歳を重ねると、目鼻立ちよりも健康的な肌質、髪質が印象を大きく左右するのを感じます。 「歳のワリに若く見える」より「綺麗な肌(髪)ですね」と言われるように努力しようと思うこの頃。

毎年、カラダが動くのは、10月末ぐらいまで。
一気に冷え込む11月に入ると、冷え症の私は、カラダが思うように動かない。
起きていますが、ほとんど、春まで、冬眠状態になってしまいます。

爬虫類のように、外気の温度に敏感なカラダ。
家族には、四季の移り変わりが、分かりやすいといわれます。

カラダを冷やさないようにすることは、心がけていますが、
もともと、カラダの巡りが悪いようで、温めると、脚は冷たいのに、上半身は、のぼせる、冷えのぼせになってしまったり・・・。
意識して、体温を上げること(例えば、発汗を促し、めぐりをよくする入浴剤を入れ、毎日、じっくり半身浴をするとか。)をしないと、あまり汗もかけません。
特に、冬は安眠のためのサプリメントなしでは、足先が冷えて、なかなか寝付けず、眠りも浅いようで、夜中に、トイレに起きたり・・・と、すでに、おばぁちゃんのようです。(;^ω^)

そんな、私なのですが・・・

外は寒くても、お風呂上がりのように、全身の巡りをよくして、気持ちよく、元気ハツラツのサポートをしてくるサプリメントがある☆

ということで、今、モニターさせていただいています。
(サプリメントなら、飲むだけですからね。すぐ、飛びつきましたよ。)

010グリコ αG(アルファージー)ヘスペリジン

青みかん生まれの「αGヘスペリジン」というサプリメントです。
実は、これ、グリコが開発しています。一粒で2度おいしい「アーモンドグリコ」とか、一粒300mのグリコ(キャラメル) \ ( ^ω^ ) /のあのグリコです。
(・・・と、いっても、若い人は、かえって、わかんないかも・・・。(;^ω^)『おとなグリコ』の方が分かるかな。)

ヘスペリジンって、特に青いみかんの皮に多く含まれていて、巡りをよくして健康に役立つ有用成分なのだそう。

社名の由来でもあるグリコーゲン(糖)の研究を長年してきたグリコの研究員が、ヘスペリジンと糖をくっつけることに成功し「αGヘスペリジン」が誕生しました。

糖とくっつけることによって、ヘスペリジンが水に溶けやすくなって、吸収性も3倍に向上しました。
パッケージに書かれた成分をみると、超シンプル。

<内容物>トレハロース、糖転移ヘスペリジン、乳化剤<被包材>ゼラチン

たった1粒で、転化糖ヘスペリジンが、250mgとれ、どーん \ ( ^ω^ ) / と、青みかん15個分相当のヘスペリジンがとれちゃうのです。
子供のころ、手のひらが黄色くなるぐらい、みかんを食べましたが、さすがに、毎日、青みかんを皮ごと15個は食べられませんから、画期的です。

グリコ αG(アルファージー)ヘスペリジン


実は、10月の下旬から、毎日1粒づつ飲んでいます。
「αG(アルファージー)ヘスペリジン」の健康効果は、いかに
また、後日、報告させていただきますね。^ω^

αGヘスペリジン

αGヘスペリジン

ブログランキングに参加しています。
1クリック押してくださると励みになります♪

【関連カテゴリー】
■ 冷え解消
■ インナービューティー・サプリメント・ドリンク

>>美人手帳 topページへ


スポンサードリンク

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 


かもめ食堂でおにぎりをのせていた器

送料無料でブランドコスメが70%オフに

君島十和子さんの美容情報はコチラから♪

カテゴリー
ブログの更新状況、たまにひとりごと
メッセージ
このブログをたまに読む
Archives