「歳のワリに若く見える」より「綺麗な肌ですね」と言われるように努力します。(笑)

マツケン流アグー豚という、柔らかく臭みも少ない希少な沖縄の黒豚と、柔らかく甘い春キャベツを使った鍋。ランチョンミートを、入れたり、鍋の副菜にクーブイリチーを作ったり、シメに沖縄そばを使ったり・・・。沖縄の食材を使った簡単鍋でした。

一緒に飲んでいたのは泡盛・残波

最後まで、沖縄づくしでした。

【材料】(4人前)

●マツケン流 沖縄鍋
アグー豚・豚バラ肉 200g、塩 適量、黒こしょう 適量、キャベツ 2/3玉、ランチョンミート 1/2缶、島唐辛子 10個、マイクロトマト 1房、泡盛 200cc水 600cc、チキンブイヨンの粉末 ひとつまみ 、沖縄そば 200g、ごま油 大さじ2、塩 適量、黒こしょう 少々、万能ねぎ 少々、紅しょうが 適量

●マツケン流 クーブイリチー
アグー豚・豚バラ肉 100g、昆布だし 100g、昆布 100g、サラダ油 大さじ1、泡盛 大さじ3、醤油 大さじ2、砂糖 小さじ1、粉末だし 大さじ3、黒酢 適量

【作り方】

1 沖縄鍋の下ごしらえ 
  ‘撻丱蘰に塩・こしょうする。  
   ★塩をふることで味を付けると共に、余分な水分を出し、旨みが濃くなる。  
  ▲ャベツを4等分にした後、バラバラにほぐして塩をふる。
    ★キャベツに塩をふることで、余分な水分を出す。
    ★1日2枚で1日に必要なビタミンCの補給が可能なのだそうです。
  ランチョンミートをスライスする。島唐辛子を斜め半分に切る。

2 沖縄鍋作り
  .ャベツ→豚バラ肉→キャベツ→豚バラ肉→キャベツの順で重ねる。
  島唐辛子、豚バラ肉、ランチョンミート、マイクロトマトを入れ、黒こしょうをふる。           
      ★島唐辛子:「コーレーグス」と呼ばれる沖縄の唐辛子。泡盛に漬け込み調味料としても使う。                   ★マイクロトマト :4年前に作られた愛知県産の直径1cmほどのトマト!。 
    一般的なトマトより甘みが強い。>>マイクロトマト詳細
  F蕕魏个砲け、泡盛、チキンブイヨンを加え煮る。食材が煮えたら出来上がり。
    ★泡盛でうまみをプラス。一度煮沸させアルコールをよく飛ばすこと

3 クーブイリチー作り
 〆布を千切りに、豚バラ肉を短冊切りし、昆布だしで茹でる。
   ★昆布だしで豚バラ肉を茹でることで油抜きに、また昆布の旨味が豚肉に入る。
   ★イリチー:沖縄料理で炒め煮のこと!昆布を使えば「クーブイリチー」となる。
 豚バラ肉をざるにあける 。
 フライパンにサラダ油をひき、豚バラ肉に泡盛を加えフランベし、醤油、砂糖を加える。
 ず布を加え炒める。
 ズ布だしを入れ、さらに炒める。

4 鍋のシメは・・・
   ★シメは沖縄そばにごま油を絡め、鍋の残り汁をかけて「ソーキそば」風に!!
   ★お好みで黒酢を入れるとさっぱり味になります。

【関連カテゴリー】
■ マツケンレシピ

人気ブログランキングに参加しています。
とても役に立ちましたと、思ってくださった方は、クリックしていただけると、嬉しいです。
ありがとうございます

 >>美人手帳 topページへ


スポンサードリンク

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 

スポンサードリンク




かもめ食堂でおにぎりをのせていた器

送料無料でブランドコスメが70%オフに

君島十和子さんの美容情報はコチラから♪

カテゴリー
ブログの更新状況、たまにひとりごと
メッセージ
このブログをたまに読む
Archives