歳を重ねると、目鼻立ちよりも健康的な肌質、髪質が印象を大きく左右するのを感じます。 「歳のワリに若く見える」より「綺麗な肌(髪)ですね」と言われるように努力しようと思うこの頃。
fa3d5e20.JPG

紀文の『魚河岸あげ』を使って、白いご飯にあう、バター照り焼きを作ります。

 

 

 

魚河岸あげのバター照り焼き【材料】

魚河岸あげ 4個
めんつゆ(2倍濃縮タイプ)大さじ2
砂糖 小さじ1/2
バター 5〜10g

おろししょうが 適量
大根おろし 適量

【作り方】

1  めんつゆに砂糖を混ぜる。
2 フライパンにバターを溶かし、魚河岸あげを入れて、弱火でじっくり焼く。
  焼き色がついたら裏返して、裏面も同じように焼き色をつける。
3 フライパンの中の余分なあぶらを紙タオルで拭き取り、,魏辰┐鴇しに詰める。返して裏面にもからめる。
4 器に盛り、おろし生姜と大根おろしを添える。

魚河岸あげがとても柔らかいので、歯ごたえのあるレンコンのきんぴらを添えて、いただきました。

※ B-Promotionのモニタープロモーション参加記事

ブログランキングに参加しています。
1クリック押してくださると励みになります♪


 【関連カテゴリー】
■ 豆腐・豆乳

 >>美人手帳 topページへ


スポンサードリンク

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 

スポンサードリンク




かもめ食堂でおにぎりをのせていた器

送料無料でブランドコスメが70%オフに

君島十和子さんの美容情報はコチラから♪

カテゴリー
ブログの更新状況、たまにひとりごと
メッセージ
このブログをたまに読む
Archives