「歳のワリに若く見える」より「綺麗な肌ですね」と言われるように努力します。(笑)
ペンタックス デジタル一眼レフカメラK-xを使ったカメラ講座に、ご招待いただきました。

004

PENTAX K-xって、あの100種類のカラーバリエーションがある一眼レフカメラです。

ペンタックスさんも、当初、こんなにたくさんのカラーバリエーションを出すつもりはなかったそうですが、某ケータイ電話会社が豊富なカラーバリエーションのケータイ電話を発売したので、負けじと、
100種類発売したのだそうです。

010

ボディーカラーの20種に加え、グリップカラー5色(全9色の中からセレクト)の組み合わせで、
100種類のカラーパターンのようです。

017

ちなみに、ペンタックス K-xの特設サイトでは、100種類のカラーシミュレーションができます。自分好みにカスタマイズしたK-xを具現化できます。



私、ペンタックスのK-mを使っているので、見ための違い以外に、中身がどう違うのか、とても興味があって、参加させていただきました。
カラフルになっただけでなく、さらに、高機能の一眼で、これも、欲しいかもと思ってしまった。
K-mより、さらに、コンパクトで軽くなったボディに、ハイスペックを凝縮しています。

女性向けに(一眼なのに、片手で簡単操作できたり、爪の長い女性でも)使いやすく、かわいく、それでいて、ワンランク上の性能にバージョンアップしているのが、魅力。

013

ミドルクラス並みのカメラ性能、フィルムのような味のある写真が撮れるそうなんです。上の写真はお札のようですが、見比べてみると、バージョンアップしているのが分かる。

あんまり、お札のアップなんて撮らないと思うけど、ISO3200で撮っているところに注目。
暗いところでの撮影って、ISO感度を上げて撮影しますね。
つまり、K-mより、暗いところでも、キレイに撮れるようになってる。
暗いところって、手ぶれして、なかなか、キレイに撮れないけど、暗いところの撮影に強いって、いい♪
それでいて、一眼レフカメラならではのボケ味も生かせた写真が撮れるって、すごい♪
私は、ここ、すごく魅力に思いました。


また、多彩な写真表現ができるのも、PENTAX K-xの魅力。
アート機能の幅が広がっています。

例えば、K-mにもついていたんですけど、「デジタルフィルター」という
PCにつなげなくても、フォトショップみたいな難しいソフトを使わなくても、カメラ内で、撮った写真を加工できる機能。
これ、やろうと思えば、組み合わせによって、無限に、撮った写真の加工ができるんですよ。
16種類の特殊効果があって、K-mには、なかったもの(「ミニチュア」とか、)も加わっています。

K-mを買ったときも、軽くて小さくて、このアート機能までついているのが魅力で買ったんです。私の撮り方がへたくそで、撮った写真がイマイチでも、加工すると、それはそれで、使えるものになるから、私は、この機能はとても、便利に使ってる。簡単だし、お金もかからないから、いいですよ。

さらに、フィルムユーザーに人気の「クロスプロセス」を一眼レフカメラで楽しめるようになりました。

016

私、カメラ講座で初めて知ったのですが、
シャッターを切るごとに、撮影した写真が幻想的で独自の色合いにランダムに変化するらしいのです。偶然性と不思議な絵づくりが楽しめるとか。

カスタムイメージでは、従来からあった「鮮やか」、「人物」、「モノトーン」などの他にも、「雅(MIYABI」)なんて仕上がりイメージも選ぶことができるようになっています。


カメラ講座では、ワンポイント講座:ボケ味のある写真の撮り方を、習いました。モードダイヤルを「Av」に合わせ、電子ダイヤルをまわして、F値を変えると、ピントが合った部分の前後のボケ具合が変わるということを習いました。

絞りを開ける(F●●の数字が小さい)と、ピントが合った部分の前後がボケて写ります。

028

また、絞りを絞る(F●●の数字が大きい)と、ピントが合った前後のピントがあったように写ります。

029

私が撮った写真は、手前のピンクのボトルに焦点を合わせて、後ろ側がボケた写真ですが、
一眼レフカメラの特徴として、後ろより、前の方が大きくボケるのだそうです。
今度、前ボケの写真も、意図的に撮ってみようと思う。

1ヶ月間、PENTAX K-xをモニターさせていただくことになりましたので、
また、後日、使ってみた感想をレポさせていただきますね。
特に、暗いところでの撮影とか、充実したアート機能を楽しみたいと思います。

【関連カテゴリー】
■ カメラ・写真

※ トレンダーズさんに、ご招待いただきました。


スポンサードリンク

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 

スポンサードリンク




かもめ食堂でおにぎりをのせていた器

送料無料でブランドコスメが70%オフに

君島十和子さんの美容情報はコチラから♪

カテゴリー
ブログの更新状況、たまにひとりごと
メッセージ
このブログをたまに読む
Archives