歳を重ねると、目鼻立ちよりも健康的な肌質、髪質が印象を大きく左右するのを感じます。 「歳のワリに若く見える」より「綺麗な肌(髪)ですね」と言われるように努力しようと思うこの頃。
あのコラーゲンドリンク『フラコラ500』で有名な株式会社協和が開催しているKM野菜では、 KM野菜.com 夏野菜レシピキャンペーン を実施中です。 (7月22日まで)

KM野菜


私の場合、夏野菜でかかせないのは、ゴーヤ。
あの苦味が、夏の何となくダルくなったカラダをシャキッとしてくれるので、夏には、必ずいただく野菜のひとつです。

でも、ゴーヤというと、定番のゴーヤチャンプルー一辺倒。(笑)
でも、毎年食べたくなるような、レシピを見なくても作れるいつものアレもいいかなぁ・・・って、思ってます。

【材料】(2人分)

沖縄料理 ゴーヤチャンプルーゴーヤ 大1本(300g)
ランチョンミート 100g
木綿豆腐 1丁 
卵 2個
サラダ油 大さじ2
塩 適量
しょうゆ 少々
【作り方】

1 ゴーヤを縦2つ割りにし、スプーンで中の種とわたをとり薄切りにする。
   白い綿の部分をしっかり、スプーンでこそげとるように取り除くと、苦味があまり、強くなりません。
2 ランチョンミートを短冊に切る。
3 豆腐はふきんに包んで重石をし、水分をしっかり、きっておく。
4 フライパンにサラダ油を熱し、豆腐を大きめにちぎって入れ、塩で調味し、両面に焼き色がつくまで焼く。いったん、豆腐を皿に取り出しておく。
   豆腐を包丁で切らずに、手で大きめにちぎって焼くと、味がよくからまるし、素朴で温かみのあるチャンプルーになります。
5 空いたフライパンに、ゴーヤとランチョンミートを入れて、塩で味付けし、ゴーヤに火が通ったら、豆腐をもどす。溶き卵を流し入れ、全体に混ざったら、しょうゆを少々入れ、香りをつける。

 ランチョンミートの代わりに、豚バラ肉やツナ缶で作っても、美味しいです。

【関連リンク・カテゴリー】
■ 【フラコラ500】試してみました♪


■ ベジタブル
■ アンチエイジング グルメ


人気ブログランキングに参加しています。
とても役に立ちましたと、思ってくださった方は、クリックしていただけると、嬉しいです。
ありがとうございます


 >>美人手帳 topページへ 


スポンサードリンク

Comments

    • イヴォンヌ's comment
    • 2007年07月16日 22:19
    • ランチョンミートねぇ。おいしそうですね!
      今度試してみます♪

      私もゴーヤは好きで、ただ、サラダに入れて食べたりもします。生でも私はあの苦味は平気なので。

      やっぱり夏にゴーヤはいいですよね!

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 

スポンサードリンク




かもめ食堂でおにぎりをのせていた器

送料無料でブランドコスメが70%オフに

君島十和子さんの美容情報はコチラから♪

カテゴリー
ブログの更新状況、たまにひとりごと
メッセージ
このブログをたまに読む
Archives