歳を重ねると、目鼻立ちよりも健康的な肌質、髪質が印象を大きく左右するのを感じます。 「歳のワリに若く見える」より「綺麗な肌(髪)ですね」と言われるように努力しようと思うこの頃。

パンテーン ティアラプロシェクト 2008 特別イベントでは、グランプリを受賞された花嫁さんの密着ドキュメンタリーと古内東子さんの生ライブに涙しっぱなしだったのですが・・・。

パンテーンティアラプロジェクトの準グランプリに輝いた女性の方が、実は、ドラマティックだったんです。その様子は、MORE 12月号を見ると分かります。

MORE12月号

今回のプロジェクトの応募は、354名。
書類選考後、60人ぐらいに絞り、3回、面接。新郎もまじえて、パンテーンの人は、休日返上で、面接したそうです。
おもに、どんな花嫁になりたいかということを話たそうですが、それぞれに、ドラマがあって、選ぶのがすっごく、大変だったそうです。

準グランプリの森真希さんは、

彼と出会ってから、8年・・・
結婚式で、もう一度『ひとめ惚れ』して欲しくて、応募したそうです。

グランプリを受賞した方は、結婚のとき、家から送り出す、古き日本の家庭のようでしたが、最近は、同棲している人も多いようです。それだけに、結婚前なのに、すでに空気のような関係になってしまった気持ちをリフレッシュさせたい。最初に出会ったころのように、ドキドキしてほしいという、女ゴコロからでした。

結婚式で確認できたのは、お互いが、かけがえのない存在であるという事実、相手を大切に想う気持ち。準グランプリの方の笑顔もまぶしかったです。世界一美しい花嫁の誕生、そして感動の挙式までのストーリーは、MORE12月号で一挙掲載中です。

ところで、このパンテーンのティアラプロジェクトですが、応募に年齢制限ってないそうですよ。

2008年は、MOREとのコラボレーションですが、以前は、ゼクシーと企画していました。その時に、アラフォーのティアラプロジェクトの案もあったのだそうです。初婚はもちろん、再婚でも、そんなの関係ありません。頑張るあなたをもっとキレイに、もっと幸せになって欲しい・・・という応援プロジェクトに年齢は関係ないでのす。

パンテーンとゼクシーさんとの間では、こんな裏話も・・・。

再婚の方が派手な結婚式をするのだそうです。
特に、男性の方が、前よりいい式をあげたいという思いが強いそう。

チャンスですよね。世界一キレイな花嫁になる ティアラプロジェクト。キレイになりたい思いを、このプロジェクトのために結集したビューティスペシャリストたちがバックアップ。
まじめで、忙しい人こそ、応募しない手はないんじゃないかと思います。

結婚前の14日間、キレイを頑張れないで、いったい、いつ頑張るというのですか。(・・・と、自分の過去は、おいておいて。(;^ω^))

2009年 パンテーン&MORE ティアラプロジェクト

MORE12月号を読んでいたら、緊急予告!2009年もティアラプロジェクトやります!と書かれていましたよ。パンテーンとMOREの強力タッグで、キレイになりたい花嫁さんをフルサポートしてくれたら、これほど、心強いものはないと思います。

詳細は、来年の春に発表されます!
結婚する人もしたい人もMORE 12月号は必見!です。(12月号は、「スピック&スパン フラワーエコバック」も特別付録についているので、なかなか、豪華です。最近の女性誌は、付録も魅力ですね。)

パンテーン公式HP



【パンテーン ティアラプロシェクト 2008 関連記事】
■ ☆.:*・゜゜世界一キレイな花嫁への14日間☆.:*・゜゜ パンテーン ティアラプロシェクト 2008 特別イベント
■ ☆.:*・゜゜世界一キレイな花嫁への14日間☆.:*・゜゜ パンテーン ティアラプロシェクト 2008 パンテーンのCMソングはこの人が歌っています。

【関連カテゴリー】
■ まとめ髪・ヘアケア

いつもありがとうございます^^に参加しています。

 >>美人手帳 topページへ


スポンサードリンク

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 




かもめ食堂でおにぎりをのせていた器

送料無料でブランドコスメが70%オフに

君島十和子さんの美容情報はコチラから♪

カテゴリー
ブログの更新状況、たまにひとりごと
メッセージ
このブログをたまに読む
Archives