歳を重ねると、目鼻立ちよりも健康的な肌質、髪質が印象を大きく左右するのを感じます。 「歳のワリに若く見える」より「綺麗な肌(髪)ですね」と言われるように努力しようと思うこの頃。

水沢うどんの通販専門店 『水沢うどん 遊喜庵(ゆうきあん)』から、坦々つけうどんを取り寄せました。

8d7d548b.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「遊喜庵(ゆうきあん)」は、水沢うどんの名店「大澤屋」がプロデュースする、水沢うどんの通販専門店です。

新商品の「坦々つけうどん」は、期間限定・通販限定の商品。しかも、嬉しい送料無料!でした。

セットには・・・

坦々つけうどん セットの内容

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・謹製水沢うどん:150g×2袋(2人前)
・坦々つけ汁×2袋

謹製半生うどんは、本来日持ちのしない水沢うどんを家庭でも手軽に食べられるよう、添加物を加えず乾燥具合の調整だけで仕上げた、人気の商品なのだとか。

水沢うどんに、坦々つけ汁が1人分づつ分封でセットになっているというのが、嬉しいです。
うどんをゆでるだけで、すぐ、食べられちゃうわけですよね。

早速、食べてみました・・・

水沢うどんと坦々つけ汁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水沢うどんは、たっぷりのお湯で7~9分ほど、好みの加減にゆで、冷水に取って、冷やし、洗います。

坦々つけ汁は、袋のまま、湯せんで温めます。(温めないと、脂が固まっています。)

水沢うどん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水沢うどんの美味しさは、いまさら書くのも…というぐらい、艶々、もっちりして、美味しいのは、重々分かっているのですが・・・

坦々つけ汁もすごくおいしくて、はまりました!
量もたっぷりあって、1人分の水沢うどんだけでは、十分余るぐらいありました。
うどんのおかわりをしてもいいぐらいたっぷりです。

坦々つけ汁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

濃厚なゴマの風味の坦々つけ汁に、ゴロンと何か入っていると思ったら・・・

ザーサイのスライスが入っていました。この歯ごたえと味が坦々つけ汁のいいアクセントになっていると思います。
ひき肉も思った以上に、多めに入っていて、贅沢だなと思いました。

実は、坦々つけ汁が真っ赤なので、辛いものが苦手な夫は、坦々つけ汁で水沢うどんを食べなかったのですが、私は、すごく気に入りました。夫は、心配なものには、手をださない、石橋をたたいても渡らないような人ということと、私がすごく坦々つけ汁を気に入ったので、別に嫌がる人に無理に食べていただかなくてもいいんじゃないかと・・・・。(;^ω^)

と、いうわけで、水沢うどんの美味しさを知っている夫は、麺だけ、好みのしょうゆ味のつゆでいただいていました。坦々つけ汁は、2袋とも、辛いのとゴマが大好きな私が美味しくいただきました。水沢うどんとも美味しかったけど、ゆでたチンゲン菜・きゅうりの千切り・豆もやしとの相性も良く、モリモリ野菜も美味しくいただけました。

一式全部入ってて、簡単に調理というか、ゆでるだけ、温めるだけ!
家庭で美味しい水沢うどんが食べられるのは魅力ですね。

2人分の坦々つけうどんを特別価格・送料無料で送ってくれるサービスは、期間限定。

また、「坦々つけうどん」 2人前を10名様にプレゼント!キャンペーン中です。
(応募は、〜06月22日22時00分まで)



水沢うどん 遊喜庵 「坦々つけうどん」

※ B-Promotionのモニタープロモーション参加記事

【関連カテゴリー】
■ プチ はっぴぃ〜♪
■ 心地よい暮らし

人気ブログランキングに参加しています。
とても役に立ちましたと、思ってくださった方は、クリックしていただけると、嬉しいです。
ありがとうございます 

>>美人手帳 topページへ


スポンサードリンク

Comments

    • イヴォンヌ's comment
    • 2008年06月18日 20:01
    • 水沢うどんはおいしいですよねぇ〜

      坦々つけ汁おいしそう!
    • watanabe's comment
    • 2008年06月18日 21:44
    • イヴォンヌさん、コメントありがとうございます。

      坦々つけ汁、辛いものが特にな人は、はまると思います♪
      私は、今までのもの中では、今のところ、
      これが、一番好きです。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 

スポンサードリンク




かもめ食堂でおにぎりをのせていた器

送料無料でブランドコスメが70%オフに

君島十和子さんの美容情報はコチラから♪

カテゴリー
ブログの更新状況、たまにひとりごと
メッセージ
このブログをたまに読む
Archives