歳を重ねると、目鼻立ちよりも健康的な肌質、髪質が印象を大きく左右するのを感じます。 「歳のワリに若く見える」より「綺麗な肌(髪)ですね」と言われるように努力しようと思うこの頃。

秘密の『密』って書いて、なんて読むのかなぁ…と思っていたら、

hisoca(ひそか)

って、読むんですね。

密 〜hisoca〜


しかも、容器は、黒い瓶で、ますます、ナゾに包まれています。

でも、このインパクトのある感じは、女性誌のきれいになるお取り寄せの特集などでも、よく見かける。

ネイリストの黒崎えり子さん
ホリスティックビューティーを提唱されている岸紅子さん

らが、美味しく飲める美容飲料として、紹介されていたのをみたことがあります。

密 〜hisoca〜 は、西洋のハーブと東洋の和漢植物の考え融合し、伊勢丹BPQCと大正製薬が共同開発したハーブ濃縮飲料です。もともとは、イギリスのおうちでつくる健康飲料「ハーブコーディアル」をヒントにできたそう。

黄色の密(hisoca)/生姜は、生姜ベースに、桂皮や甘草など11種類の植物を配合。
赤い密(hisoca)/蔓苔桃は、クランベリーをベースにオリーブの葉やカモミールなどを配合しています。

『生姜』ベースは、冷えと冷えによる様々な不定愁訴によさそう・・・って、なんとなく分かる。冷えは女の大敵。寒い時期はもちろん、これからの季節、冷房が苦手な方、素足で頑張りたい方にいいですね。

ですが、『蔓苔桃=つるこけもも・クランベリー』ベースって、何にいいのかなと思ったら、

クランベリーアンバサー(親善大使)に任命されている岸紅子さんが、ビエナ日記に、ちらっと、書かれていました。(以下、抜粋)

クランベリーって、欧米ではすごくメジャーな果物で
お肉のソースにもよく使われるし、ジュースもポピュラー。
健康維持のために愛飲している人も多いんですって。

でも、日本ではそこまでなじみが無かったですよね。
ただ、成分を見てみると確かにメリットは高そう。
アンチエイジング成分として注目されている
抗酸化力の強いポリフェノールが他の果実より
段違いに多く含まれています。
なんでも、赤ブドウの1.5倍とか。

アンチエイジングにいいとなると、ぐっと、魅力的に思えてきました。
他にも、米国クランベリーマーケティング協会のHPによると、美白やデトックスなどにも、いいようです。

さらに、西洋のハーブと東洋の和漢植物の考え融合して、創られているから、相乗効果がありそう。いつもスラッとしていたい方やキリッと立っていたい方にお勧めのようだから、夕方になると靴がきつくなると感じるむくみやすい方などにもいいみたい。

基本の飲み方は、大さじ1の「密」を水で5倍ぐらいに薄めれば
飲んでみると・・・

美味しくって、あっという間に飲んじゃいました。

ハーブ飲料って、飲みにくいイメージがありますが、これは、イケル。
スッキリ、美味しくて、飲むのが楽しみになるぐらい。いくらカラダによくても、美味しくないと続けられないですよね。これなら、忙しくても、続けられるインナーケアドリンクだと思います。

お水で薄めるほかにも・・・

  • 牛乳で割って、まろやかにしたり
  • りんごジュースの爽やかな風味でいただいたり、
  • 炭酸水で割ってすっきり、ノドも気分も、リフレッシュしたり
  • ヨーグルトにかけてデザート感覚でいただいたり
  • お湯で割って、カラダもポカポカ温まるひとときを楽しんだり

と、色々、楽しめそう。

他にも、

の全5種類のラインナップ。
それぞれ味や効果効能が違うから、ぴったりのものを選ぶ楽しみもあります。

普通に買うには、ちょっと、お値段が高いけど、飲んでみたい☆、と思うものをいただくのは、嬉しいもの。さらに、品物のクオリティーはもちろんのこと、ラベルやパッケージの美しいものは、贈り物にもぴったり。

大げさにならず、相手がちょっと、楽しんでくださるような『カラダにいい』贈り物って、きっと、嬉しいと思うし、やっぱり、自分が飲みたいかな。(;^ω^)

女性のカラダとココロにやさしい「ハーブ濃縮飲料」

ブログランキングに参加しています。
1クリック押してくださると励みになります♪

【関連カテゴリー】
■ 
アンチエイジング グルメ
■ インナービューティー・サプリメント・ドリンク

>>美人手帳 topページへ


スポンサードリンク

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 

スポンサードリンク




かもめ食堂でおにぎりをのせていた器

送料無料でブランドコスメが70%オフに

君島十和子さんの美容情報はコチラから♪

カテゴリー
ブログの更新状況、たまにひとりごと
メッセージ
このブログをたまに読む
Archives