歳を重ねると、目鼻立ちよりも健康的な肌質、髪質が印象を大きく左右するのを感じます。 「歳のワリに若く見える」より「綺麗な肌(髪)ですね」と言われるように努力しようと思うこの頃。
映画 マーダーボール

映画 マーダーボールの試写会に行ってきました。

これは、会員になっているサイバーバズさんの案件で、身体障害者のドキュメンタリー映画というのは、事前に知っていましたが・・・。
実際、退屈なお涙頂戴の映画かと、思っていたのが・・・・・、全然違いました。

日本だったら、漫画「リアル」で車椅子の選手がバスケットボールをする漫画が脚光を浴びましたが、この映画でのスポーツは、車いす同士のタックルが認められている過激なスポーツ、ウィルチェアーラグビーです。戦車のようにカスタマイズされた車椅子を駆使して相手をなぎ倒し、格闘技級の激しさから“マーダー(殺人)ボール”とも言われる競技で、世界一を目指す男たちを追ったドキュメンタリー映画です。

だいたい、車椅子の生活を余儀なくされる人たちって、頚髄損傷で、車椅子生活を送ることになった人たちも多いのに、自ら進んで、この競技に打ち込んで、世界一を目指すんです。ハードなトレーニング中、車椅子同士の過激なタックルで、投げ出されて、首にボルトを入れている人たちも多いんです。「ほとんどの選手は首を折っている」というセリフがあるのですが、ほんと、それはいかんだろ。今度は、死んじゃうよ。(`ーωー) って、感じなんです。

でも、このボルトは、男の勲章のようなもので、世界一にならなきゃと、意味がないと、激しい闘士で、戦士のように戦うんです。

それぞれの選手やコーチ、その家族や恋人との関係、また事故の加害者との確執や苦悩を交えながら、物語はアテネ・パラリンピックでのアメリカ代表とカナダ代表の因縁の対決へと、流れていきます。

普通、身体障害者がでてきたり、ドキュメンタリーだと、いかにも感動を誘うような音楽やナレーションが流れて、退屈というか・・・、テレビでやっていたら、きっと、チャンネルをかえてしまいますが、これは、そんな演出もないし、むしろ、荒削りなぐらい。リアルな登場人物が、ほんと、男前なんです。もちろん、この映画に出ている選手達もみんな 最初からプラス思考に徹することは出来なかったと思うし、今でも苦しみ・悲しみがないわけではないだろうけど・・・。自分の弱さを受け止めた瞬間から、強く、優しくなっていくんです。

私のまわりには、車椅子で生活している方がいないのですが、 彼らの言動は、むしろ身近にさえ感じらることも、ありました。

例えば、恋人との関係。車椅子なら、願望はあっても、最後まで、出来ないんじゃないのか・・・・・・・・・・。と、初めは、心配するんだけど、その辺のことも、赤裸々に、話していたりするんです。そして、

「車椅子になってからの方が、モテる。」

と・・・。

 

でも、ほんと、はったりでなく、モテそう。(好みはあるけど、)こういう、男は、人の気持ちを揺さぶると思う。
彼らを見ていると、障害者と健常者の違いってなんだろうって、感じ。

安易に「良い映画でしたね」で済まされないかもしれないし、万人向でもないとは思いますが、何かしら胸に残るものを得られる映画だと思います。女の目から見ると、ちょっと、おかしなところもあって、痛烈な映画ですが、そういうのも含めて、男の夢じゃないですかね。ハンディキャップよりも、人物の方に注目してしまいます。

彼らぐらい熱く キラキラすることはできそうにないけど、今、取り組んでいることを、達成しなきゃなぁと思いました。何か壁にぶつかっても、それにまっすぐ向きあうと、自分の可能性も広がるような気がします。

マーダーボールは、10月7日(土)から、公開されます。

マーダーボール オフィシャルウェブサイト

【関連カテゴリー・リンク】
■ 映画

■ BIGLOBE、映画『マーダーボール』の本編冒頭17分間を配信 / デジタルARENA(配信期間は、10月9日10:00まで。)

