「歳のワリに若く見える」より「綺麗な肌ですね」と言われるように努力します。(笑)

ウーマンジャパン 美容研究所さんからいただいた、乙女の試練という入浴剤。
お湯の色や香りがちょっと、私の好みではありませんでしたが、効果的なお風呂の入り方を指南している鬼コーチ・風呂田蒸太郎の修行戒律が今までにない入浴剤で画期的でした。この戒律を守って入浴すると、お手頃価格の入浴剤とは思いないぐらい汗が出て爽快です。

普段、私のお風呂タイムは、ケータイや雑誌を持ち込んでゆっくり、半身浴が多かったのですが、その後、体調がいいときは、温冷浴もいいなと、開眼して実行しはじめました。

確か、君島十和子さんもお風呂大好きで、どこかで、温冷浴について語っていたな…と思いだして調べてみると・・・。

お風呂で手軽にできる十和子さん流のアンチエイジングテクニックが紹介されていました。

1日に2回入ることもあるくらい、お風呂は大好き。2回というのは、早い時間に娘と一緒に入って、次は娘たちが寝静まってからひとりで入るんです。娘が一緒のバスタイムは娘の世話だけで手一杯。そこでは自分のケアができないので、深夜のひとりのバスタイムの時に半身浴をしながら本や雑誌を読んだり、バスソルトやアロマ等をゆったりとした気分で楽しんでいるんですよ。

と十和子さん。バスタイムを決してルーティーンにはせず、リラックスをしながら美しさに磨きをかけていらっしゃる様子が伺えます。その中には、十和子さん流のスペシャルなバスタイムの過ごし方が隠されているようで……。

私がお風呂でのアンチエイジングによさそうだなと思うのは、熱めのバスタブにつかって充分に身体を温めてから、冷水シャワーを浴びる“温冷浴”。1分づつ計7〜10回くらい!繰り返すのですが、とても血流がよくなるんです。

手先や足先の毛細血管まで刺激が届くのでむくみや冷えの解消になっているのを感じます。血流が滞っていると老化も早くなるので、アンチエイジング効果も期待できると思います。

コツは最後を“冷”で終えること。
最後に血管を引き締めておくと、お風呂から出た後に血流がよくなって、身体がポッと温まっているのを実感できます。

体調が悪いときにすると5回目くらいでフラフラしてくるので、体調のいいときに試してください。

十和子さん流の温冷浴のコツは最後を“冷”で終えること!
美の花道への修行戒律にまた、ひとつルールが加わりました。
しかし、温冷浴を7〜10回ぐらい繰り返すなんて・・・。
さすが、十和子さま・・・ルックスは、コンサバより若くて華やか、ギャルより可愛くてリッチ、根性はジャガー横田さんにも負けていないんじゃないでしょうか。ツワモノデスネ・・・。(;^ω^)

また、2時間で1糎困癲十和子さん流 お風呂ダイエット術も・・・

私の場合は体重が少し増えたかなと思った時に炭水化物を控えめにして、お風呂に2時間くらい入ります。そうすると代謝がよくなるのか、確実に1キロくらいは体重が減ります。

その時のお風呂の過ごし方は身体を一カ所づつ洗いながら、ゆっくりと熱めのバスタブにつかります。発汗を促すためにも水分はお風呂に入る前にたっぷりとって、お風呂から出たあとの水分は控えめにするように心がけることも大切です。

引用は、Te-mi-ru(テミル)内の「君島十和子オフィシャルサイト『キレイの秘密』」からです。
ただ、テミルは5月29日(木)にサービスを終了してしまうので、十和子さんのコンテンツの閲覧もそれ以降、できなくなってしまうんですよね。


すごく残念なんですけど・・・

まだスタートは未定なのですが・・・
夏くらいに十和子さんのブランド、フェリーチェ・トワコのウェブサイトも始まる予定だそうです♪

【関連記事】
■ 【乙女の試練】 ガンガン燃やせ!!『温冷交互浴修行』編
■  【乙女の試練】 ドンドン出せ!!『半身浴修行』編

【関連カテゴリー】
■ ボディーケア
■ 君島十和子さん

ブログランキングに参加しています。
1クリック押してくださると励みになります♪

 >>美人手帳 topページへ


スポンサードリンク

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 

スポンサードリンク




かもめ食堂でおにぎりをのせていた器

送料無料でブランドコスメが70%オフに

君島十和子さんの美容情報はコチラから♪

カテゴリー
ブログの更新状況、たまにひとりごと
メッセージ
このブログをたまに読む
Archives