歳を重ねると、目鼻立ちよりも健康的な肌質、髪質が印象を大きく左右するのを感じます。 「歳のワリに若く見える」より「綺麗な肌(髪)ですね」と言われるように努力しようと思うこの頃。
サンプル百貨店さんのイベント 第33回 RSPin東京のレポです。

「エステメド」「A・CHUMAR」の2つのブランドを軸に
厳選した韓国の美容アイテムを販売する
株式会社セレブさんのプレゼンです。

エステメドといえば・・・

エステメドBBクリーム プロフェッショナル

やはり、
エステメドBBクリームプロフェッショナル”というBBクリームが、超有名☆
口コミから、銀座プラザ本店でファンデーション部門売上1位に!
@cosmeでも、常に、ランクインされている
韓国皮膚科医31名がメディカルの視点で作り上げたBBクリームなのです。

知っている方は、知っていると思うのですが、
このスクリーンのおじさま エステメドの開発を総統活された韓国No.1皮膚科医 イ・ジュウボン氏なのですが、いくつだと思いますか

1皮膚科医 イ・ジュウボン氏

なんとッ!・・・
まさかの、80歳代!!!

さて、

肌を一番美しい状態に保つには、どうしたらいいか・・・

80歳を超えて、まだ、現役皮膚科医のイ・ジュウボン先生の答えは、

ずばり、保湿と紫外線カットを徹底的にすることだそうです。

エステメドを開発された経緯ですが、

皮膚科を訪れる患者さんは皆同じ質問をするのだそうです。それは

「化粧品は何を使えばいいですか

その当時、皮膚科医としてお勧めできる化粧品がなかったため、
皮膚科医専門医31人を集め、韓国最大手の製薬会社で、
製品の開発をされたのだそうです。

韓国政府が認可した
美を追求した
機能性化粧品が”エステメド”なのです。

BBクリームは、韓国のほとんどのコスメメーカーが製品化していますが、
エステメドは、もともと、病院(皮膚科、整形外科)のみで販売されていた特別な商品でした。

4年前、韓国でBBクリームが大流行し、
まだ、日本には、BBクリームがなかったころ、
すべての韓国メーカーのBBクリーム(30種類以上)を、全身肌トラブルが絶えない株式会社セレブの大家さんが試したところ、

最終的におめがねにかなったBBクリームが”エステメド”のBBクリームでした。
高すぎては、使い続けることができないので、安くていいものを作っているエステメドに掛け合って、日本で販売できるようになったんです。


■ エステメド BBクリーム 人気の秘密 ■

エステメドのBBクリームは、紫外線遮断剤を、ナノ化し、薄くベールがかかったように均等にのばすことができるから、少ない遮断剤の量で肌を紫外線から守ることができます。
(通常は、その成分が粗いので、薄く塗ると、隙間ができてしまい、その隙間から、紫外線がはいってしまいます。)
BBクリームは、韓国のほとんどのコスメメーカーが製品化していますが、

エステメドBBクリームしか、この技術は使われていないのだそうです。

日常生活での紫外線対策は、SPF20~30ぐらいのもので十分とされ、
日中塗り直すのが勧められていると思うのですが・・・

でも、現実、たいていの女性は、塗り直さないでしょ。(;^ω^)
紫外線対策は大事と知りながらも、日々、徹底するのは、難しいから、SPF50+にしたのだそうです。

エステメドのBBクリームは、SPF50+/PA++。
これで、約16時間紫外線から肌を守り、24時間保湿します。

ですが、

紫外線カットと保湿だけでは、まだ、物足りない欲張りな女ゴコロに応え、
美白のアルブチン、保湿のキャビアエキス、コラーゲン、海草エキス、緑茶エキス、漢方成分を配合した超高級コスメばりのBBクリームを作りました。

これが、肌トラブルを満たしてくれるどころか、
使えば使うほど肌が美しくなる理由。

ロングセラーの秘密です。

BBクリームの他にも、6種類のエステメドの商品を輸入しています。

さらに、今話題のかたつむりの粘液を配合したかたつむりスキンケアも取り扱うようになりました。

かたつむりスキンケア

ブースは、すごいにぎわいで、買い物したくてもなかなか買えないどころか、近づけないぐらいの人気でした。(;^ω^)

セレブ・ブース

それでも、韓国でNo.1の実績のあるかたつむりシリーズ3種は、ぜひ、試してみたかったので、お持ち帰り。あとで、使ってみたレポも書きますね。

【関連カテゴリー】
■ サンプル百貨店
■ 韓国

>>美人手帳 topページへ 


スポンサードリンク

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 


かもめ食堂でおにぎりをのせていた器

送料無料でブランドコスメが70%オフに

君島十和子さんの美容情報はコチラから♪

カテゴリー
ブログの更新状況、たまにひとりごと
メッセージ
このブログをたまに読む
Archives