「歳のワリに若く見える」より「綺麗な肌ですね」と言われるように努力します。(笑)

今年、オレンジページは、創刊25周年
創刊25周年記念企画としてオレンジページでも人気の料理研究家・シェフのあこがれ料理のイベントが開かれています。

私が参加させていただいたのは、

東京 西麻布の "ベトナム料理 Kitchen"
"東京都現代美術館"内のカフェ "Cafe Hai(カフェハイ)" のオーナーシェフ 鈴木珠美先生の

暑い夏を乗り切るベトナム料理
ベトナム野菜ごはん教室

ベトナム野菜料理教室



憧れの先生のデモをみて、実際に参加者が料理(ベトナムの生春巻き、ベトナム風野菜たっぷりお好み焼き(バインセオ)&つけだれのヌクチャム)を作り、
その後は、先生も参加しての金麦パーティーです。

金麦



このイベントの協賛会社は、サントリーさん。
冷え冷えの金麦とか、黒烏龍茶とか、白・赤ワインなどがたっぷりふるまわれ、美味しい料理を心ゆくまでいただきなんがらのパーティーでした。

ベトナムチキンカレー


実習で作ったもの以外にも、フランスパンが添えられたベトナムチキンカレーやデザートにチェーも出していただきました。

チェー



ここのベトナム料理、すっごく美味しいんですよね。
鈴木先生の著書をみて、おうちでベトナム料理を作ったり、ベトナム旅行に行ったときは、すごく参考になって、私、大好きなんです。

また、先生の著書って、スタイリングがおしゃれでノスタルジックでかわいい。
パーティーも、キッチュなお皿、カトラリー、雑貨などなど、その世界観そのままのスタイリングで、すごく素敵でした。

スペアミント



ちなみに、ベトナム料理で使われているミントって、スペアミントなんですってね。
葉がギザギザしてるのがスペアミント、ツルっと丸いのがミント。
今まで気にしないで食べていたけど、ひとつお利口になった気がする。

たっぷりハーブのバインセオ



バインセオを使われたバジルも普通にスーパーで売られているイタリアンバジルではなく、宮古島からとりよせたという、ちょっと、風味の違うバジルでした。ほんと、こだわっている。


バインセオ作る工程


また、バインセオには、もやしも入っているんですけど、ベトナムのもやしは淡白で、生をそのままいただくんです。でも、日本のもやしは、ちょっと、独特のくせがあるので、鈴木先生のレシピでは、ゆでてナムルにしてバインセオに入れています。

先生が使っている米粉は、台湾産のインディカ米の米粉をつかっているとか。

台湾産米粉


日本にも米粉があるけど、「上新粉」だって、「白玉粉」だって、「もち粉」だって、「道明寺粉」だって、みんな米粉。手に入りやすい米粉で作るなら、非加熱のうるち米から作る粉→上新粉でも代用できるとかね。
色々、教えてもらっちゃったよ。



アレンジメント1



なにげなく置いてあった生け花のアレンジメントまで、さりげなくベトナム野菜を盛り込んだサラダブーケ。(;^ω^)ここまで・・・。

アレンジメント2


かわいく昇華されているのがすごいの。

ベトナム豆乳アティーチョークのお茶








エッグヌードル展示









かわいいベトナム雑貨や食品もこの日のために、準備して飾った感じ。
きっと、まだまだ、気がつかないところにこだわっている部分って、あるんだろうな。


本格的でありながらも、誰が食べても美味しいように、心遣いが細かいところまで、ゆきとどいてるのにふれられて、
どうして、鈴木先生のレストランや料理本って魅力的なのか、ちょっとだけ分かったような気がした。固定概念に捕らわれない独自のセンスと味は、幸せな気持ちにしてくれます。






この25周年記念の料理教室イベントは、まだまだ、開かれる予定です。
気になる方は、オレンジページの誌面やオレンジページnetなどで、募集されるので、ぜひ、時々、チェックしてみて。


ブログランキングに参加しています。
1クリック押してくださると励みになります♪

【関連カテゴリー】
■ 旅行・ベトナム

>>美人手帳 topページへ


スポンサードリンク

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 

スポンサードリンク




かもめ食堂でおにぎりをのせていた器

送料無料でブランドコスメが70%オフに

君島十和子さんの美容情報はコチラから♪

カテゴリー
ブログの更新状況、たまにひとりごと
メッセージ
このブログをたまに読む
Archives