歳を重ねると、目鼻立ちよりも健康的な肌質、髪質が印象を大きく左右するのを感じます。 「歳のワリに若く見える」より「綺麗な肌(髪)ですね」と言われるように努力しようと思うこの頃。
3月1日夜19時から、東京国際フォーラムで

「“遺伝子”を味方にする食生活」
〜ミス・ユニバースの食事法と長寿遺伝子〜

HBR(=『Health&Beauty Review(ヘルス アンド ビューティー レビュー)』)サービス開始記念講演会が開催されました。

レビュー記事は、こちらから 1部 2部 3部

お土産に、HBR会員サービスの一部である会員誌の見本もいただきました。

HBR会員見本誌(無料)


専門的なことが書かれているけど、キレイな写真も多く、読みやすいです。他では読めない、情報満載で、講演会でも触れられていたいたことを、さらに突っ込んで記事にしているから、より、理解も深まる感じ。

講演会で、カロリーの総摂取量を70%に減らすと、長寿遺伝子のスイッチをオンにするという動物実験(その時の記事はこちら)を見たときは、

「やっぱり、食べ過ぎはダメだ・・・。ダイエットしなきゃ・・・。」

と、食べたい時に、だらだらつまみ食いしてしまう自分の食生活を改めようと思うのでしたが・・・。
この、栄養バランスを保ちつつ、摂取カロリーだけを7~8割に抑える食事法(=カロリス)は、動物実験では、アンチエイジング、長寿の効果がみられたけど・・・。人が行うには、専門的な知識が必要で、普通の人には難しいみたい。

自己流でカロリー制限をするダイエットでは、若々しく長生きするのは難しいかも。興味があり、やってみるのであれば、栄養学を学び、専門家の知識を得ながら行う必要がありそう。また、カロリスの弊害も分かっているみたいよ・・・。

いいことばかりが一人歩きしないように、現段階で分かっている正しい最新情報が、見本誌にまとまっていました。興味のある方は必見だと思う。

d0953c81-s

また、2/23の講演会のゲストの藤原美智子さんのインタビュー記事も面白くて。

藤原さんも、はじめは、他人任せで、エステに整体にマッサージ・・・。いいと聞くものは色々トライして、やっていくうちに、カラダがほぐれることの快適さ、メンテナンスした後のカラダの軽さが実感できるようになりました。カラダが元気になると、自分でも何かしてみようかなという気力が、湧いてくるんですね。

・・・って、自己メンテナンスの意識がどうやって目覚めて、今に至るのかが書かれていました。はじめは、他人にケアしてもらうことにも、肯定的。やる気が自然にでてくると、自らやるようになり、美容の基本は、カラダにあるんだと、身をもって気づけるカラダに変わってくるようです。

はじめは、他力本願でもいいんだ。
自分でできるところから、はじめて、続けようと、気が楽になるような内容でした。
でも、彼女がほんとにすごいのは、続けているってこと!なんだよなと思う。自分のカラダを知って、めでることにつながることも書かれていましたが、その気づきこそ、私にとって、目からウロコでした。

他にも、遺伝子コスメとか、オーガニックコスメとか、コスメの情報も。
オーガニックブームが静かに訪れていますが、オーガニック化粧品の品質を認証する基準はバラバラ、効果についても、実証不足で、消費者も混乱気味。

取り巻く現状を客観的に、いいところも悪いところも中立的に記事にかけるのは、やはり、特定のスポンサーがつかないからこそ、できるんだろうな。

モヤモヤ疑問に思っていたことが、その道の専門家の方たちによって、ストレートに、いいところも悪いところも、両方書かれているところが、他誌とは違うところ。見本誌も内容が濃くて面白かったです。^ω^

この見本誌は、こちらから、無料で申込みできます。

講談社『Health&Beauty Review(ヘルス アンド ビューティー レビュー)』

ブログランキングに参加しています。
1クリック押してくださると励みになります♪

【関連カテゴリー】
■ アンチエイジング グルメ
■ アンチエイジング

※ トレンダーズさんのモニターに参加しています。

>>美人手帳 topページへ


スポンサードリンク

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 

スポンサードリンク




かもめ食堂でおにぎりをのせていた器

送料無料でブランドコスメが70%オフに

君島十和子さんの美容情報はコチラから♪

カテゴリー
ブログの更新状況、たまにひとりごと
メッセージ
このブログをたまに読む
Archives