歳を重ねると、目鼻立ちよりも健康的な肌質、髪質が印象を大きく左右するのを感じます。 「歳のワリに若く見える」より「綺麗な肌(髪)ですね」と言われるように努力しようと思うこの頃。

ワインのエキスパートとして知られる【川島なお美プロデュース】恋するロゼワイン風呂(入浴剤)。芸能人・有名人プロデュースのものなので、実は、あまり期待していなかったのですが、意外とよかった。

恋するロゼワイン風呂


特に、”香り”と”お湯の色”がかわいい

男の人も好みそうな、ほんのりベリー系バブルガムのような甘い香り。

ロゼワインにしては、ちょっと、濃いめのピンク色。
タール系色素の色だと思うけど、でも、毒々しくない、色出し。かわいいピンク加減が絶妙だと思う。

湯船につかっていて思うのですが、

透明感のあるピンクのお湯から見える肌が、ほんのり上気しているようなピンクに見えるのが、そこはかとなくエロティック。

このあたりが、恋するロゼなのかも・・・
と、想像力を刺激され、川島なお美さんのサービス精神を感じるのです。

たぶん、ほんのちょっとだとは思うのだけど、一応、ブドウ葉エキスなんて、ほんもののワインにまつわる成分やマリンコラーゲン(加水分解コラーゲン)なんて、美肌・保湿成分も入っています。

そして、一緒に映っているのが・・・

”シャンパーニュロゼ”というルピシアのフレバリーティー。

雑誌を読んでいたら、平子理沙さんが、

「代謝を上げるために、湯船につかりながら、ジンジャーティーを飲んだりしている。」

なんて、頑張りすぎないで美ボディーをキープする習慣を紹介されていたのを読んで、真似しています。冬は、湯船につかって、外から、温かい飲み物を飲みながら、内側から同時に温めると、ほんとに温まるし、風呂上がりのぽかぽかも持続する。

しょうが紅茶はほんとに温まるけど、それに限らず、
温かい飲み物も、入浴剤や気分で選ぶと、気持ちも上がります。

”シャンパーニュロゼ”は、いちごとシャンパンの香りのフレーバー。
いちごといっても子供っぽくなくて、大人の女性が好みそうな香りです。

海外のホテルのルームサービスで、こういうの(シャンパンといちごとか)を頼むと、すごく贅沢だけど、おうちなら、そんなにお金もかからず、いつでもなんちゃって感覚でできるから気に入っています。

ほんのりピンクの癒し系【川島なお美プロデュース】恋するロゼワイン風呂(入浴剤)

ブログランキングに参加しています。
1クリック押してくださると励みになります♪

【関連カテゴリー】
■ 
ボディーケア
■ 綺麗な人

>>美人手帳 topページへ


スポンサードリンク

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 

スポンサードリンク




かもめ食堂でおにぎりをのせていた器

送料無料でブランドコスメが70%オフに

君島十和子さんの美容情報はコチラから♪

カテゴリー
ブログの更新状況、たまにひとりごと
メッセージ
このブログをたまに読む
Archives