人気ブログランキングに参加しています。
とても役に立ちましたと、思ってくださった方は、クリックしていただけると、嬉しいです。
ありがとうございます

 >>美人手帳 topページへ


スポンサードリンク

Comments

    • みなみ's comment
    • 2006年10月05日 11:04
    • 見たいわぁ
      watanabeさんのレビューに
      引き込まれてしまいました。
      なんとか時間を作って見に行きたいですねぇ。
    • nukeami's comment
    • 2006年10月05日 17:12
    • トラックバックありがとうございます。。
      同じ時間に同じ場所にいたってことっすよねえ。。。

      すごい迫力で、かっこよかったですよねえ。。
    • ,映画バカなウサコレ's comment
    • 2006年10月05日 19:46
    • 予告を観ただけで、生きてることの実感を感じる映画ですね。上映館が少なく、劇場で観ることができないのは
      残念ですが、DVDが出たら絶対観たいです。
    • クミ's comment
    • 2006年10月05日 20:12
    • 5 この映画、先日テレビで紹介されてて
      ぜひ見たいと思ってたのですが、
      試写会にいったんですね。いいなぁぁぁぁ!!

      試合の様子が少し流れてましたが
      すごく激しいんですよね!

      「障害者」というとどうしても構えてしまったりしがちだけど、すごく自然にとらえられる感じがして、
      一人の人間としての魅力が感じられそうですね。

      ぜひ見に行きたいと思います。
    • 華麗叫子's comment
    • 2006年10月06日 11:51
    • ぼんじゅーる!はじめまして。
      ゴージャスカレー姉妹の美しすぎる妹、
      華麗叫子(*きょうこ)でございます!

      トラバをもらっておりましたのに
      ご挨拶が遅れてしまってごめんあそばせね♪

      この映画を見終わった後のワタクシは、
      ズパンたちに活発な元気をもらったような感じで
      毎日が楽しいんですの!
      思いっきり生きる!自分の好きなように生きる!
      ワンダフルでスイートなメッセージを
      いただいたような気が致しますのよ!
    • 正衛門's comment
    • 2006年10月07日 02:05
    • 5 こんばんは。正衛門と申します。
      「マーダーボール」についてブログりましたので、
      トラバさせて頂こうと思ったのですが、できませんでしたので、URLを下記しておきます。
      よろしければ遊びにきてくださいね。
      自分もサイバーバズの試写会で観ましたが、ステキな作品ですよねぇ。

      映画【MURDER BALL(マーダーボール)】の批評@己【おれ】風味
      http://d.hatena.ne.jp/thyself2005/20061006/1160120027
    • watanabe's comment
    • 2006年10月08日 00:15
    • みなみさん、コメントありがとうございます。

      みなみさんだったら、いいかもしれない。
      正直、万人向きではないけど、
      あとから、じわじわ、よさが分かってくるような
      感じでした。
      リアルな描写が、よかったです。
    • watanabe's comment
    • 2006年10月08日 00:20
    • nukeamiさん、コメントありがとうございます。

      nukeamiさんの記事を読んだ時、
      あんな小さな子供でも、
      何か心に残るものがあったなんて、
      すごいなぁ思いました。

      映画もよかったけど、
      お母さんが、めんどくさがらずに、
      教えてあげるっていうのも、よかったんですね、
      きっと。
    • NOLITA's comment
    • 2006年10月09日 22:34
    • TBありがとうございます。

       なかなか、ない砂コメントですね。
      映画は人の心を動かします。
    • watanabe's comment
    • 2006年10月10日 23:54
    • 映画バカなウサコレさん、コメントありがとうございました。

      確かに、見ると、深いなぁと、見る前よりもよさがぐっと分かる映画でしたが、採算が取れそうな感じがしない映画ですよね。
      (*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
      上映館が少ないのも、そういう一面がありそう。

