歳を重ねると、目鼻立ちよりも健康的な肌質、髪質が印象を大きく左右するのを感じます。 「歳のワリに若く見える」より「綺麗な肌(髪)ですね」と言われるように努力しようと思うこの頃。
日本橋のコレド室町2階にあるイタリアンレストランChe Voglia! (ケ ヴォーリア!)さんにお招きいただき、ディナーをいただいてきました。女性向けイベントやブログモニターならトレンドリーダー

ここは、ミラノピッツァ協会公認の『ミラノ風ピッツァ』が食べられます。
直径約40cmの大きなピッツァで、生地は薄く、縁はほどよく焼けてクラッカーのようにパリッ!とクリスピー、中央はもちもちの食感。

066

写真は、店名を冠した”ピッツァ ケヴォーリア” 1680円。
トマト・モッツァレラ・米茄子・ルッコラ・生ハムがたっぷり!
イタリアのミラノでも、人気のあるピッツァだそう。

ボリュームたっぷりで、一見、こんなに食べられるのか・・・(;^ω^)と思うボリュームですが、いざ、食べてみると、軽い。
前菜でサラダでもいただく感覚でいけちゃいます。
紙のように薄ぅ〜く、薄ぅ〜くスライスした香りのいい生ハムが花びらのように幾重にものっていて、すごく、リッチな気分になる。

ナポリ風ピッツァと比べるとあっさりしているので、他のお料理も満喫できます。


お一人様の女性でも、ランチとかにいらして、ピッツァ1枚残さずペロッと食べちゃう方が普通にいるそうです。(ランチは、ピザかパスタに、サラダ、フリードリンク付きで平日 1000円!〜と、かなりリーゾナブル♪メニューなど、詳しくは、ぐるなびにも紹介されています。)

今度、ひとりで、日本橋に来たら、他のピザも食べてみたいなと思いました。
ちなみに、もし、食べきれなくても、食べきれなかった分は持ち帰れるように包んでくれます。

この日は、他にも色々食べたいものがあったので、”ピッツァ ケヴォーリア”もちょっと、残して、もちかえらせてもらったのですが、(普通、食べ残しのピッツァなんて、カチカチになって、美味しくないと思うのですが、)翌日食べても、不思議と、生地がもちもちして、美味しかったです。

033

お店の入り口では、ピッツァの職人さんが、イタリア直送の石窯でピッツァを焼いていて、本場さながら。
はじめは、専用の機械を使って生地をある程度のばし、次に、鮮やかな手つきで飛ばしながら、みるみる、大きくしていきます。職人技です。
ガラス越しじゃなく、間近で見せてくれる。

040

私、こういうの見てるの、大好きなんですけど。(;^ω^)

045

トマトソースをのばしたら、

048

モッツァレラチーズをパラパラ。
たっぷり入れてくれているけど、ちなみに、チーズ(ルッコラも)は+350円でもっと増量してもらえます。

054

米茄子、生のまま、薄ぅ〜くスライスしたものを、花びらのようにのせていくんですね。
うちでも、こんな風にしてみるのもいいかもって、一瞬思ったけど、
簡単そうに見えて、お店のようには、いかないだろうなぁ・・・。(;^ω^)

056

茄子をのせたら、巨大なスコップみたいなものにのせて、イタリア直輸入の石窯へ!

057

焼くのは、さっと、1分ぐらいなんですって。

060


この後、ルッコラ、イタリア・パルマ産の生ハム(塊をその場でスライスしてくれるフレッシュなもの)、フレッシュなトマトをのせて、テーブルに運ばれてくるという、シンプルながら、とても贅沢なミラノ風ピッツァです。


他にも、

私がいただいたものは、お店のお勧めメニューだったのですが・・・


前菜:魚介のマリネ グレープフルーツとフィノッキオ添え

025

エビ、イカ、ホタテ、貝類などいろんな魚介類が楽しめるマリネ。
爽やかで、シンプル。食べやすい味でした。
蒸し暑かったので、サンベネデッドというイタリアのミネラルウォーター(炭酸入り)を頼んだのですが、白ワインが飲みたくなりました。

パスタ:仔牛ラグーとポルチーニの自家製パッパルデッレ

073

きしめんをもっと太くしたようなパスタがパッパルデッレ。
パスタは、もっちりと歯ごたえ、濃厚な味のソースがからんで、食べ応えたっぷりでした☆


セコンド(メイン):牛フィレ肉のステーキ(2枚) 野菜添え

090

脂肪が少なくて、柔らかいヘルシーな赤みのお肉でした。
付け合わせの野菜も素材の味がしっかり感じられて、味が濃かった。
じゃがいもは、インカのめざめだったのかな。


デザート:唐辛子の入ったトリュフチョコレートとピスタチオのセミフレッド

094

ちょっとユニークなデザートでした。
一見、普通のチョコレートトリュフなんですけど、後味に、ほんのり唐辛子の辛さが感じられるんです。
ピスタチオのセミフレッドは、甘いヌガーグラッセのようですが、これも、後味がやっぱり唐辛子で・・・。でも、辛すぎず、デザートとして美味しくて、絶妙な辛さ加減。
誰かと一緒に行って、シェアすると、面白いと思った。


食後のイタリア直輸入のコーヒーは、香りがよくスッキリ澄んだ味わい。

098

とても美味しかったです。


お店の雰囲気もこっていて、

081

照明や床のタイルから、テーブル、椅子、お皿(たっぷりと大きめで深め。大らかな印象の楕円皿。フランスのビストロでも似たようなものがあるけど、微妙に違う。)、コップに至るまで全て現地直輸入で、本場の雰囲気を大切にしているんですって。

078

例えば、天井の素敵な照明は、ベネチア製だそう。

088

夕方まだ明るいうちに入店し、食事が進むうちにだんだん、空が暗くなっていったのですが、店内の雰囲気もシックに変わっていきました。

日本橋という場所柄もあるかもしれないけど、イタリアンだけど、落ち着いた大人が楽しめる雰囲気も感じられました。
でも、デパート帰りなのか、子供連れの家族がいたり、
奥のテーブルは、おそらく、貸し切りになっていたみたいで、パーティーなのか、二次会なのか、盛り上がっている様子もあり・・・。
懐が広いお店のようでした。



また、来たいなと思う。

Che Voglia!/ケ ヴォーリア!


ブログランキングに参加しています。
1クリック押してくださると励みになります♪

【関連カテゴリー】
■ 
美味しいお店

>>美人手帳 topページへ


スポンサードリンク

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 




かもめ食堂でおにぎりをのせていた器

送料無料でブランドコスメが70%オフに

君島十和子さんの美容情報はコチラから♪

カテゴリー
ブログの更新状況、たまにひとりごと
メッセージ
このブログをたまに読む
Archives