歳を重ねると、目鼻立ちよりも健康的な肌質、髪質が印象を大きく左右するのを感じます。 「歳のワリに若く見える」より「綺麗な肌(髪)ですね」と言われるように努力しようと思うこの頃。

3月6日に発売されたロレアルパリ リバイタリフト ダブルアイ ファーミングのBlingモニターキャンペーンに参加することになりました。

ロレアルパリ リバイタリフト ダブルアイ ファーミング

ロレアルパリ リバイタリフト ダブルアイ ファーミングは、世界で一番売れているアイクリーム。
世界的に展開するエイジングケアブランド ロレアルパリさんからダブルポンプのアイトリートメントがいよいよ、日本でも発売になりました。

お正月にドバイに旅行に行って、先行販売されているのを見たのですが、びっくりしましたね。

ロレアルパリ リバイタリフト ダブルアイ ファーミング

ひとつのコスメなのに、ポンプが2つ。

ロレアル パリ リバイタリフト ダブルアイ ファーミングロレアル パリ リバイタリフト ダブルアイ ファーミング

2つのポンプから、それぞれ、白いアイクリームピンクのアイジェルが別々に出てくるんですから。

■ 白ポンプから、白いアイクリーム
  
加齢とともに薄くなってくる下まぶた用。くま、シワ、たるみに対処し、気になる部分もなめらにするクリーム。
■ 赤ポンプから、ピンクのアイジェル
  
気になるたるみをピンと引き締める上まぶた用のジェル。

という具合に、色別に分かりやすく、それぞれ、アプローチが違うんです。
これ一つで、きめ細やかなアイトリートメントができちゃうわけですね。

面白そうだし、アイクリームとアイジェルと、ふたつが1セットで、お手ごろ値段だから、買っちゃおうかなぁと思ったのですが、その時は、ぐっと、我慢。
日本女性の肌とニーズに合わせて、パリと日本の研究所で共同開発されたものが、きっと、近々、日本でも、登場するはず☆と、思い直して、楽しみに待ってたわけです。

 

目まわりのエイジングケアは、去年あたりから、気になってたんですよ。
撮ってもらった自分の写真をみると・・・

若い頃は、はれぼったいながらも、ぱぁ〜んハリのあった上まぶたが、
今では、下がり、ゆるみ、膨張した印象になっています。
特に、目尻側にたるみが気になります。

下まぶたは、一見、あまり、変化がないようなのですが、しわの数を測定できる機械で拡大写真を撮ってもらうと、細かいしわが刻まれているのが分かるんですよね。

あと、くまなのか、くすみなのか・・・。(;^ω^)
目元のケア(アイクリームをつけるとか、マッサージをする。血行をよくするアイマスクも必需品です。)をするのとしないのとでは、ずいぶん印象がかわっちゃうようになっちゃって・・・。(;^ω^)若い頃は、そういうのって、あまりよく分からなかったんですけどね・・・。

それに、なんだかね・・・印象が母に似てきたなぁ・・・なんて。(爆)
写真って、ほんと、客観的に見れて、怖いです。いつも鏡で見る顔と微妙に違うんだもの。(苦笑)

1週間ほど使ってみた感じは・・・

なんだか、目もとがすっきり。使用感も、気持ちがいいのです。

上まぶたには、ピンクのジェルを塗るのですが、 ジェルは乾いてもカピカピしない。
下まぶたには、白いクリームですが、潤って、すっと、伸びます。

片目につき、それぞれ、米粒大の量で充分なので、かなり使えそうです。
また、ポンプ式というのも、衛生的で、使い勝手がいいです。

どちらが上まぶた用だったけ、下まぶた用だったっけと迷っても、裏側のパッケージにちゃんと、書いてあるので大丈夫。

ロレアルパリ リバイタリフト ダブルアイ ファーミング

デリケートな目元にも、使う人にも優しいのは、ありがたいですね。
かゆいところに手が届くような配慮を感じます。

 

また、使用3週間めあたりに、その後のレポを書かせていただく予定です。
比較のため、目元の写真も撮りましたので、3週間後、何らかの変化がご報告できると、面白いんですけどね。どうぞ、お楽しみに

というか、私が楽しみです。^ω^(3週めの様子は、こちらから)
>>ranking

リバイタリフト 
世界で一番売れている リンクルゾーン ケアブランド ロレアル パリ
『リバイタリフト ダブルアイ ファーミング』ブログモニター実施中!

ブログランキングに参加しています。
1クリック押してくださると励みになります♪

【関連カテゴリー】
■ 
美肌
■ コスメ

>>美人手帳 topページへ


スポンサードリンク

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 

スポンサードリンク




かもめ食堂でおにぎりをのせていた器

送料無料でブランドコスメが70%オフに

君島十和子さんの美容情報はコチラから♪

カテゴリー
ブログの更新状況、たまにひとりごと
メッセージ
このブログをたまに読む
Archives