      見ると、スポ根だけとか、
      身体障害者にスポットを当てているだけのドキュメンタリーとは、違うので、深さもじわじわくるのですが・・・。
    • watanabe's comment
    • 2006年10月10日 23:57
    • クミさん、コメントありがとうございます。

      ぜひ見たいと思ったんですね。
      だったら、ぜひ。
    • watanabe's comment
    • 2006年10月11日 00:01
    • 華麗叫子さま、コメントありがとうございます。

      こちらこそ、コメントを返すのが遅くて、すみません。
      叫子さまのブログでは、すごく熱く語られていましたね。メッセージ性の強い映画でしたね。

      いい女と、夢中になれるものを手に入れて、
      すごくかっこよかったです。


    • watanabe's comment
    • 2006年10月11日 09:41
    • 正衛門さん、はじめまして。
      コメントありがとうございます。

      TB反映されなくて、ごめんなさい。
      URLは、残しておきますね。

      正衛門さんのマーダーボールの記事、
      とても面白かったです。


    • watanabe's comment
    • 2006年10月11日 09:59
    • NOLITAさん、コメントありがとうございます。

      初めは、ほとんど、期待していなかったんですけど、
      あとから、じわじわきましたね。
      我が身のことを思うと、
      あぁ〜いい映画だったと、
      軽く思えないし、面白いからと、
      誰にでも、薦められるものでもないけど、
      ちょっとでも、興味のある方だったら、
      薦めたいですね。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 

Trackbacks List

  1. 1. エキサイト!「マーダーボール」

    • [映画好き集れ!!]
    • 2006年10月05日 19:47
    • お腹満足!うまいもの大行列エキサイト!「マーダーボール」公式サイトマーク・ズバンインタビューストーリー交通事故に遭い、四肢マヒ障害を負ったズパンは“車椅子ラグビー”のアメリカ代表選手だ。同じくアメリカ代表チームの仲間、ホグセットはケンカ、ルハノは幼いこ...
  2. 2. ウィルチェアーラグビーって知ってる?

    • [オトナの女ヂカラ]
    • 2006年10月05日 20:27
    • 昨日は久々に銀座・有楽町界隈へ。最近近所のウォーキングくらいしかしてなかった私は驚いた!あれ?いつの間にか街の皆さんがすっかり秋の装いに・・・「おしゃれの秋」を楽しむ皆さんの装いはなんてステキなの!って、当たり前ですよねぇ。もう10月が来ようとしてるんです
  3. 3. 「 マーダーボール 」

    • [MoonDreamWorks]
    • 2006年10月05日 22:19
    • 監督 : ヘンリー=アレックス・ルビン/ダナ・アダム・シャピーロ出演 : マーク・ズパン /ジョー・ソアーズ / キース・キャヴィル他原作 : 漫画「 リアル 」(集英社刊/井上雄彦箸)公式HP:http://www.klockworx.com/murderball/ 「 殺人ボール 」と呼ば...
  4. 4. 「マーダーボール」(05米)

    • [新世紀活動大写真]
    • 2006年10月06日 07:51
    • 昨日、試写会で「マーダーボール」を観てきました。車椅子が激しく衝突しあうウィルチェアーラグビー。顎ひげ、タトゥーの荒くれ者ズバン(「奴の仏頂面は事故以前からさ」)ら世界大会十連覇のアメリカを破ったのはジョー・ソアーズ率いるカナダチーム。かつて米チームの名...
  5. 5. 99.マーダーボール

    • [レザボアCATs]
    • 2006年10月07日 19:27
    • シェアブログminiに投稿アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネートの、車いすラグビー(ウィルチェアー・ラグビー)に関するドキュメンタリー映画。どんな苦境にあってもパワフルに、セクシーに、自分らしく生きようとする男達の姿が、見ていて誇らしい気持ちにさえなっ....


かもめ食堂でおにぎりをのせていた器

送料無料でブランドコスメが70%オフに

君島十和子さんの美容情報はコチラから♪

カテゴリー
ブログの更新状況、たまにひとりごと
メッセージ
このブログをたまに読む
Archives