、期待して。

米うるるの飲みやすさは、果物との相性もよく、このいただき方は気に入っていました。

季節の変わり目は、肌もお疲れ気味になりがちですが、特にトラブルもなく、健やかな状態を保てているので、私のインナーケアも効きめがあったのかもしれないと思っています。

米うるる103の詳しい説明はこちら

※ ロッテ健康産業株式会社のモニターに参加中

ブログランキングに参加しています。
1クリック押してくださると励みになります♪

【関連カテゴリー】
■ 
美肌
 インナービューティー・サプリメント・ドリンク


>>美人手帳 topページへ


スポンサードリンク

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 




かもめ食堂でおにぎりをのせていた器

送料無料でブランドコスメが70%オフに

君島十和子さんの美容情報はコチラから♪

カテゴリー
ブログの更新状況、たまにひとりごと
メッセージ
このブログをたまに読む
Archives