歳を重ねると、目鼻立ちよりも健康的な肌質、髪質が印象を大きく左右するのを感じます。 「歳のワリに若く見える」より「綺麗な肌(髪)ですね」と言われるように努力しようと思うこの頃。

「セルリアンタワー東急ホテル」の1F ガーデンラウンジ坐忘(ざぼう)で待ち合わせ。

私は、初めて来たのですが、渋谷とは思えないよな大人な雰囲気のラウンジでした。吹き抜けの空間と、全面ガラス張りから見える庭園。落ち着いた開放感のあるガーデンラウンジでした。ガーデンラウンジの絨毯も、日本庭園のような柄にしているみたい。

私がいただいたのは、9月限定フェアーのフレーバーつきのホワイトティー(白茶)No.57。中国茶をとりあつかっているお店で、白茶はいただけるけど、フレーバーつきというのは、珍しい。

お茶も珍しかったんですが、出てきたティーポットがちょっと、面白かった。

ティーポット 1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きなポットが、横になって出てきたんです。

初めて見ましたよ、こんなの・・・。(笑)

ティーポット 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「砂時計の砂が下に落ちたら、ポットを立てて、お召し上がりください。」

なんて、言われましたが・・・、ちょっと、触るのに躊躇するような登場の仕方で・・・。

でも、まぁ、立てますよね。ただただ、見ているだけでも、なんですから・・・。

ティーポット 3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんと、しっかり、立ちました。

ティーポット 4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お茶を注いで・・・・。

ティーポット 5 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか、ユーモラスな形ですよね。
・・・で、やっぱり気になるのは、ポットの内部がどうなっているかですよね。

ティーポット 6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポットを横にしていると、茶葉がお湯に浸かった状態になって、ポットを立てると、茶葉がお湯につかりすぎて、渋くならないように、お湯がきれるようになっているようでした。好みで濃いめのお茶が好きな方は、好きなだけ、横にしておけばいい仕組みのようです。

珍しい形のポットで面白いので、調べてみたら・・・

100年も前にある有名メーカーでも作られていた歴史ある形のポットのようです。(現在は、ロンネフェルトが特許をとっています。)

こういう、無駄というか、遊びがあるのは、ホテルならでは・・・。このポット、結構、場所とるから、余裕のあるところじゃないとねぇ。一見、一人では、飲みきれないぐらいお茶が入っているようにみえるけど、そうでもないです。

ホワイトティー(白茶)も、中国茶の専門店に行くと、売られていますけど、ここのは、ビューティーに特化した4つのフレーバー(As White/Her Tea/Venus Vital/Can Can Can)が用意されていました。

私が選んだのは、ヴィーナスバイタルという、ピンクローズの香りのするホワイトティーです。浄化を促し、心身ともに、キレイにしてくれるそうです。ローズのお茶って、あまり、好きではないのですが、これは、ほのかな上品な香りで、美味しかったです。

No.57のお茶は、取扱店がまだ少ないようですが、新丸の内ビル3FのKENZOKIなどでも、いただけるようです。(>>国内での販売店

タイ本国では、“白いお茶”はホワイトティーと呼ばれ、高尚な香りとその希少価値ゆえに、とても大切に飲まれている高級飲料。また、緑茶の3倍以上のポリフェノールを含み、美白効果や成人病予防にも効き目があるそうです。

このラウンジでは「ホテル・クリオン」、「フォーシーズンズ・ホテル」 「ジョルジュサンク」などで活躍していたフランス人有名パティシエ「ローラン・ジャナン」氏のケーキを食べることができます。私は、お茶だけで、ケーキは食べなかったんですけど、ホテルにしては、手が込んでて、美味しそうでした。

お見合いとか、商談、親を連れてくるのに、いいよなぁ、こんなところ。渋谷駅から徒歩5分ほどなんですけど、旅行にでも行った気分にひたれました。

ガーデンラウンジ 坐忘 (ザボウ)
渋谷区桜丘町26−1  セルリアンタワー東急ホテル 1F
03-3476-3000 
無休 
10:00〜22:00 

【関連カテゴリー】
■ お茶・コーヒー
■ 美味しいお店

人気ブログランキングに参加しています。
とても役に立ちましたと、思ってくださった方は、クリックしていただけると、嬉しいです。
ありがとうございます

 >>美人手帳 topページへ


スポンサードリンク

Comments

    • Happyoko's comment
    • 2007年10月14日 10:43
    • 私まさに前職の時に商談で使っていました^^
      落ち着いた雰囲気で、とってもリラックスできるのがいいんですよね〜あぁ〜懐かしい♪
      またプライベートで行きたくなりました^^

      坐忘って、どんな意味なんでしょうね〜

      数回行ったことがあるのですが、なんだかあの時の緊張感と心地よさが甦ってくるようなそんな不思議な感覚です^^
    • watanabe's comment
    • 2007年10月14日 13:24
    • Happyokoさん、コメントありがとうございます。

      坐忘・・・ねぇ・・・。(只今、検索中)

      仏教の教えに「坐忘とは」 喧噪を離れ「無」の中に鎮座し、現前の世界を忘れ、雑念をのぞくこと

      ・・・なのだそうです。(なるほどねぇ。)

      「陰影礼賛」をコンセプトにしたつくりのガーデンラウンジのようですが、谷崎潤一郎さんの本のことでしょうか。ちゃんと読んでませんが、たしか日本家屋の陰影の素晴らしさについて語られているものでしたよね。
      こういう世界は、Happyokoさんの方が、ずっと、詳しそうです。

      商談には、よさそうですね。
      また、サービスの方も、あまり、世話をやいてくれない感じが、好都合な感じでもあります。

      坐忘も、夜行ったら、また、素敵そう。
    • ヤガモコ's comment
    • 2007年10月14日 14:48
    • このあいだは雨の中お疲れ様でした〜☆

      緑茶、中国茶、紅茶問わずお茶類が好きなのでこのお店とっても行ってみたいです。
      よく考えると渋谷って中国茶のお店多いですよね。

      このポットも変わっていて面白い!
    • watanabe's comment
    • 2007年10月14日 16:00
    • ヤガモコさん、コメントありがとうございます。

      No.57のホワイトティーは、先月の1ヶ月間だけだったみたいですけど、フランス人有名シェフのケーキやアフタヌーンティーセット、日本茶、中国茶・・・などなど、メニューすごく充実していました。

      あのポット、一回みると、もう、忘れられませんね。(笑)

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 




かもめ食堂でおにぎりをのせていた器

送料無料でブランドコスメが70%オフに

君島十和子さんの美容情報はコチラから♪

カテゴリー
ブログの更新状況、たまにひとりごと
メッセージ
このブログをたまに読む
Archives