歳を重ねると、目鼻立ちよりも健康的な肌質、髪質が印象を大きく左右するのを感じます。 「歳のワリに若く見える」より「綺麗な肌(髪)ですね」と言われるように努力しようと思うこの頃。

毎日の献立やお菓子作りにとっても役立つレシピサイト「レタスクラブネット」がこの春リニューアルしました。

それを記念して、わが家の冷たい「夏の麺」 投稿レシピコンテストを実施しています。

レタスクラブネット投稿レシピコンテスト


私も、最近、好んで作っているサラダうどんのレシピを投稿します。

 蒸し鶏と水菜のスパイシーサラダうどん

 【材料】(2人分)

蒸し鶏と水菜のスパイシーサラダうどん稲庭うどん 2食分

水菜 1/2ワ
鶏もも肉 1/2枚
生姜 1/2片
ねぎの青い部分 5cm
しらす干し 大さじ1
白髪ねぎ 10cm分

●ドレッシング
 マヨネーズ 大さじ2
 ゆず胡椒 小さじ1/2
 めんつゆ 小さじ1
 しょうゆ 少々

塩・酒・胡椒

【作り方】

1 耐熱皿に鶏もも肉、塩少々、酒をヒタヒタに入れ、ねぎの青い部分、生姜を包丁でたたいて並べ、ふんわりと、ラップをして、電子レンジ(600W)に3分かけ、鶏肉に火を通す。鶏肉の粗熱がとれたら、手で粗く裂く。
2 うどんをゆでる。
3 フッ素樹脂加工のフライパンにしらす干しを入れ、少し色づくまで空炒りする。
4 水菜は5cm長さに切る。
5 ボウルにドレッシングの材料を入れて混ぜ、水菜、蒸し鶏、白髪ねぎを加えてあえる。
6 うどんがゆで上がったら、氷水にとり、麺をしめ、よく水気をきる。
7 うどんを皿に盛り、イ鬚里察↓をちらし、胡椒少々をふる。

麺を少なめにしているので、うどんが見えません。
でも、これでも、下には、うどんが潜んでいるんですよ。

カリカリのじゃこと水菜のシャキシャキした歯触りが心地いいです。
スパイシーというのは、マイルドなマヨネーズにゆず胡椒を入れているからです。

ピーナッツを粗く刻んだものをかけたり、蒸し鶏の代わりに、豚肉のスライスをしゃぶしゃぶしたものを加えても、美味しいです。

【関連カテゴリー】
■ ベジタブル
■ アンチエイジング グルメ

人気ブログランキングに参加しています。
とても役に立ちましたと、思ってくださった方は、クリックしていただけると、嬉しいです。
ありがとうございます

 >>美人手帳 topページへ


スポンサードリンク

Comments

    • イヴォンヌ's comment
    • 2007年07月24日 20:42
    • おいしそうですねぇ〜!

      ゆずコショウを入れるとぴりっとしていいですよね。

      今度つくってみようかな♪
    • watanabe's comment
    • 2007年07月29日 16:03
    • イヴォンヌさん、コメントありがとうございます。

      ゆず胡椒が入ると、マヨネーズ味もちょっと、大人っぽいです。
      麺つゆとの相性もいいですよ。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 

スポンサードリンク




かもめ食堂でおにぎりをのせていた器

送料無料でブランドコスメが70%オフに

君島十和子さんの美容情報はコチラから♪

カテゴリー
ブログの更新状況、たまにひとりごと
メッセージ
このブログをたまに読む
Archives