歳を重ねると、目鼻立ちよりも健康的な肌質、髪質が印象を大きく左右するのを感じます。 「歳のワリに若く見える」より「綺麗な肌(髪)ですね」と言われるように努力しようと思うこの頃。
ランコムのリキッドファンデーション「タンミラク」を試す機会をいただきました。

ランコム タンミラク

MAQUIA、 VOCE、美的をはじめとするベストコスメアワード7冠受賞の、大人気のリキッドファンデーションです。

カラー展開は日本女性の肌色を研究し尽くした7色

そのうち、私は、標準的な肌色をリクエストさせていただいたところ、
O-025が送られてきました。

タンミラク 1プッシュ

色は、思いのほか黄色みが感じられました。
イエローベースの私にとっては、かなり、自分の肌色に近いもので、色的には、好感触。

ちょっと、昔の外資系メーカーのファンデって、ピンクみが強めのものも多かったと思う。優秀なファンデであっても、色が合わないと、顔に塗ったファンデと塗らない首の色に違和感を感じてしまうこともあったので、気になるところだったのですが、

日本女性の肌色を研究しているランコムさんのファンデだけあって、安心しました。

肌に塗ってみると、気になるところ(頬のもやもやしたシミとか)はカバーして、自然な艶肌になれる。(私の場合、目元のくすみまで隠そうとすると、タンミラクだけでは、不足。コンシーラーが必要でした。)
ハリがあって、真珠のような輝く美しい素肌のような仕上がり。
ピタッと密着して肌なじみがよく、皮膜感もありません。

私が特にいいなと思ったところは、
つけた時のキレイな感じが持続するところです。

午前中、ファンデを塗った時、肌がキレイに見えるのは当たり前だと思うのですが、特に冬は空気が乾燥しているし、どうしても食べたり、しゃべったり、テレビを見て笑ったり・・・などして、表情って動くから、時間がたつと、ファンデも微妙に崩れてくる。

私は、夕方、くすみ、笑うと小じわができて、しなびたりんごのような肌になってくるんですけど、タンミラクは、明るさ、みずみずしさ、肌のハリ感が続くところが嬉しい。

試しに、色的に私にぴったりの手持ちリキッドファンデを片顔に、
もう、片顔にランコムのタンミラクを塗って、1日過ごしてみたこともあるのですが、

見比べると、小じわや毛穴へのファンデの落ち具合、肌の乾き具合が目に見えて違って、面白かった。
ファンデって、自分の肌と色があっているか、1日過ごしてのくずれ具合ってどうかって、チェックして、
マイベストファンデを探すのは1日がかりだったりするから、なかなか、大変。

タンミラクは、好みの色、仕上がり、時間がたっ手もキレイが続くのが魅力で、引き続き、使い続けたいファンデだと思いました。
リキッドファンデは、特に、春夏に使ってみたいです。



ブログランキングに参加しています。
1クリック押してくださると励みになります

【関連カテゴリー】
■ ランコム
■ ファンデーション

※Ripreキャンペーン参加記事

>>美人手帳 topページへ


スポンサードリンク

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 




かもめ食堂でおにぎりをのせていた器

送料無料でブランドコスメが70%オフに

君島十和子さんの美容情報はコチラから♪

カテゴリー
ブログの更新状況、たまにひとりごと
メッセージ
このブログをたまに読む
Archives