歳を重ねると、目鼻立ちよりも健康的な肌質、髪質が印象を大きく左右するのを感じます。 「歳のワリに若く見える」より「綺麗な肌(髪)ですね」と言われるように努力しようと思うこの頃。

石澤研究所 さんから、ラブドロップス ティアベイビーディープアイライナーをモニターさせていただきました。

42cf82c4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと泣ける ラブドロップス ティアベイビー進化したナノカーボンブラックの耐涙性高分子ポリマーがぴたっとくっついてラッピング。
つけたままのくっきり濃厚ラインを一日中キープ。
コシのある極細筆なので自由自在なラインが描けます。

ティアベイビーディープアイライナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイライナーですが、ユニークな文庫本のようなパッケージ。
(この文庫本のようなパッケージにもある秘密があるんですよ。秘密の種明かしは、後ほど・・・。)

実際、開けてみると・・・

本当に、細いです!極細っ!

ティアベイビーディープアイライナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、あくまで私の基準なんですが、

私の目は、しっかり、起きてても、寝起きのような目元。
奥二重なので、太めにアイライナーを引かないと、ラインを引いたと分からないんです。そんな私なので、もっぱら使うアイライナーは、繰り出し式のものでした。

ただ、うわまぶたに、ぐっと、太く引くから、にじむアイライナーを使うと、午後には、下まぶたがしっかり黒くなっちゃうっていうこともあります。それに、去年から、囲み目って、流行りましたよね。だから、このにじみにくいという筆タイプのアイライナーは、ぜひ試してみたかったのよ・・・。

しかし、これだと、どれだけ太くひかないといけないか・・・。(私の場合)

と言うわけで上ラインの使用は・・・個人的には、いま一つ。

と、一度は思いましたが、

どうせ太く入れるなら、60年代の洋画に出てくる女優のような、目尻にポイントをおいた女らしい跳ね上げラインなんて、やりやすそう・・・。

で、やってみました。この、ぼんやり暗い目元が・・・

マスカラ使用前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

跳ね上げライン

 

 

 

 

こういうのは、やったことがありませんでしたが・・・。
綺麗なラインが簡単にひけるから、初めてもで、やれば、それなりに、できちゃいますね。ひと手間で、かなり、印象を操作できて面白いです♪

私の場合は、うわまぶたが重いので、かなり書いています。
でも、この写真を見ると、もっと、太く引いて、遊んでも面白そうに思いました。
跳ね上げラインは、奥二重、細い目、タレ目さんにお薦め。
ぼんやり目元もシャープな切れ長アイにしてくれるテクです!

また、「CHICCA」のメークアップアーティスト 吉川康雄さんが提唱するショートウィングと呼ばれるアイラインの引き方。
目尻寄り3分の1を基点に、こめかみの方向にラインを跳ね上げる手法。目尻の3分の1を強調して、目元をピンとリフトアップして見せる効果があります。
年齢にとらわれずもっと化粧を楽しみ人生も楽しみたいですね。


実は、はじめは慣れませんで、練習しました。

コシのある極細筆なので自由自在なラインが描けますが、この極細筆がなれないと・・・・・

手が震えちゃう。

震えるとラインが波打って、細くてキレイなカクカクした線が鮮明に書けます。良くも悪くも書き味がよく、にじまず、はっきり、綺麗にかけるので、(アイライナーはリキッド!でない方は、)はじめは、練習が必要かもしれません。

あと先端恐怖症の方は、ちょっと、怖いかも。
テスターなどで、一度、確認してみると、自分は大丈夫か分かっていいかも。

色は、漆黒とパッケージには書かれていますが、どぎつくない黒。
カーボンのような艶なしの真っ黒でなく、艶があるからぬれているような上品な目元になって、いい感じです。
まつげのスキマを埋めるように書くと、「黒いライナー引きました!!」っていうわざとらしさがありません。

泣いても落ちないと書いてあるけど私の場合、時間たつと多少薄くなりました。でも、にじんだり、汚く落ちるという感じではないので、簡単に化粧直しできれば問題ないと思います。

モニター期間中、ロマンチックなシチュエーションで泣きませんでしたが、目薬はさしてみました。ちょっと、目薬をさした程度では、にじみませんね。
PCなどで、目を酷使する方は、目薬 必需品だと思います。頼もしいです。

ローズの香りは、弱め。
でも、敏感な粘膜の際に塗るものなので、あまり、香料が強くない方が私は好ましいです。

ティアベイビーディープアイライナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

囲み目も、目尻下げラインも、ハネ上げラインも、まつげのスキマを埋めるように描くのも自由自在。文庫本型のパッケージを開くと、中に、アイラインテク3連発も紹介されているので、参考になりますよ♪

落ちにくいのに、ぬるま湯で落とせるのも、嬉しい。
石澤研究所 公式サイト
他にないような魅力的な物ばかり作っているので、大好きです

【関連カテゴリー】
■ コスメ
■ 石澤研究所

人気ブログランキングに参加しています。
とても役に立ちましたと、思ってくださった方は、クリックしていただけると、嬉しいです。
ありがとうございます

 >>美人手帳 topページへ


スポンサードリンク

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 


かもめ食堂でおにぎりをのせていた器

送料無料でブランドコスメが70%オフに

君島十和子さんの美容情報はコチラから♪

カテゴリー
ブログの更新状況、たまにひとりごと
メッセージ
このブログをたまに読む
Archives